Chromebook:Chrome OS 92の安定したアップデートは問題なく動作しています。

chromebook1

先月リリースされたChromeOS 91がいくつかの問題が発生し、Googleは今月初めにChrome OS 92 StableChannelアップデートをリリースしました。

アップデートが始まって、直ぐにアップデートをしたわけではありませんが、アップデートから5日ほどしてからアップデートを行いました。

それから今までの所、特に支障なく動作していますので、前回あったような不都合はなさそうです。

Googleには、Chrome OS 92 Stableの更新された機能と修正の一部を紹介する公式ブログ投稿がありますが、いつものように、ソフトウェアにはさらに多くのものが追加されています。

公式アップデートを強調し、言及されていない可能性のある他のいくつかをカバーします。

GoogleMeetの改善とプレインストール

Chrome OS 92 Stableは、ビデオ会議アプリケーションがデフォルトでインストールされるようになったため、GoogleMeetを利用できるようになりました。

これでかんたんにビデオ会議を行うことが出来るようになりました。

Chrome OS 92 Stable Google Meet

 

それは一部を苛立たせるかもしれませんが、私はここでグーグルのアプローチを理解しています。完全なエクスペリエンスに必要なすべてのオンラインツールを作成して提供したいと考えています。

絵文字用のものを含む新しいキーボードショートカット

Chrome OS92安定した絵文字

ChromebookをChromeOS 92 Stable Channelに更新すると、新しいキーボードショートカットに関する通知が表示されました。

それらすべてを見たわけではありませんが、1つは改良された絵文字になります。

新しいキーボードショートカット(検索キーまたはランチャーキー+ Shift +スペース)をクリックするだけで、コンパクトな絵文字が表示されます。

最近使用した絵文字が表示され、Chromebookのほぼすべてのテキストフィールドで他の絵文字を検索できます。 👍

eSIMのサポートですが、現時点では2つのデバイスのみです

Chrome OSでeSIMがサポートされるようになったことは、今後の展開を含めて非常に重要になります。

本来のChromebookの利用方法はオンラインでの使用が前提になり、現在の環境では自宅や職場のWi-Fiに接続するか、もしくはスマートフォンを利用してデザリングで接続する必要がありました。

現実としてはeSim対応のChromebookが少なく、日本で販売されている機種の中はもちろんアメリカでも非常に少ないのが現状になります。

この機能を使用すると、ChromebookのeSIMを介して、データプランを変更して利用できるようになります。

しかも、日本国内だけではなく海外に行った場合でも現地の対応通信会社と必要なデーター量や必要な日数の契約を行う事によって、かんたんに効率的にChromebookを利用できるようになります。

eSIMといえば一昔前はAppleがAppleSIMとして展開していました。(現在も継続中です)

海外に行っているときにAppleSIMは非常に便利でした。

設定も申し込みもかんたんで、Chromebookでも同じようにかんたんに使えるようになると思います。

一例としてAppleSIMの設定方法を記載しておきます。

eSIMの活用

iPhoneの一部ではeSIMを利用することによってデュアル SIM で利用することができます。

対応する機種はiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降になり、nano-SIM と eSIM を使ったデュアル SIM に対応しています。

eSIM はデジタル SIM なので、物理的な nano-SIM を使うことなく、通信事業者 (キャリア) のモバイル通信プランを利用することができます。

この機能を利用してメイン回線はahamoを利用した状態で海外での利用が更に便利になります。

現地の通信事情社を使ってデーター通信をeSIMを利用して行うこともできますが、ahamoである程度のデーター通信ができる状態なので、その部分はahamoを利用します。

人によって利用するデーター量は違うと思います。

個人的な使い方なら海外でストリーミングなどを行わない限り5日程度の日程なら7GB程度で十分なので、その部分はahamoがあれば十分です。

 

eSIMの設定

eSIMの設定に関しては事業者によって若干の違いがあります。

以下に一般的な方法を記載します。

機種はiPhoneを利用します。

eSIM でモバイル通信プランを設定する

2 つ目のモバイル通信プランを利用するためには、通信事業者から支給された QR コードをスキャンするか、通信事業者の iPhone App を使うか、割り当てられたプランを設定からインストールするか、情報を手動で入力します。

QR コードをスキャンする

カメラ App を開いて QR コードをスキャンします。
「モバイル通信プランが検出されました」という通知が表示されたら、その通知をタップします。
画面の下部の「続ける」をタップします。
「モバイル通信プランを追加」をタップします。
eSIM をアクティベートするために確認コードの入力を求められた場合は、通信事業者から支給された番号を入力してください。

通信事業者の専用プランを使う

キャリアのアプリをインストールし「モバイル通信プランのインストールの準備ができました」という通知が表示されたら、この通知をタップします。
設定 App で、「モバイル通信プランのインストールの準備ができました」をタップします。
画面の下部の「続ける」をタップします。
情報を手動で入力する

手作業で

以前はこの方法が一般的でした。

「設定」を開きます。
「モバイル通信」または「モバイルデータ通信」をタップします。
「モバイル通信プランを追加」をタップします。
iPhone の画面の下部にある「情報を手動で入力してください」をタップしてください。

iPhone には複数の eSIM を設定することができますが、一度に利用できるのは 1 つだけです。

eSIM を切り替えるには、「モバイル通信」または「モバイルデータ通信」をタップし、使いたいプランをタップして、「この回線をオンにする」をタップします。

 

デュアル SIM の利用時アイコンについて

画面の上部にあるステータスバーのアイコンが、2 つの通信事業者の信号強度を表します。

通信事業者 1 を使用中で、もう片方の回線は「圏外」になっています。

このステータスバーでは、デバイスが Wi-Fi に接続されていて、通信事業者 2 で Wi-Fi 通話を使っていることがわかります。

「モバイルデータ通信の切り替えを許可」が有効になっています。このステータスバーでは、通信事業者 1 が LTE を使っていて、通信事業者 2 が通信事業者 1 のモバイルデータ通信を使っていて、Wi-Fi 通話が有効になっていることがわかります。

Apple SIMを開始すると画面にはキャリアの選択になります。
アメリカでのインターネット接続について1
AT&TやSprint、T-Mobileはキャリアになりますのでドコモやソフトバンクのようなもの。

AlwaysOnline やGigSkyはグローバルで使え、ドイツやイタリアでもこの2社は表示されます。


この2社はどの国でも使用することが(今のところ90国くらい)できて便利なのですが料金が割高になります。


アメリカでのインターネット接続について
AT&TやSprintも先ほど記載したようにプリペイドSIMと変わらない値段設定でした。


そして今回契約したのはT-Mobileになります。


理由は5GBが10USDと非常に安く、また有効期限が1ヶ月ではなく5ヶ月間有効なのもメリットは大きいことでした。


もちろん1ヶ月1GBではないので1回の旅行で5GBを使用することが出来ます。


仕事で毎月2回アメリカに行って主要な通信はホテルや事務所からするのでサブ的に使うにはこのプランは最適です。


アメリカでのインターネット接続について2


アカウントを作成する段階でも名前や住所、メールアドレス、クレジットカード番号などを入力します。


住所についてはアメリカの住所を入力する必要がありますので、例えば滞在中のホテルの住所でも対応できます。


クレジットカードに関しては、アメリカで作成されたクレジットカードしか受けてくれないキャリアもありますがT-Mobileは日本で発行されたクレジットカードに対応していました。


入力をして、アカウントが作成されるとネットワークの表示がT-Mobileに切り替わりましす。


アカウント作成後はインターネットでも使用状況などを確認出来ます。


アメリカでのインターネット接続について3


上記のプランは新型コロナウィルスの関係でしばらくアメリカに行っていないので2年ほど前の内容になり、今は変更がある可能性がありますので参考程度に

Googleがブログ投稿で言及しなかったその他の機能(これまでのところ)

Chrome OS 92 Stableリリースのその他の機能の概要は次のとおりです。これらの機能の多くは、開発チャネルとベータチャネルのユーザーが対象になります。

  • AndroidおよびLinuxアプリは、特定の仮想デスクまたはすべてのデスクに割り当てることができます。
  • 外部のパン-チルト-ズームカメラは、カメラアプリでPTZをサポートしています。
  • これで、Dictationを使用して継続的な音声認識を行うことができます。
  • トートには、最近インストールされたAndroidアプリとブラウザから保存されたPDFが表示されます。
  • 米国以外のキーボードレイアウトでVirtualDeskキーボードショートカットができなかった2019年のバグを修正しました。

試すべき新しいフラグ

  • ツールバーの代わりにタブストリップに「新しいタブ」ボタンを表示する新しい実験フラグ: chrome://flags#webui-tab-strip-ntb-in-tab-strip
  • 「サブアプリ」または「マルチアプリ」をサポートする新しい実験フラグ。これにより、インストールされたPWAは、サブアプリをインストールしてショートカットを作成できるようになります。chrome://flags#enable-desktop-pwas-sub-apps
  • メディアコントロールの再生速度ボタンを有効にする新しい実験フラグ: chrome://flags#playback-speed-button
  • 前回のセッションからタブとアプリを完全に復元できるようにする新しい実験的なフラグ:chrome://flags#full-restoreこの機能を設定して使用する方法の詳細については、こちらの投稿をご覧ください

まとめ

個人的にはOSの動作が安定したことは安心してChromebookを使用することができます。

また、eSIMのサポートはこれから対応した機種が販売されてから、またその機種が増えてから利用価値がある機能になります。

それでも、OSがそれをサポートすることによって標準の機能としてChromebookの開発や製造がされると思いますので1年後にはある程度普及していると思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です