Chromebook:Chromebook向けのベストLinuxアプリ

Linux

Chromebookは、ChromeOSでブラウザーベースの作業をするだけではありません。

5年ほど前にAndroidアプリをインストールして利用できるようになったときに多くの可能性を感じました。

しかし、未だに一部のAndroidアプリはchromeOSに十分な最適化がされておらず、利用できないアプリや動作しても画面がスーマートフォンの画面に固定されていたり、不安定なアプリなども多くあります。

また、WindowsやMacのアプリと比較していくつかの機能が不足しています。

chromeOSでもともと想定していない、もしくは不得意な写真編集、ビデオ編集、アプリを開発するためのツール、ゲームなどはAndroidアプリで補うにはAndroidアプリも機能が不足しています。

そういった場合に、活躍するのがLinuxある地の活用になります。

Linuxのアプリケーションは、パソコンのレイアウトで使用するために開発され、本格的な機能を提供しています。

また、Android Studioなどの多くのアプリを使用して、これまで不可能だったアプリを開発することもできます。

開始するには、まずChromebookがLinuxをサポートしているかどうかを確認します。

すべてのChromebookがLinuxをサポートしているわけではなく、ハードウェアとソフトウェアの要件がいくつかありますが、システム設定にLinuxオプションが表示されている場合は、Chromebookがサポートしていると考える事ができます。

表示されている場合は、有効にする必要があります。

これを行うには、[設定]を開き、詳細設定の「デペロッパー」[Linux開発環境(ベータ版)]をオンにします。

Linuxをインストールするかどうかのポップアップが表示されます。

[インストール]をクリックして、Linuxがダウンロードおよびインストールされるまで数分待ちます。

関連:

Linux

Chromebook:2021年 使用すべきChromebook上の22の最高のLinuxソフト

2021年8月3日
Linux

Chromebook:ChromebookでLinuxを実行する5つの理由

2021年8月1日
Linux

Chromebook:ChromebookでLinuxを設定する方法

2021年8月2日

Chromebookに最適なLinuxアプリ

Linuxを有効にすると、にターミナルが表示され、アプリのインストール、更新、削除を行うことができます。

ChromebookでLinuxアプリ

1.GIMP 市販ソフト並みの画像処理ソフト

GIMPは画像ファイルを加工・編集するための高機能画像処理ソフトになります。

人気のあるPhotoshopのからりに使用することが可能で、無料で写真編集の作業をGIMPを使用することができます。

レイヤー機能を使って複数の画像を独立した状態で重ね合わせて個別に加工・編集、配置も自由に変更ができますのでPhotoshopが持つのとほとんど同じ機能を利用することができます。

ユーザーインターフェイスはPhotoshopとはかなり異なっていますので、少しなれる必要があります、

画像ソフトでは定番のフィルター機能も持っています。
これによってぼかしを入れたり、くっきりさせたり、油絵や水彩画のようなタッチに変更することができます。

GIMPは、Photoshopと同じようにハーに対する必要性能が高く、ASUS Chromebook FlipC101ではうまく機能しませんでした。

そのため、ASUS Chromebook FlipC434などの強力なChromebookで実行することをお勧めします。

インストールするには、ターミナルを開き、次のコマンドを入力します。GIMPのダウンロードとインストールには数分かかります。

sudo apt-get install gimp
GIMP

2.Sublime Textまたはgedit 動作が軽快で本格的なテキストエディタ

Sublime Textとgeditはどちらも、コーディングに最適なテキスト編集アプリです。Chromebookでコード編集アプリを探している場合は、どちらかを使用できます。

Sublime Textは機能満載のアプリで、構造全体のミニマップを取得し、複数行を選択して編集したり、オートコンプリートしたりできます。

geditはWindowsのメモ帳に相当するアプリですがそれよりも遙かに高機能です。

geditで文字数のカウントや、検索・置換え、スペルチェックなどの機能を標準で利用することが可能で、プラグインによって更に機能を追加することができます。

どちらも軽量で高速。そして無料で使用できます。その他にもVisual Studio CodeをChromebookにインストールすることもできますが、アプリ自体の動作が遅いと思います。Sublime Textとgeditはその分軽いアプリであるため、お勧めです。

インストールするには、ターミナルを開き、次のコマンドを入力します。

sudo apt-get installsublime-text
sudo apt-get install gedit
Sublime Textまたはgedit

3. Kdenlive 操作が簡単な動画編集ソフト

Kdenliveは、Linux用の最も人気のある動画編集ソフトで動画のカットや統合、エフェクトうを追加したり、文字入れの編集をして、など大抵のことはできるようになっています。操作がとても直感的なのもポイントで指定されたファイル形式で出力することができます。

マルチトラックビデオ編集からエフェクトやトランジションまで、動画編集に必要な大体の機能を使う事ができます。

その他にオーディオ編集ソフトウェアとしても使用できます。

しかし、残念なことには、ほとんどのChromebookで実行難しいかもしれません。Kdenliveはハードの性能が必要な部分もありますので、スペックが対応していないと機能はしますが、動作が遅く時にフリーズすることもあります。

はやり動画編集をするためにはそれなりの性能が必要になります。

インストールするには、ターミナルを開いて「

sudo apt-get install kdenlive
Kdenlive

4.Transmission(トランスミッション) ファイルを分散処理で高速ダウンロード

Transmissionはファイル共有のBitTorrentのクライアントソフトになり、これは最も人気のあるBitTorrentクライアントの1つです。

Transmissionは人気のあるファイルをダウンロードするときに、直接ダウンロードするとアクセスが集中してダウンロード速度が遅くなることを防ぐために、そのファイルを持っている複数のパソコンにアクセスして、それらから一部分を分散してダウンロードすることによって高速なダウンロードを行うソフトです。

インストールするには、ターミナルを開いて次のように入力します

sudo apt-get install Transmission
Transmission

5. Firefox 拡張性の高い機能が充実したブラウザー

Google ChromeはChromebookで軽快に動作しますが、他のブラウザを使用したい場合は、FirefoxのLinuxバージョンを試してください。

AndroidアプリでもFirefox はありますが、使い勝手はタブインターフェイスも使えるFirefoxのLinuxバージョンが便利です。

Chromebookで使っているchromeブラウザーはLinuxアプリとの連携に関しては、Transmissionのようにまだ改善の余地があります。

したがって、ChromebookでLinuxを利用する場合にはFirefoxを使用してダウンロードすることができます。

これは、編集用のLinuxアプリをたくさん使用している場合に便利です。

インストールするには、次のように入力します

sudo apt install firefox-esr

それがうまくいかない場合は、次のように入力してください。

sudo apt install iceweasel
Firefox

6. FileZilla FTPクライアントソフト

FileZillaは、ローカルマシンからWebサーバーに、またはその逆にファイルを転送するための一般的なFTPクライアントソフトになります。

Android用のFTPクライアントソフトもありますが、やはりLinuxのFileZillaを利用した方が操作性も良く、さらに、FileZillaは、Amazon S3、Dropbox、OneDriveなどのサービスの追加のプロトコルサポートを必要とするユーザー向けにProバージョンを提供します。

「Filezilla」を日本語化することもでき、日本語入力も可能になります。

インストールするには、次のように入力します

sudo apt-get install filezilla
FileZilla

 7. Android Studio Androidアプリ作成に

Android studio by Googleは、独自のAndroidアプリを作成するための人気のあるツールキットですが、Linuxを有効にしないとChromebookで実行することはできません。

ChromebookでAndroidStudioを実行すると、WindowsやMacで実行するよりも作業が簡単になります。

その理由はChromebookに関してAndroidアプリを実行することができるため、エミュレータや外部デバイスに依存するのではなく、同じデバイスでアプリをネイティブに確認できます。

ChromebookにAndroidStudioをインストールすることは簡単です。Android StudioWebサイトから.debファイルをダウンロードするだけです。

ファイルを開き、ポップアップで[インストール]をクリックします。AndroidStudioは数分でインストールされます。

ChromebookでAndroidStudioを実行するための基本的な要件は次のとおりです

  • 最小8GBのRAM
  • 最小4GBの使用可能なディスク容量
  • 1280 x800の最小画面解像度
  • Intel i5以降(Uシリーズ以降)
Android Studio

8.Gnomeソフトウェアセンター Linuxの更新に

残念ながら、Linuxには自動更新機能がなく、使用していてアップデートの通知もありません。「sudo apt-get update」、「apt-getupdate」と入力して自分で確認し、「sudo apt-get update && sudo と入力して確認して更新する必要があります

また、アプリを簡単にダウンロードできるAppStoreもありません。

Gnomeはそれを簡単にします。アプリ内でLinuxアプリの更新を確認でき、Linuxアプリストアとしても機能します。

インストールするには、次のコマンドを入力します。

sudo apt-get install gnome-software gnome-packagekit

他のいくつかのアプリは、ソフトウェアセンターと一緒にアプリドロワーにあります。これらは、Gnomeソフトウェアセンターで使用される単なるパッケージとインストーラーです。それらをアンインストールしないでください。Gnomeアプリを実行するのに役立ちます。

ストアにアプリが表示されない場合は、これら2つのコードを試してから、再起動してください。

sudo apt-get update

sudo apt-get dist-upgrade
Gnome

Chromebookに最適なLinuxアプリ

今回紹介したLinuxアプリはAndroidアプリにいくつかの機能が追加されたものや操作性や表示の優れているソフト、Playストアからインストールできないソフトを特に選んでみました。

これらのアプリのほとんどはChromebookのPlayストアから簡単にダウンロードできるため、同じ内容であればLinux版を利用することはありません。

LibreOffice、Steamなどのアプリも機能しますが、PlayストアにはChromebook用に最適化されたGoogleドキュメントとMicrosoft Officeがすでにあり、Androidアプリもあります。

今使えるLinuxはまだChromeのベータ版であり、.debバージョンで利用可能なファイルしか実行できないため、Unity、Discord、Wireshark、Hanbreakなどの他のアプリも試しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です