Chromebook:ChromebookでSteamが遊べる他の方法

Steam

昨日はAndroidアプリを利用して同じネットワーク内にあるSteamが動作するパソコンを利用してSteamリンク

を使う方法と、Chromebookに搭載しているLinuxを使って直接Steamをインストールする方法を記載しました。

今回は、それ以外の方法でSteamを利用できる方法を記載していきます。

Ubuntu Linux OSをインストールSteamをインストール

Ubuntu Linux

ChromebookにUbuntu Linuxをインストールして、それからSteamを利用する方法になります。

Chromebookに2つ目のオペレーティングシステムをインストールするのは大変な作業のように思えます。

技術的な知識があり、面倒なことでも行えるのなら、ChromebookからLinuxOSと、切り替えてChromeOSを立ち上げることができるなら。ChromebookにUbuntuにインストールするのは主しおり方法になります。

使い方次第ではSteamに限らず、様々な利用方法があると思います。

ただし、この方法は開発者モードにする必要があり、メーカー保証がなくなる危険があります。
もし、試すなら最新のChromebookではなく、保証のないChromebookで試すことをお勧めします。

開発者モードを有効にします。

開発者モードを有効にすると、Chromebookのローカルファイルが消えてしまうことになるのでデーターの退避が必要になります。

ほとんどのChromebookデータはオンライン上にあるため、それほど重要ではありませんが、最初にローカルデータをバックアップしてください。

開発者モードになるには

chromebook1

をご覧ください。

次に、Croutonを使用してUbuntuをインストールします。

  1. ここからクルトンスクリプトをダウンロードします。
  2. Ctrl + Alt + Tを押してターミナルが起動。
  3. shellと入力してEnterを押します。
  4. sudo sh ~/Downloads/crouton -t unityし、Enterキーを押します。
  5. デフォルトのUnityデスクトップ環境でUbuntu16.04パッケージがダウンロードされます。インストールが開始されます。インストールには時間がかかります。

インストールプロセスが完了すると、UbuntuとChromeOSの両方を利用できるようになります。Ctrl + Alt + Shift + BackおよびCtrl + Alt + Shift + Forwardを押すことにより、オペレーティングシステムを切り替えることができるようになりました。

Ubuntuからログアウトすると、ChromeOSに戻ります。

ターミナルでsudostartunityを入力して、Ubuntuに戻ります

これで、LinuxOSを自由に使用できます。ターミナルを開き、sudo apt install steamコマンドを入力して、ChromebookにSteamをインストールします。

 


別のPCからSteamをストリーミング

Chrome リモート デスクトップ

次はChrome リモート デスクトップを利用してChromeブラウザーを使ってSteamを利用する方法になります。

リモートなので通常多少の遅延が伴うため、この方法はあまりお勧めできませんが、画面の品質を落としたりしてストリーミングの負担を最小限に抑えてネットワーク速度が良好な場合は、別のPCからのSteamを使用することも可能です。
これは、Chromeリモートデスクトップなどを使用して簡単に行うことができます。

これはChromeブラウザーの機能であり、利用したいパソコンにに接続して、別のコンピューターやタブレットなどからパソコンを制御することができます。

もちろん、接続先のパソコンはそれなりの性能が必要になります。

Chromeリモートデスクトップの設定は次のようになります。

  1. リモートでアクセスする元のパソコンにSteamをインストールします。
  2. まだダウンロードしていない場合は、Chromeブラウザをダウンロードしてください
  3. Chromeリモートデスクトップのウェブサイトに移動します。
  4. [リモートデスクトップ]のページを表示するとインストールをするか聞いてきます。Chrome リモート デスクトップ1
  5. [インストール]を選択します。
  6. 名前を選択して[次へ]をクリックします。
  7. PINを選択し、[開始]を選択します。
  8. 次に、Chromebookに移動して、Chromeブラウザを開きます。
  9. 行くChromeリモートデスクトップのウェブサイト。
  10. アクセスするコンピューターを選択します。
  11. 選択したPINを入力します。
  12. これで、PCにリモートでアクセスして、Steam(または、その他のプログラム)を開くことができます。

または、TeamViewerWindowsリモートデスクトップなどを使用することもできます。

ただし、ChromeはすでにChromebookに組み込まれているため、Chromeリモートデスクトップをお勧めします。


まとめ

基本的にはChromebookに搭載されているLinuxを使用してSteamを利用する方法が最も手間が少なく安定していると思います。

ただし、エラーが表示されて起動できない状況になることもあり、その問題を解決できない場合などに代替案としUbuntu Linuxをインストールする方法があります。

昨日記載したSteamリンクは同じネットワーク内で接続することができましたがchromeのリモート機能を使うと外出先からでもSteamを利用することができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です