Chromebook:ChromeOSの次回アップデートChrome 93の内容

ASUS ChromebookC423NA

小さいながらも価値のあるアップデート

Chrome 93は、Androidアプリに関するChromebookの最大の問題を修正します。

Chrome 93のアップデート情報

  • ユーザーはより多くのファイルを見つけることができるようになり、キーボードは設定から​​簡単にカスタマイズすることができます。
  • アプリは、プリセットの携帯電話やタブレットの向きに簡単にサイズ変更できるようになりました。

Chromebookの所有者は、ChromeOSデバイスでChrome93がアップデートすることに対応しています。

モバイルデバイスでのChrome93のリリースに関してChome OSのアップデートは今回かなり小さく、大きな変更はありませんが使い勝手の質がいくつか向上しています。

Chrome93の新機能

Chrome OSユーザーが楽しめる機能の1つは、Androidアプリのウィンドウの改善です。

Android 11を実行しているChromebookは、最初スマートフォン向けの大きさでAndroidアプリを自動的に起動します。

今までフルサイズに対応していなかったAndroidアプリは、そのまま利用することになりChromebookを使う上で、非常に大きな制約がありました。

今回のアップデートでユーザーは、アプリウィンドウの上部にカーソルを合わせると表示される新しいUIを使用して、アプリのサイズを簡単に変更できます。

変更できるのは

  • スマートフォンサイズ
  • タブレットサイズ
  • 自由に大きさを変更できる

の3つが表示されています。

Chromebookで起動すると画面中央にスマートフォンサイズで表示されます。

画面をフルに使いたい場合にはサイズを変更できるモードを選択することで、アプリのWindows上部に最大にできるマークが表示され、それを押すとフル画面になり、アプリの端にカーソルを合わせて、カーソルが変わったところでドラッグすると自由に大きさを変更することができます。

新しいサイズ変更に関してフルサイズは、Chromebookの互換性がまだ難しいため、表示や動作がおかしければAndroidモバイルアプリをスマートフォンまたはタブレットの向きに設定することで、Chromebookでの動作を安定させるはずです。

今のところ、Androidアプリをサイズ変更してフル画面で使っていますが、利用しているアプリに関しては問題なく動作しています。

Googleはまた、Chrome87で導入されたTote機能に加えられたいくつかの改善点を強調しています。

Toteは、スキャンアプリから保存されたファイルを[ダウンロード]セクションに保存し、Chromebookの問題のトラブルシューティングに使用される診断アプリからのレポートを保存します。

今年の後半、Chrome OSユーザーは、シェルフとトートの両方でファイルのダウンロードの進行状況を確認できるようになり、右クリックしてシェルフからプレビューを簡単に削除できるようになります。

その他の機能には、シェルフのスタイラスメニューのスタイラスペンのバッテリーステータスアイコン、メディアプレーヤーのビデオ再生速度、文法/スペルチェックとキーボード入力設定の改善が含まれています。

これにより、カスタマイズが容易になります。

また、Chrome 93は、RAM管理の改善とその他の小さな改善を行っています。

Chrome 93は、現在ほとんどのChromeOSデバイスに展開されているはずです。

更新が出来るようになるとChromebookでアプレートを行う旨のメッセージが表示されます。

また、Chromebookで実行されているChrome OSのバージョンをいつでも確認し、システムのアップデートを確認して、アップデートがあった場合にその場でアップデートを行う事ができます。

今使っているChromebookは3日程前にシステムのアップデートが自動的に行われました。

今回のアップデートは、それほど大きな機能の追加はありませんでした。

しかし、Androidアプリの大きさを自由に変更できるのは、Chromebookを利用する上で非常に生産性が向上します。

とりあえず、今利用しているアプリに関しては起動時にWinodwsの大きさを確認するUIが表示されていました。

もしかしたら、対応していないアプリもあるかもしれませんが、アプリ側がアップデートすることにより改善されていくと思います。

もうすぐ搭載されると言われている機能

Chromebookには現在、アプリランチャーでアプリを簡単に整理するための簡単な方法がありません。

アプリランチャーでアイテムを再配置する場合は、手動でドラッグする必要がありますが、それがもうすぐ変わります。

Googleは、アルファベット順にアプリやWebアプリケーションをソートする新しい方法に取り組んでいるようです

今後の実装では、アプリをアルファベット順またはその逆順で並べ替えます。

さらに、アルファベット順の並べ替えをすると、アプリランチャーはアプリドロワーの前面と中央にすべてのフォルダーを表示し、他のすべてのアイテムをその下に残します。フォルダ内のすべてのアプリも同様に配置されます。

今のところ、Googleがアルファベット順のアプリの並べ替えをChromebookにいつ導入するかは不明です。

とはいえ、Chromebookでユーザーの要望が多かった機能の1つが導入されるのは、それほど先の話では無いようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です