Chromebook:Chromebookのストレージ容量を確保する方法

chrome-os

今発売されているほとんどのChromebookには、64GBまたは128GB以下のオンボードストレージが内蔵されています。

それ以前のChromebookは32GBを搭載しているものが多く、Chromebookで作業をしていると、その限られたスペースを使用していくのにそれほど時間はかかりません。

ブラウザだけでも、時間の経過とともにギガバイトのキャッシュデータを蓄積していきます。

32GBなら直ぐにストレージ容量は足りなくなるし、64GBでもAndroidアプリやLinuxを使用するようになるとあっという間に足りなくなります。

ほとんどのChromebookのSSDはオンボードで供給されているので、SSDを交換してストレージ容量を増やせる機種は非常に限られています。

しかしChromebookのストレージを解放または拡張する方法はたくさんあります。

Chromebookを使用すると、ローカルデータをオンラインおよび外部ストレージに簡単にアップロードできます。

または、使用中にデバイスが収集する不要なキャッシュを取り除くことで、容量の一部を解放することもできます。

方法は次のとおりです。

Chromebookに残っているストレージの量を確認してください

Chromebookのストレージ容量を回復するための最初のステップは、ストレージの空き容量と、どこをカットする必要があるかを確認することです。Chrome OSは、それを行うのに役立つストレージツールを提供します。

ストレージ容量を確認するためには
Chromebookで[設定]> [デバイス]> [ストレージ管理]にアクセスします。
ここで確認でいるのは、ディスク容量の内訳と、Android、Google Chrome、LinuxなどのChromebookのパーティション全体での現在の割り当てを確認することができます。
ストレージ設定

ストレージ管理ユーティリティで確認して大量のスペースを占有しているパーティションやプログラム、またはデーターを見つけた場合は、不要になったファイルを削除することから始めます。

最も使用頻度の低いAndroidアプリとそのキャッシュを削除します

ストレージ管理ツールからは、どのアプリを削除するべきなのかを判断することはできません。そのためには、最も使用されていないアプリを一覧表示するPlayストアを利用することが必要になります。

使用頻度の少ないAndroidアプリ

Playストアを立ち上げて、アカウントを表示します。

アカウントはPlayストアの向かって右上に自分のアイコンがありますので、そちらで表示することが出来ます。

表示すると下の方にアプリとデバイスの管理がありますので移動します。

表示されたら右上の「最近更新された」ドロップダウンから「使用頻度の低いアプリ」を選択します。

削除するアプリの横にあるチェックボックスをオンにして、右上のゴミ箱ボタンを押します。

または、アプリを削除したくない場合は、キャッシュを削除して、Chromebookで占有しているスペースの一部を解放することができます。

アプリは一時データをキャッシュに保存して、起動時間を短縮し、情報を記憶します。

削除すると、新しくインストールされたように立ち上げに若干の時間が必要になるなどの動作をします。

Chromebookのアプリのキャッシュを消去するには、[設定]> [アプリ]> [アプリを管理する]に移動します。

アプリをクリックし、[その他の設定と権限]> [ストレージ]に移動して、[データーの削除]ボタンを選択します。

ブラウザのキャッシュを管理する

Androidアプリと同様に、Google Chromeは、あらゆる種類のデータをChromebookのローカルストレージに保存して、ブラウジングを高速化します。

たとえば、頻繁にアクセスするWebサイトの場合、Chromeはアイコンやその他の画像をキャッシュして保存しています。

そのため、Chromebookがのストレージ容量を増やすことを考えているときには、ブラウザのキャッシュを削除する必要があるかもしれません。

 

Chromeブラウザーのキャッシュ削除

これを行うには、[GoogleChrome]> [設定]> [プライバシーとセキュリティ]> [閲覧履歴データの削除 閲覧履歴、Cookie、キャッシュなどを削除します]に移動します。

「Cookieとその他のサイトデータ」と「キャッシュされた画像とファイル」ボックスをチェックします。

[時間範囲]ドロップダウンから、この削除を使用履歴のどこまでさかのぼるか選択し(通常は全期間になると思います)、[データを消去]をクリックします。

Webアプリに切り替えます

Chromebookのスペースを節約するもう1つの方法は、Androidアプリの対応するウェブに切り替えることです。

Zoomなどの人気のあるサービスの大部分のWebアプリは、Androidアプリに期待されるすべての機能を提供します。

最も優れているのは、ローカルストレージをほとんど使用しないことです。

Googleドキュメントなど、それらの多くはオフラインでも機能します。

さらに、Chromebookでは、ウェブアプリをタスクバーに固定することが出来ます。

 

chromebook1

このWebアプリに切り替えを行う場合は、AndroidアプリをChromebookから完全にアンインストールして、スペースを解放することも検討する必要があります。

ローカルファイルをクラウドに移動する

Chromebookからファイルを削除する代わりに、ファイルをクラウドストレージアカウントにアップロードすることができます。

こちらの方法が本来のChromebookの使い方になりますが、実際には使い勝手の良さからローカルストレージに保存するデーターは増えていきます。

Chromebookのファイルアプリを使用すると、Googleドライブ、Dropbox、OneDriveなどのさまざまなオンラインストレージプラットフォームをリンクして、ファイルマネージャーの別のドライブとして使用できます。

定期的に必要としないファイルをChromebookからオンラインストレージに簡単にドラッグアンドドロップするだけでストレージの空き容量は増加します。

オンラインドライブをChromebookに接続するには、ファイルアプリを開きます。

左側のサイドバーには、Googleドライブストレージ用のタブがすでにあります。

ローカルの「マイファイル」セクションから、ここにファイルとフォルダを貼り付けることができます。[Googleドライブ]タブ内で、任意のファイルをクリックし、上部の[オフラインで利用可能]オプションを切り替えて、インターネットなしでファイルにアクセスすることもできます。

もちろんOneDriveDropboxを使用数rことも出来ますが、そちらは専用のアプリをChromeウェブストアからアプリをインストールする必要があります。

microSDカードでChromebookのデータ領域を増加

たぶんChromebookを利用する最初からMicroSDは用意されて、動画や画像、音楽などのデータを保存していると思います。
MicroSDを活用することで本体のストレージを効率よく活用することが出来ます。
また、他のパソコンとデータのやり取りをする場合はコンパクトなUSBフラッシュドライブを用意することもできます。
今の所、ほとんどのChromebookにはUSBを直接差し込むことができるようになっています。

まとめ

Chromebookでは128GBのストレージ容量が有るとChromeOS、Androidアプリ、Linuxを動かす程度なら十分な容量になります。

64GBでは、Linuxまで利用すると不安を感じ、32GBであればLinuxは諦めたほうが良いともいます。

これから、ChromebookでもWindowsを動かす環境が整うと128GBでも足りないかもしれません。

ただ、そうなるまでに2年ほどはかかると思いますので、今からChromebookの購入を考えている場合は128GB以上のChromebookをおすすめします。

64GBであれば、ここで記載した方法をこまめに行い、ストレージ容量の確保を行う必要があります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です