Chromebook:Chromebookを購入する前に考慮すべき6つのこと

chrome-os

Chromebookとは?

Chromebookは、Googleによって開発された独自のオペレーティングシステムを使用するノート型パソコン/タブレット(BOXタイプもあります)で、より一般的にはChromeOSが動作するパソコンとして知られています。

ChromeOSは主にLinuxに基に作られたOSになります。

当初のChromebookに関するそれまでのパソコンと違う点は、内蔵されているローカルストレージではなくクラウドストレージにデーターを保存することとWebブラウザーで殆どの作業を行うことになります。

このコンセプトもAndroidアプリとLinuxソフトが動作するようになって、少しづつ変わってきてハードに対する欲求も高くなっています。

「新しいパソコンの購入を検討しているので、Chromebookを検討する必要がありますか?安くて持ち運びに便利です…」このことを考えている方には、Chromebookを購入する前に考慮すべき6つのことをまとめたので、参考にしてください。

Chromebookを購入する前に考える項目

1.ChromeOSの操作

Chromebookを購入しようと考えている方が、まず考えるのChromebookの重要な点は、MacOSとWindowsにしか慣れていないという事実です。

つまり、Chromebook専用に設計されたChromeOSと呼ばれる新しいOSで実行されるため、ChromeOSのベースになっているLinuxベースのオペレーティングシステムやMacOSとWindowsで通常実行するアプリやソフトウェアを実行および使用できない場合や根本的な操作が今までのOSとは違いがあります。

例えばMS Office をOnlineで利用することは可能ですが、標準はGoogleドライブであり、Googleドキュメントなどのソフトもオンラインで提供されます。

基本的に、Microsoft製品で作成されたファイルをGoogleドキュメントでファイルを実行または編集しようとすると、互換性の問題が発生する可能性があります。

それを補う麺としてGooglePlayでAndroidアプリを入手したりLinuxでOfficeのフリーソフトを入手することができます。

ChromeOSの操作面ではWindowsやMacでChromeプラウザーを使っている方なら、そしてAndroidタブレットを使ったことがある方なら直感的に操作できるほど簡単な操作性になります。

2.ハードウェア

個人用のChromebookの購入を検討している人は、さまざまな種類のChromebookが購入可能であるため、価格と性能を含めて、どの機種が自分に最適かは非常に迷うところです。

またChromebookには様々なスタイルのハードウェアがあり、何を重視するかによっても機種選びは変わってきます。

3.IPSパネルとディスプレイの問題

Chromebookの画面サイズが小さいほど、Chromebookはよりコンパクトで軽量、そして持ち運びがしやすくなります。

Chromebookの画面サイズは10インチから15インチのディスプレイを搭載しています。

ただし、安価なChromebookは、高品質のディスプレイや豪華なIPSパネルを搭載していません。

できれば、12インチ以上のChromebookに関しては高品質のディスプレイとグラフィックスを提供するChromebookを選択する必要があります。

4.その他の機能

USB、HDMI、ヘッドフォン、マイクなどのポートはChromebookにおいても重要です。

USBポートもできれば通常のUSBの他にUSB-Cタイプを搭載していることが望ましいともいます。

USB-Cを搭載していれば外付けのハブを使ってHDMI経由でテレビやディスプレイに接続することも可能になります。

5.バッテリーの寿命と性能

Chromebookには多くの便利な機能がありますが、Chromebookの基本性能が高いとバッテリーのパフォーマンスに関しては欠点になる可能性があります。

Chromebookは低価格帯も多く、その大部分が低電力のIntelCeleronプロセッサを使用している機種が多く、このようなプロセッサはChromebookのバッテリー駆動時間を長くするのに役立ちます。

そのため、パフォーマンスよりもバッテリーの駆動時間を重視する人に最適です。

そうでない場合、Chromebookには強力なCore i7やi5プロセッサを搭載したさまざまなChromebookも提供されています。

CPUの性能やディスプレーの大きさなどとバッテリー駆動時間については反比例の関係になります。

Chromebookのバッテリー駆動時間を考えた場合、最低でも7時間、できれば9時間ほどは期待したと思います。

 

Ideapad Duet

6.セキュリティとOSの更新

WindowsやMac、Linuxなど他のすべてのデバイスと同様に、Chromebookも特定の時間間隔でセキュリティとOSのアップデートを行っています。

重要なアップグレードは4週間ごとにリリースされます。

セキュリティに関しても見直されますので更新サイクルから考えると非常に安全なOSになります。

また、ChromeOSは比較的新しいOSなので新しい機能が追加されます。

 

まとめ

目的や使う目的などがはっきりしないでChromebookを入手した場合はがっかりする可能性があります。

Chromebookを入手する前にこの記事で説明した6つのことを考慮する必要があります。

ただ、実際に使ってみないとわからない部分がありますので、できればYahooオークションなどで1万円台のChromebookを入手して試すことをおすすめします。

その場合に、今後ともChromebookを使っていこうと思ったら、その性能では対応で金ない部分が多くなると思います。

そういったときには、最初に入手したChromebookを再販して(多分それほど差額は発生せずに販売できると思います。)より高性能なChromebookを購入することによって、結局は無駄な出費を抑えることができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です