Chromebook:ChromebookでLinuxを使用していますか?

Linux

Chromebookは軽快なChromeOSで動作しており、Web上でできる作業やサービスを使う分には非常に便利です。

しかし、それだけではできないことも便利ではない事も多く、それを補うためにAndroidアプリやLinuxを導入することができます。

AndroidアプリやLinuxを導入できることはChromebookを購入する上で大きな動機のひとつになっていると思います。

Androidアプリは比較的簡単に、気軽に利用することができます。

スマートフォンやAndroidタブレットで使ってなれている方も多く、iPhone やiPadのユーザーでも特に説明を必要とせずに利用することができます。

それと比較するとChromebookでLinuxを利用することに関してはいくつかの問題があり、このような状況でChromebookでLinuxを使用している人はどれくらいいるのだろうかと思います。

実際にChromebookを使用しているユーザーの中で、Linuxを使用しているユーザーの数は比較的少ないと思います。

Chrome OSはLinuxで実行されているため、実はすべてのChromebookユーザーがLinuxを使用しています。

しかし、それは特に意識することなく使用しています。

Chromebookを使用している方の中にはChromeOSで新しいことを試す傾向があある方が多いと思います。

そして多くの人が、AndroidアプリやLinuxなどのオプション機能でChromebookの機能を拡張できることは大きな魅力を感じていると思います。

Linux on Chromebooksは特に難しくありません

もちろん、LinuxがすべてのChromebookユーザーにとって完璧な環境を提供するわけではありません。

そして、まだいくつかの改善が必要です。

「Linux」というと専門的な知識が必要で、その為ChromebookでLinuxを導入することを躊躇するかもしれません。

ほとんどの人は、WindowsまたはmacOSなどのオペレーティングシステム上でパソコンを操作しています。

ChromeOSについても同じことが言えます。

Linuxの導入に関しては、特に専門的な知識は必要ありません。

次の記事に記載しているように簡単に導入することができます。

Linux

Chromebook:ChromebookでLinuxを設定する方法

2021年8月2日

Linux導入の問題点

Linuxを導入した後にコマンドラインインターフェイスとGUI、またはグラフィカルユーザーインターフェイスがないために、ソフトのインストールなどに戸惑うことになります。

一応、Linuxのお勧めソフトとインストール方法を記載した記事も参照してください。

Linux

Chromebook:2021年 使用すべきChromebook上の22の最高のLinuxソフト

2021年8月3日

その他に問題になるのはSSDの容量になります。

Linuxを設定するときに必要なディスク容量を確保する必要があります。

Linuxを導入する目的は、より多くのブラウザ(opera、edge、chrome、vivaldi firefox)、. shファイルを含むGOGゲーム、Officeスイート、その他いくつかのアプリにLinux on Chromebookを使用することになります。

Chromebook上のChromeはほとんどのことを実行でき、Linuxを実行するにはそれなりのスペックが必要になります。

Linuxに反対するものは何もありませんが、Linuxを使用すると、本来のChromebookに関して少し利益相反が発生します。

1)ChromebookはWebアプリを実行することを目的としていました。
2)Chromebookは、ローカルストレージにダウンロードする必要のあるプログラムを実行することを目的としていませんでした。
3)上記2つの理由のため、Linuxアプリを実行すると、Chromebookの購入者は、より多くのローカルストレージとより強力なCPUを取得するためにより多くの費用を支払うようになります。
4)好むと好まざるとにかかわらず、価格とシンプルさ(安定性とセキュリティに加えて)がChromebookを販売する最も重要な基準であるため、3)は、開発用であってもChromebookの購入を検討するインセンティブを大幅に低下させます。

日本語入力について

Linuxを立ち上げた状態でコンソール上はChromebookに内蔵している日本語入力を使用することができます。

ただし、その後のLinuxアプリを立ち上げた状態に関してLinux用の日本語入力を別にインストールする必要があります。

これはChromebook上でLinuxを動かすときに独立したコンテナで動作しているので今の所は不便ですが必要な作業になります。

 

まとめ

Chromebookの所有者が必要なことを実行するWebまたはAndroidアプリを見つけることができないときに、Linuxを使用できるのは、絶対に素晴らしいことだと思います。

SSDも64GBあれば、最低限のAndroidアプリとそれを補うLinuxソフトをインストールすることができます。

Linuxが導入出来るようになってから、まだ2年ほどしか経過していないので、それ以降にメーカーが発売するChromebookの性能やスペックは徐々に向上しています。

64GBのSSDも最低スペックになってきて、128GBが普通で512GBのChromebookも多くの機種が発売されています。

現状なら128GBのSSDがあればマイクロSDもくめてアプリやソフト、そしてデーターなどの保管に困ることは無いと思いますので、そのスペックを持っている方は積極的にLinuxを導入する事をお勧めします。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です