Chromebook:Chromebookで応答しないフリーズしたアプリを処理する方法

chromebook1

Chrome OSは、Chromeブラウザを実行し、高速な環境でアプリケーション、作業や操作などを安定した状態で利用できるオペレーティングシステムです。

利用していてChromebookで問題が発生することはめったにありません。

しかし、その可能性はあります。

Windowsなどではフリーズして動かなくなったソフトはタスクマネージャーなどを使用して、応答しないアプリケーションを終了することが可能で、頻繁に発生します。

Chromebookを使用する場合、アプリやソフトがフリーズすることは少ないですが、この問題が発生した場合の解決策を記載しておきます。

問題を引き起こしているアプリケーションの処理は、ChromeOSでも簡単に対応することができます。

Chromebookで応答しないフリーズしたアプリケーションを処理する

アプリケーションなどがフリーズした場合は、再び利用できるようになることを待つか、最初からソフト終了することができます。

そのためにChromebookでもWindowsで利用しているものと同じ機能を持ったタスクマネージャーを利用することができます。

タスクマネージャーを使用して、どの作業、サービス、またはアプリケーションがリソースを最も多く使用しているかを分析し、問題を抱えているソフトを即座に取り除くことができます。

次の手順は、タスクマネージャーを開いて、応答しないアプリケーションを停止する方法になります。 

1) Chromeブラウザを開いた状態で、右上隅にある[GoogleChromeの設定]アイコンをクリックして、その他のオプションを表示します。 

GoogleChromeのカスタマイズ

2) その後、「その他のツール」をクリックして、「タスクマネージャー」を見つけます。

それをクリックして続行します。または、「検索+ Esc +ショートカットの組み合わせキー」を押して、すぐにタスクマネージャーを開くこともできます。 

Chromebookで応答しないフリーズしたアプリケーションを処理する

タスクマネージャーを開く

3)  Chromebookのタスクマネージャーを開くと、現在動作しているすべてのソフトとシステムアプリケーションを簡単に表示できます。

応答していないフリーズしたソフトやサービスもここに表示されます。

問題の箇所を見つけてクリックし、[プロセスの終了]ボタンで終了します。

 

タスクマネージャー

応答しないプロセスを終了する

これを行うと、フリーズしたアプリケーションが閉じて、もう一度やり直すことができます。

うまくいけば、そのようにアプリを強制終了することで、エラーが改善されて、それ以上支障なく通常どおりにソフトが実行される可能性が高くなります。

ただし、システムアプリケーションが応答しなくなった場合、または問題が解決しない場合は、これが唯一の対応方法ではありません。

次に取るべきステップは。 

応答しないアプリケーションを再インストールする

タスクマネージャーの機能が応答しないアプリケーションの場合、問題はシステム的なことではなくソフトが何らかの原因で壊れていることも考えられます。

この問題を修正するための良い方法は、アプリケーションをアンインストールしてから、再度インストールすることです。

これで問題が解決した場合はアプリケーションが通常どおりに実行されるようになります。 

Chromebookがフリーズしたときに実行する対策

応答しないアプリケーションなどが発生すると、Chromebookが機能しなくなり、使用できなくなる可能性があります。

そのような場合にカーソルを移動できる場合は、すべてのウィンドウの上部にある「X」アイコンを押しウィンドウを閉じて、Chromebookが再び機能するようにしてください。 

カーソルをまったく移動できず、Chromebookが完全にフリーズしている場合は、ハードリセットを実行する必要があります。

キーボード上段のF4の代わりに円形の矢印のように見えるボタンと電源ボタンを同時に押すことによって、Chromebookは強制的に再起動されます。

これは、Chromebookを強制的に再起動させる方法になります。

ハードリセットのキーの組み合わせ

Chromebookを更新する

アプリケーションが誤動作するもう1つの理由は、システムが更新されていないChromebookが原因で発生することが考えられます。

Chromebookは、ユーザーが手動でこのプロセスに労力をかけることなく、自動的にシステムを更新してくれます。

ただし、ネットワーク接続などの問題で更新が妨げられている理由があります。

このような場合は、Chromebookが最新であるかどうかを確認することをお勧めします。

Chromebookの更新情報にアクセスするには、Chromebookの[設定]を開き、左側の列の[ChromeOSについて]をクリックします。

そこで更新を確認するボタンがありますので、そのボタンをクリックして確認します。

ChromeOSのアップデートを確認する

利用可能な更新が表示された場合、新しいアップデートでは通常、多くの調整と調整が行われ、すべてが統合されて、ChromeOSで定評のある高速で流動的な操作性が提供されます。

 

どうしてもおかしい場合は、パワーウォッシュを実行

いろいろ試してみても特定のソフトが動かいないだけではなく、システム全体の動作がおかしいときには最後の手段として、Chrome OSには「Powerwash」と呼ばれる独自の機能があり、システムを完全に消去して、ローカルに存在するすべてのデータやソフト、アプリを消去します。

Windowsの回復やMacのシステムインストールになります。

データー以外に関してはChromebookを初期化しても、再セットアップ時にGmailアカウントでログインすると設定やアプリ、その他の設定など重要なものがすべて同期されるため、WindowsやMacの初期化とは違って、それほど問題になることはありません。 

パワーウォッシュを実行すると、すべてのアプリケーションが削除され、最初に購入したときと同じようにChromebookのセットアップを行うことになります。

これを続行するには、[設定]に移動し、詳細設定の一番下[設定のリセット」をクリックします。

[設定のリセット」で、「Powerwash」の設定があり、リセットボタンを押すことで初期化が始まります。

 

Powerwash

パワーウォッシュの実行

結論

Chrome OSは、おそらくすべてのオペレーティングシステムの中で最も軽量で高速です。

動作も安定していると思いますが、他のパソコン同様に、初期設定から多数のソフトを入れたり、設定を変えていくうちに動作がおかしくなる可能性があります。

ソフト単体であれば、ソフトの再インストールや削除で対応することができます。

ChromeOSのシステムに関して、動作がおかしくなったり、おかしくなった場合は初期かも含めて検討する必要があります。

それでも全体の初期の前にLinuxを一旦OFFにして再度設定したり、と試すことができる項目が数多くあります。

初期化に関しても、また作業できるまで驚くほど簡単に(他のWindowsやMacに慣れている方にとっては)短時間で復旧することができます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です