Amazon Kindleは、折りたたみ式スマートフォンを使うともう必要がないかも

スマートフォンは、カメラから電卓、目覚まし時計から財布に至るまで、日常生活の本当に必要とする機能を次々と取り入れています。

そして、折りたたみ式スマートフォンの現状を踏まえると、Amazonの根強い人気を誇るKindleシリーズなどの電子書籍リーダーが必要無くなる可能性があります。

電子書籍リーダーはそれ自体が優れた製品であり、多くの書籍を保存できます。

さらに、この書籍リーダーの進歩により、ディスプレイの高解像度化、深夜の読書でも目に優しい色調のバックライト、バッテリー寿命の延長、充電の高速化、さらには防水機能も実現し、プールサイドもお風呂でも読書が出来るようになりました。 

しかし、このような電子書籍リーダーの進歩は革新的であるように見えますが、スマートフォンは、たとえ専門性を欠いていても、技術レベルではすでに数歩進んでおり、読書ガジェットとしてKindle などを優位性を少なくしています。

実際にKindleの使用頻度は少なくなってきました。

 

Kindle Oasis 色調調節ライト搭載 wifi 8GB 広告あり 電子書籍リーダー

Contents

Kindleとタブレット

歴代のKindleを使用して現在は7インチのKindle Oasisを使用しています。

また、Kindle Unlimitedを利用しているのでKindleの書籍や漫画、雑誌の使用頻度は高く日常的に利用しています。

しかし、現在は一般的な書籍はKindleが読みやすく専用の書籍リーダーとして利用していますが、漫画でのページ送りの速度や文字の読みやすさなどを考えると7インチのKindle Oasisでもちょっと難しく、雑誌に関しては最初から読む用途には利用できないと考えています。

iPad が発売されたときでした。大きくても持ち運び可能な高解像度バックライト付き LCD でフルカラーのコミックや雑誌を見ることができるというのは、当時としては本当に画期的な経験であり、 Kindle の用途に疑問を抱かせる経験でした。

雑誌を読む場合には最低限10インチ程度の画面が必要であり、もしOASYSと同じ7インチ(折りたたみのスマートフォンの多くも開いた状態でこの大きさになります)としても拡大速度やページ送りの速度でタブレットが優れています。

Kindleと折りたたみできるスマートフォン

しかし、つい最近ではSamsunのGalaxy Foldシリーズを始めOnePlus Openなど多くのメーカーから折りたたみできるスマートフォンが販売され、Kindle Oasisを超えた、電子読書の可能性のある未来を示してくれたデバイスが多くなってきました。

 

galaxy-z-fold5

 

 

まず、Amazon の最高の Kindle でさえカラー画面ではなく、個人的には、完全に忠実な本の表紙を楽しめることは、新しい本を読み始めるときの興奮に大きな違いをもたらします。

確かに、新しく発売されたKobo Libra ColorKobo Clara Colorの Kaleido 3 E Ink ディスプレイは、4,096 色相を表示できるという点で画期的ですが、スマートフォンの10 億色対応 AMOLED と比較すると、比較になりません。

もちろん、カラー部分だけで優れた読書体験が得られるわけではありませんが、スマートフォンはKindleと比較して驚くほど明るく、使用されているディスプレイ技術にもかかわらず、明るい環境での読書に最適なデバイスの 1 つです。

携帯電話メーカーは現在、スマートフォンの屋外での視認性を Kindle と同等に実現できる技術を推進しています。

スマートフォンにも暖かい色温度と単色表示を可能にする Eye Comfort モードなどがあり、画面上でより紙のような粒子をシミュレートするテクスチャ スライダーを Paper 読み取りモードに含めることで、携帯電話での読書体験を一歩進めています。

折りたたみ式スマートフォンは Kindle よりも厚いかもしれませんが、同様のサイズのディスプレイを提供しながら、はるかにコンパクト (そしてポケットに収まる) な設置面積に折りたたむことができます。

そして、バッテリー寿命は依然として数週間ではなく数日で測定されますが、スマートフォンには他にも無数の機能が備わっているため、急速充電器が用意されている場合には、約 30 分で〜60分程度で充電が完了します。

Kindle では充電に 1 時間以上かかります。

旅行などに行くな場合にはできるだけ荷物は少なくしたと考えています。

家で読書するなら、書籍ならKindle

漫画や雑誌はタブレットや折りたたみのスマートフォン

と言った使い分けが可能です。

しかし、旅行では折りたたみのスマートフォンが一つあればすべてのことが1台で可能になります。

価格の面から考えると電子書籍リーダーと折りたたみのスマートフォンは比較になりません。

しかし、スマートフォンは必ず携帯するので高額でも購入する方は多く、さらにはGalaxy Fold2

やFold3でなどの中古品なら5万円前後でオークションやメルカリなどで販売されています。

書籍に関しては折りたたみのスマートフォンのサブ画面で十分読書が可能でKindleよりも持ちやすさや携帯性では優れています。

漫画に関しては折りたたみのスマートフォンをオープンした状態で問題無く快適に読むことができます。

雑誌に関してはそのままでは見にくい部分が多く、文字に関しては拡大する必要がありますが十分に対応することができます。

次の長距離フライトや週末の旅行の前にスマートフォンKindle を荷物に詰める事は終わりに近づいているかもしれません。

Kindleの優位性

電子書籍を読む場合、Kindle がほぼ広く普及しているのには理由があります。

モノクロの紙のようなディスプレイは目に優しく、 1 回の充電で数週間持続します。

1 回の充電で10日以上の旅行でも充電なしで使用することが可能です。

これは、1 日以上使用するのが難しいAndroidや iPadには無理です。

また、Kindle は平均的なタブレットよりもかなり軽量であり、私の経験では、これらの専用電子書籍リーダーは、これまで所有してきたガジェットの中で最も耐久性があることが証明されています。

しかし何よりも、Kindle はタブレットと比較すると非常に安価であり、折りたたみ式スマートフォンと比較した場合、ほとんど取るに足らない価格です。

それに加えて、Kindle は書籍の費用も補助します。 Kindle 版の本の価格はほとんどの場合、紙ベースの本よりも安く、時間の経過とともに破損したり紛失したりするリスクがなく、アカウントに永久に関連付けられます。

そして、本を読む人は Kindle が提供する他の機能がない余計な通知もない読書体験を好む傾向にあります。

 

Kindleの欠点とスマートフォンの優位性

Kindle で本を見つけて購入し、読むという作業が Amazon のプラットフォームにシームレスに結びついているのは非常に便利です。

しかし、その便利さには注意点もあります。

本を買うには Kindle ストアが当然必要になり、他のプラットフォームの本を読もうとする場合、その体験は決してスムーズとは言えません。

まず、Kindle では Kobo、Sonyなどの読書アプリをダウンロードできません。

Web サイトを閲覧する場合でも、Kindle 電子書籍リーダーにインストールされている限定的な Web ブラウザでは、読書体験に途切れや UI スケーリングの問題が発生します。

次に、書籍の調達と互換性の問題があります。

Kindleは、すべてのファイル形式を直接解析することはできません。

USB ケーブルを介して Kindle に転送するか、ダウンロードしたファイルをコンピュータまたは携帯電話から固有の Kindle 電子メール アドレスに送信する前に、まずKindleで読める形式に変換する必要があります。

スマートフォンでは、ダウンロードした書籍ファイルを開くだけですぐに読み始めることができます。

ダウンロードした電子書籍ファイルで形式に対応していない場合でも対応するアプリをGoogle Play ストアなどからインストールすることで、その問題を簡単に克服できます。

ブランドのプレス資料、科学研究論文、政府や機関からダウンロードした書籍をはじめ多くの読書資料のほとんどは .doc ファイルと .pdf ファイルになっている事が多く折りたたみ式スマートフォンを手にすれば、Web サイトにアクセスしてタイトルをダウンロードするだけで、すぐに携帯電話で読み始めることができます。

Kindle のもう 1 つの問題は、その基本的なファイル共有システムです。

Kindle ライブラリから電子書籍をダウンロードする場合でも、電子メール経由で PDF 書籍を Kindle 電子書籍リーダーにインポートする場合でも、Kindle 上で書籍にファイルとしてアクセスすることはできません。

それ自体は制限ですが、Kindle での書籍の共有も簡単ではありません。

 

Chromebookをより安全に便利に利用したいならVPNがおすすめな理由

 

Chromebookは値段も安価で動作も快適と作業用パソコンとしては、かなり優れておりますが利用している段階で気になる点が2点ございました。

 

Chromebookの不満点

  • ファイルのダウンロードがブロックされる。
  • HTTPサイトに接続できない

 

上記2点の問題点を解説します。

 

 

ファイルのダウンロードがブロックされる

 

作業中にサイトからファイルをダウンロードする際に上記のような【不正なファイルのためファイルをブロックしました】と頻繁に表示されます。

 

これがかなり面倒で明らかに危険なファイルではないはずの

PDF資料をまとめたZIP

仕事で使用するフリーツール

なども跳ねられることも頻繁で正直ストレスがたまります・・・

 

通常のWindowsパソコンやMACであればブロックされる頻度はかなり少ないですが、後で後述する理由が原因でChromebookの場合1日に何回もこのような事態が発生します。

 

 

HTTPサイトに接続されない

 

また【HTTPサイトにアクセスしても表示されない】問題もあります。

インターネット上でWebページを閲覧するとき、URLの上部に「http」や「https」で始まっていますがデータが暗号化されていないhttp」の場合自動的にブロックされてしまいます。

 

↑上の画像のようにHTTPの場合はセキュリティ警告が表示

 

最近では「https」に移行しているサイトも増えてはいますが、まだまだ「http」サイトが多い現状で仕事上情報を集めたい際に苦労しています。

 

 

上記の2点の問題を解決する方法を調べた結果【VPN】を適応することで解決致しました!

 

 

なぜChromebookにVPNが必要なのか???

 

 

なぜ上記のような問題がVPNで解決するのか?

「実はChromebookで標準で搭載されているセキュリティが強固すぎる+セキュリティ機能をオフができないため回避するにはWEB通信時のネット回線を変更する」

必要があることが判明!!!

 

https://www.cman.jp/network/term/vpn/

通常であればセキュリティソフトなどを手動でインストールを行い、問題がある場合は一時的にオフするなどで[ブロック問題]を解決できるのだが、Chromebookはデフォルトでセキュリティソフトが搭載されているような物なので外すことが出来ない

そこで活躍するのがVPN!!!

 

 

VPNとは??

Virtual Private Network」の略。
簡単に言うと仮想の「専用回線」を使って、インターネットを利用することができます。
IPアドレスを自由に変更することができるので匿名性が向上します。

無料のサービスもありますが、回線品質が悪く速度が遅い問題があります。
そのため、回線品質が良い「NordVPN」等が人気です。

 

↑こんな感じで各国にあるサーバーをワンクリックで使用できるので匿名性は抜群!

 

VPNを使うとChromebook経由の回線ではないという扱いになるため上記のような理不尽なブロック祭りから開放されるというわけだ!!!

 

 

VPNを利用することで得られるその他のメリット!!

 

更にVPNはもともとセキュリティ強化のためのツールなので様々な利点あり。

 

VPN利用時のメリット

  • 個人情報の流出阻止の強化
  • 海外サーバに繋げて外国在住の限定の動画視聴
  • 海外のゲームを格安で購入できる
  • 通信が高速化する

 

など仕事でもプライベートでも役に立つ機能が多く、Chromebookを快適かつ安全に使用したいのであれば割と導入必須のツールといっても過言ではありません。

 

 

ChromebookにおすすめVPNはNORDVPN!

 

といってもVPN会社は日本・海外含めると何百社も存在しており、正直どのような基準でVPNを選べばいいか悩ましいと思っている方も多いのではないでしょうか??

 

個人的に色々試した結果絶対選んではいけないVPNの条件は以下の3項目

 

完全無料を謳うVPN

他社が有料で展開しているサービスが無料で提供できるはずがない。たいてい利用者の個人情報を盗み出して売買しているケースが多数(一部研究目的など例外あり)

 

日本で運営しているVPN

VPNは海外に多数のサーバーを持つことで安定性が増す。日本運営のVPNはサーバー数が非常に少なく速度が遅いなど実用性に乏しい

 

運営歴が浅すぎるVPN

運営歴が短いVPNは個人情報をハッキングされ情報流出などの危険性が高い。長年運営を行い目立った不祥事を起こしていない会社が望ましい

 

この3項目に一つでも該当するものがあるVPNは地雷確定なのでおすすめしません(立証済み)

 

 

 

以上の条件に当てはまらない中でおすすめなのが【NordVPN

 

NORDVPNの利点

ダウンロード・操作履歴が残らない

料金が安い・返金制度

 

 

ダウンロード・操作履歴が残らない

 

NordVPNは【サーバー上に利用ログ・履歴が保持されない】仕様になっている。

やましいことしていないなら保存されていても特に問題ないのでは??と思いがちですが通常のVPNはサーバー利用の履歴などが保存されるのでもし本体サーバーにハッキングされたら個人情報が流出する危険性があります。

実際にVPN会社本元のサーバーがハッキングされて個人情報が流出したことも・・・

 

ただNordVPNに関してはそもそも個人情報を残さないので仮にハッキングされたとしても警察や政府・ハッカーに個人履歴が渡ることがないです。

 

 

一月分無料お試しでどんな理由でも100%返金保証付き!!

 

また月額に掛かる料金は高品質であるにも関わらず低価格なのも嬉しいところ。

有名VPNのExpressVPNは最安で$8.32(約900円)なのに比べ、NordVPNは約495円と半値近く違うので毎月のコストが掛かりません

 

1ヶ月プラン 6ヶ月プラン 1年プラン 2年プラン
ExpressVPN 月額1500円 $月額1000円 月額900円
NordVPN 月額1434円 月額590円 月額495円

 

更に【契約期間30日なら100%保証の制度】付きなので気に入らなかったり、自分の環境ではうまく動作しないなどどのような理由でも返金保証が適応されるので安心!!

 

⇒30日間無料のNordVPNををお試ししたい方はこちらから!!

 

 

まとめ

しかし、結局のところ、本を読むことはこれまでにない経験であり、自分にとって最も快適な方法で楽しむべきです。Samsung Galaxy Z Foldシリーズなどの折りたたみのスマートフォンは、Kindle 自体よりも優れた Kindle であるという点で、すべての条件を満たしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また先程紹介したNordVPNを利用することで【Chromebookの煩わしい仕様回避+セキュリティ強化】にもつながるので気になった方は導入してみてはいかがでしょうか??

金額的にもセキュリティソフトよりも安く、気に入らなければ返金保証ありといたせりつくせりの内容なのでおすすめです!!