Chromebook:Flathubを使って簡単にLinuxソフトをインストール

Linux

Flathubを使って簡単にLinuxソフトをインストール

「Flatpak」を使って最新のLinuxソフトをChromebookにインストールする方法を解説します。

ChromebookでLinuxが使えるようになったら、LinuxソフトをインストールしてChromebookが苦手な部分を補うことができます。

手軽にできるのはAndroidアプリを利用することになりますが、機能面や使いやすさの点でLinuxソフトのほうが良いものが多いのが現状になります。

ChromebookではLinuxを使えるようにすることは非常に簡単にできます。

Linux

Chromebook:ChromebookでLinuxを設定する方法

2021年8月2日

また、コマンドラインを使ってターミナルからソフトをインストールすることができます。

Linux

Chromebook:2021年 使用すべきChromebook上の22の最高のLinuxソフト

2021年8月3日

しかし、ソフトをもっと簡単にインストールする方法があります。

その方法は「Flatpak」を利用する方法になります

Flatpak は、Linux 向けの新しいパッケージ形式でソフトをインストールすることができます。

Linuxを使ったことのある方ならご存知かもしれませんが、一度Flatpakを設定すると専用ページからソフトのアイコンを選択するだけでインストールすることが可能になり、GooglePlayなどと同じ感覚でLinuxソフトをインストールすることができます。

また Flatpakを設定すると、FireFoxのChromebook版(実際はLinux版になります)などの対応しているソフトをインストールすることも可能になります。

FlatpakでChromebookにソフトをインストールする方法

ソフトをインストールする前にChromebookにFlatpakをインストールします。

インストールはChromebookのLinuxを起動してコマンドを入力することで行います。

  1. Linuxターミナルを起動します

    Chromebookのアプリ一覧から、ターミナルを起動し、コマンドを入力します。

  2. Flatpakをインストールします

    Flatpakをインストールするので、ターミナルで以下のコマンドを入力(このコマンドをコピーしてターミナルで右クリックでペーストすることができます。コマンドを入力したら実行します。

     $ sudo apt install flatpak

     

  3. Flathubを追加します

    FlathubはFlatpakアプリをアイコンを選択することでインストールすることができます。有効にするには、次のコマンドを実行します。

     $ flatpak --user remote-add --if-not-exists flathub https://flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo
  4. 再起動

    セットアップを完了するには、システムを再起動します。

    Flathubからソフトをインストール

これでソフトをインストールする準備ができました。

次にFlathubページに行きます。

Flathubページはこちら

 

Flathubページはこちら

基本的に英語版になります。

日本語を使えるソフトも有り、またアドインを利用することで日本語化できるソフトもあります。

または英語版をそのまま利用することになります。

もともとはLinuxのためのソフトパッケージになりますが、Chromebookでも問題なく利用することができます。

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です