Chromebook:LINUXの管理がChromeOSではるかに簡単になります。

Linux

LINUXの管理がChromeOSではるかに簡単に

ChromebookにLinuxのベーター版が組み込まれて約3年が経過しました。

GoogleはついにLinux開発環境をChromebookにもたらしたプロジェクトから「ベータ」の文字を取り除きました。

多くの人がChromeOSのLinux環境は開発者やChromebookの機能(特にソフト面で)に不足を感じているユーザーにとどまらず、一般ユーザーにとってもChromebookの生産性を向上するために、とても大切な機能になります。

画像処理ソフトでフリーソフトでもあるGIMPなどのアプリケーションを使用すると、Chromebookのウェブベースのシステムでは比較的少ない、より強力な画像編集ツールを使用することがきます。

また、Chromebookで弱いと言われているゲームに関してもLinux上でSteamをChrome OSに導入する方法を使うと、全てではありませんがゲームをプレイできる可能性について、Chromebook上のLinuxに興味を持っている人もいるかもしれません。

今後はたくさんのLinuxソフトを使っているユーザーでも、最低限のブラウザーや画像処理ソフトを使っているユーザーでも1つまたは複数のコンテナーの管理がすぐにはるかに簡単になる可能性があります。

Chrome OS(または任意のOS)で複数のコンテナーをナビゲートするには、LinuxターミナルとCroshシェルを利用する方法についてかなりの技術的知識が必要です。

VMで新しいコンテナーを作成したら、Croshからコンテナーを開始/停止、削除、および管理できます。

ただし、Chrome OSの今後のアップデートにより、ユーザーは設定メニューからアクティブなコンテナを直接表示および管理できるようになる可能性があります

新しいChrome OSフラグは、最終的にコンテナ管理の設定UIで行う可能性があります。

上の画像でわかるように、新しい機能はChromeOS設定メニューの既存のLinuxオプションに追加されています。

これにより、Croshシェルでコマンドを実行しなくても、複数のコンテナーを管理しやすくなります。おそらく、このメニューからコンテナを開始/停止または削除できるようになると思います。

各コンテナの個別の名前や色が設定メニューに表示されると思います。

Chrome OSに関しては、Linux開発者を含むすべての分野でChromebookでLinuxを実行可能なオプションにすることに真剣に取り組んでいます。

Chrome OSとChromebookでSteamを使いたいゲーマーをはじめ、フリーのOfficeソフトやブラウザー、動画編集などChromebookでLinuxを利用する機会が、さらに急増する可能性があります。

まだ、テスト段階なので機能的にできることが限られています。

この機能が本格的に利用できるようになったら、Linuxで動作しているソフトの管理だけではなく、ChromeOSのLinux環境内で実際に複数のコンテナを起動できます。

また、1つの例としてテスト目的で複数のLinuxディストリビューションを実行することもできるようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です