Chromebook:ChromebookでLinux用のストレージをあとから変更する方法

Linux

ChromebookでLinuxを有効にすると、ChromeOSはLinuxコンテナに固定ストレージを割り当てます。

LinuxがChromebookで使えるようになった当初は、Linuxコンテナのサイズを拡大または縮小する方法はありませんでした。

しかし、1年ほど前にのChrome OS 84のアップデートがあり、Linuxターミナルをカスタマイズしたり、Linuxアプリがマイクにアクセスできるようにしたり、もちろんLinuxアプリにストレージを拡張する機能を提供ししました。

ChromebookでLinuxドライブのストレージのサイズを変更する方法は次のとおりです。

ChromebookでLinux用ストレージを拡張する

ChromebookでLinux用ストレージを拡張する方法は

まずは、Chromebookで使用可能なストレージ容量を確認できます。

「設定」>「デバイス」を開き、「ストレージ管理」を選択します。

使用可能なストレージスペース内でLinuxのストレージを拡張できるか確認します。

ローカルストレージの容量がなくなると、通知なしにローカルデータが自動的に削除される可能性があります。

より多くのスペースが必要な場合は、ファイルを手動で削除し、ストレージ管理でどれだけ拡張できるかを確認してください。

ストレージにLinuxを使用しても容量的に問題ないことを確認したあとは、ChromebookにLinuxをまだインストールしていない場合は、Linux自体をインストールするときにLinuxのディスクサイズを設定します。

ケース1:Linuxのインストール時にストレージを拡張する

1.まず、設定を開きます。

設定は[クイック設定]パネルの歯車アイコンをクリックして[設定]ページを開きます

2.に移動

左側のペインの「詳細」をクリックして、メニューを展開します。その後、「開発者」をクリックします。学校で発行されたChromebookをお持ちで、「デベロッパー」メニューが利用できない場合は、学校の管理者にお問い合わせください。

3.Linux開発環境(ベータ版)をオンに

開発者メニューにしたら、横の「Linux開発環境(ベータ版)」を「クリックしてオンにします」。

ChromebookでLinux

4.Linuxをインストール

セットアップダイアログが開きます。次に、[インストール]ボタンクリックして、ChromebookでLinuxを実行します。

ChromebookでLinux

5.次のページで、Linuxに必要なユーザー名を入力し、「カスタマイズ」を選択して、Linuxに必要なディスク容量を選択します。合計64GBの内部ストレージがあるので、25GBを割り当てました。

より大きなストレージ容量があり、ゲームをプレイしたり、Linuxでプログラムを開発したりする場合は、ストレージをさらに拡張する必要があります。

ChromebookでLinuxを使用する(2021年5月更新)

 

 

完了したら、[インストール]をクリックし、LinuxがChromebookにインストールされるまで数分待ちます。

6.Linuxを実行

ケース2:既存のLinuxコンテナのストレージを拡張する

すでにLinuxをインストールしている場合は、「設定」から上にある検索から「Linux」を入力して検索

次に、[ディスクサイズ]オプションの横にある[変更]ボタンをクリックします。

 

ChromebookでLinux用のストレージをあとから変更する方法

 

これで、ポップアップでストレージを拡張し、[サイズ変更]をクリックできます。

 

ChromebookでLinux用のストレージをあとから変更する方法

使用可能なスペースを超えて増やすとローカルファイルが削除される可能性があり、ストレージを減らすとLinuxファイルが削除されるか、いくつかのLinuxアプリが完全にアンインストールされる可能性があります。

完了すると、Linuxのストレージスペースは待ち時間なしで即座に変更されます。

Linuxのストレージ容量を必要以上に増やした場合は、ファイルアプリを開いて、ファイルが削除される可能性があることを示す警告メッセージを確認できます。

設定を開き、ディスク容量を減らして元に戻すことができます。

まとめ

Linuxに必要なストレージ容量を変更できるのは、実際にChromebookを使用する上で非常に役立ちます。

ChromeOSもLinuxも同じストレージ領域を共有できるなら、そのような必要もありませんが現状ではそれぞれに領域を設定して動作することになります。

最初にLinuxを設定して、実際に使用すると当初考えていたより多くの領域が必要だったり、思っていたよりも使わなかったなどと思った場合に変更することができるので、最初の設定を気軽に行うことができます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です