【クロームブック/Chromebook】Googleクラウドプリンターの代わりになるもの

chromebook1 logo

Googleクラウドプリントのサービスについて廃止された理由、ChromeOSでアプローチすべき代替サービスについて知っておくべきことを記載します。

Googleクラウドプリントについて知っておくべきことすべて

Googleクラウドプリントとは?

名前が示すように、Googleクラウドプリントはクラウドベースの印刷サービスであり、プリンタをGoogleアカウントに接続して、すぐに印刷を開始することができました。

Googleは公式ブログで、「Googleクラウドプリント(GCP)を使用すると、あらゆるデバイスのあらゆるアプリ(ウェブ、モバイル、デスクトップ)をクラウドに接続されたあらゆるプリンターに印刷できます」と書いています。

例えばGoogle Chromeを使用していて、その中に特定のタブを印刷したいとします。Google Chromeはアプリケーションであるため、このアプリを開いたデバイスを使用してクラウドプリントサービスに接続します。完了したら、そこから3つのオプションがあります。以下に、それぞれ3つの詳細を示します。 

  • クラウドプリントサービスをChromeブラウザを搭載したPCに接続し、ワイヤレスまたは有線接続を介してプリンタに接続します。 
  • クラウドプリントサービスをクラウド対応プリンターに直接接続します。 
  • プリンタのネットワークを使用して、クラウドプリントサービスを専用のプリントサーバーに接続します。 

最初の2つの方法は、一般のユーザーにより適していて、ほとんどのエンドユーザーにとっておそらくより適切で便利な方法です。3番目の方法は、大規模な企業や企業で採用しています。 

Googleクラウドプリントのアイデアは、ネットワーキングの世界の当時の状況を評価することから生まれました。2000年代後半に、携帯電話とWebベースおよびクラウドベースのサービスの使用が急増し始めました。

元々はパソコン用のサービスとして行われたので本格的なパソコンの場合と同じように、ドライバーをモバイルにインストールして更新することは、金銭的にも時間的にも、誰もが手に入れることのできないものでした。

 

Googleクラウドプリントの歴史

Googleクラウドプリントは、ファイルやドキュメントの印刷に伴う手順を最小限に抑えるためのソリューションとして、2010年に発表されました。

そのGoogleクラウドプリンも2021年12月31日にはサービスを停止しました。

Googleクラウドプリントの最高の機能

Googleクラウドプリントは必要最低限​​のクラウドベースのサービスではなく優れた機能をを搭載していました。

以下は、当時のこのプログラムの最高の機能のいくつかをまとめたものです。 

一流のセキュリティ

Googleクラウドプリントは、稼働中はかなり安全でした。それは、10年間信頼できることが証明されていました。ただし、サービスにアップロードするすべてのファイルまたはドキュメントはGoogleのサーバーから機密情報として扱われ、印刷プロセスが完了するとすぐに削除されます。

簡単な共有可能性

Googleクラウドプリントはすぐに印刷できます。そして印刷されたドキュメントをソーシャルメディアや電子メールで共有するだけでなく、共同作業者と共有することができます。Googleクラウドプリントが登場したときに、複雑な操作に煩わされる必要がなくなりました。

ビジネスに対応可能

Googleクラウドプリントは、企業のIT部門のインフラストラクチャ全体を置き換え、業務全体をシームレスにクラウドに集中させる可能性がありました。Googleクラウドプリントは、印刷に関連する煩わしさを最小限に抑えることを目的としていました。 

モバイルアプリの統合

各Google製品が互いにどのように連携し、Google搭載デバイスのユーザー操作性を優れたものにしました。Googleクラウドプリントは、以下は、このサービスが容易に統合できるアプリケーションのリストです。 

  • グーグルクローム
  • Gmail
  • Googleドキュメント
  • Googleスプレッドシート
  • Googleスライド
  • グーグルドライブ

これは、「Googleクラウドプリントとは」で説明されている適切な設定があれば、前述のアプリケーションから何でも印刷できできました。

ChromeOSのサポート

Chromebookの所有者であれば、Chrome OSで印刷するための専用ソフトウェアが実際に存在しないことや、いかなる種類のドライバも存在しません。ただし、Googleクラウドプリントは、そのようなものの必要性を排除することを目的としています。ChromeOSで特に設定することなくGoogleクラウドプリントを利用することができました。

Googleクラウドプリンター

Googleクラウドプリンタは、クラウド対応の特定のプリンタであり、Googleクラウドプリントサービスを簡単に使用できるようにすることができます。

後者が最初に発売されたとき、当時クラウド対応であったプリンターは多くありませんでした。しかし、新製品は発表される中で、多くのプリンターがGoogleクラウドプリントを簡単にすることができました。

そしてクラウドに接続できないプリンターでも、大多数のプリンタは、印刷動作​​が問題なく機能するために、PCへの有線または無線接続を保証していました。 

対応するプリンターメーカーはHP、Dell、Brother、Samsung、Epsonになり、Googleクラウドプリントにも対応できるプリンター発表しています。

以下はその一部になります。

  • デルモノレーザーB1163w
  • Epson Colorio EP-707A(v2)、EP-777A(v2)、EP-807AB(v2)、EP-807AR(v2)
  • HP Color LaserJet Enterprise M652dn 
  • サムスンSL-J2160Wシリーズ 

しかし、Googleクラウドプリントサービスがなくなった場合、必要なときにChromebookから何かを印刷するにはどうすればよいでしょうか。

次の項で詳しく説明します。 

ChromeOSでのGoogleクラウドプリントの最良の代替手段

グーグルはグーグルクラウドプリントのサービス停止時に、Chrome OSのネイティブ印刷機能に焦点を合わせ、Chrome OSは、過去2年間で一連のアップグレードが行われており、そのうちの1つには印刷が含まれているため、Googleクラウドプリントに依存する必要はありません。

以下は、2021年にChromeOSで印刷する方法の詳細なガイドです。

ChromeOSでの印刷

Chromebookにプリンタまたはスキャナーを設定するための最初の最も重要な方法は、ChromeOSの組み込み機能を使用することです。現在、専用のオプションがChromebookインターフェース内の「設定」にあり、あらゆる種類や形状のプリンターで印刷を始めることができます。次の手順は、この問題について手順になります。 

1) Chrome OSでの印刷を開始するには、「設定」で最初の手順を完了します。これを行うには、ステータストレイにある[設定]アイコンを使用するか、Chromebookランチャーの[設定]をクリックします。後者を使用します。

Chromebookのサイレントモード

2) 次に、左の列を少し下にスクロールして、「詳細設定」を見つけます。それをクリックすると、他の設定が表示されます。 

3) その中で「プリンター」を選択します。次のステップに進むには、[印刷してスキャン]をクリックします。

 

Chromebookからプリンターで印刷する方法

4)その後、、次の手順に進むには、[印刷]セクションの下のプリンタをクリックします。(横にある矢印をクリックします。 )

5) 完了すると、ユーザーがChromebookで印刷できるようにするためのメインエリアに移動します。さて、ここで物事を進めるには2つの方法があります。お持ちのプリンタは、それ自体が表示され、Chrome OSに接続できるようになっているため、余分な手順を踏む必要がありません。または、プリンターが表示されない場合は、プリンターを手動でセットアップすることもできます。その際に気をつけないと行けないことは、Chromebookとプリンターの両方が同じWi-Fiネットワーク上にあることが前提となります。

それでもプリンタが表示されない場合は、自分で行う必要があります。プロセスは簡単で、「プリンタの追加」の横にあるアイコンをクリックするだけで開始できます。

Chromebookからプリンターで印刷する方法

ChromeOSでのプリンターの追加

6)手動の場合は、構成全体を案内するミニウィンドウが表示されます。以下は、記入する必要のある項目です。以下に記載されていないものは、おそら入力する必要はありません。これが完了したら、「追加」をクリックして次のステップに進みます。 

  • 名前: これは、わかりやすい名前で何でもかまいません。 
  • IPアドレス: ここではIPアドレスが正確である必要があるため、使用しているプリンターと照合してする必要があります。 
  • プロトコル: プロトコルは、APIが正常に機能するために従うことができる一連の命令です。「AppSocket(TCP / IP)」に設定する必要があります。

 

プリンタを手動で追加する

プリンタを手動で追加する

7)これでChromeOSでプリンターを保存できます。最近追加したプリンターが、設定のこの「プリンタ」セクションに表示されます。今残っているのは、この記事全体の存在理由にたどり着くことです。それは、実際に何かを印刷することです。 

ChromeOSでの印刷にショートカットキー「CTRL」+「P」を使用できるようになりました。

これにより、多くの印刷関連オプションを含む別のウィンドウが表示されます。具体的に必要なものを設定したら、「印刷」ボタンを選択すると、印刷できます。

今はGoogleクラウドプリントがないため、必要な印刷機能を提供できるものにアプローチする必要があります。ありがたいことに、特にChromebookユーザーの場合、2021年には多くの方法があります。

もちろん基本となるのはローカルプリンターに接続することです。

その他にChrome OSでは4〜5種類の印刷方法があります。

Chromebookから印刷する方法

ドキュメントの印刷は簡単で、GoogleがChromeOSに印刷を追加する前からの方法は変更されていません。

  1. 入力はCtrl + Pを使用すると、印刷したり、クリックしたいページにメニュー(クロームの右上にある)をクリックして印刷を
  2. 印刷ウィンドウが表示され、最近使用した印刷場所の選択が事前に選択されています。印刷先を変更するには、[宛先]の横にあるドロップダウン矢印をクリックします。
  3. 目的のプリンタをクリックします。 
  4. ポートレート/ランドスケープレイアウトカラーなどの印刷ジョブ設定を確認します。変更する設定が表示されない場合は、[その他の設定]または[プリンタの詳細オプション]をクリックします。
  5. 印刷ジョブの設定が正しい場合は、[印刷]をクリックします。

 

Chromebookをより安全に便利に利用したいならVPNがおすすめな理由

 

Chromebookは値段も安価で動作も快適と作業用パソコンとしては、かなり優れておりますが利用している段階で気になる点が2点ございました。

 

Chromebookの不満点

  • ファイルのダウンロードがブロックされる。
  • HTTPサイトに接続できない

 

上記2点の問題点を解説します。

 

 

ファイルのダウンロードがブロックされる

 

作業中にサイトからファイルをダウンロードする際に上記のような【不正なファイルのためファイルをブロックしました】と頻繁に表示されます。

 

これがかなり面倒で明らかに危険なファイルではないはずの

PDF資料をまとめたZIP

仕事で使用するフリーツール

なども跳ねられることも頻繁で正直ストレスがたまります・・・

 

通常のWindowsパソコンやMACであればブロックされる頻度はかなり少ないですが、後で後述する理由が原因でChromebookの場合1日に何回もこのような事態が発生します。

 

 

HTTPサイトに接続されない

 

また【HTTPサイトにアクセスしても表示されない】問題もあります。

インターネット上でWebページを閲覧するとき、URLの上部に「http」や「https」で始まっていますがデータが暗号化されていないhttp」の場合自動的にブロックされてしまいます。

 

↑上の画像のようにHTTPの場合はセキュリティ警告が表示

 

最近では「https」に移行しているサイトも増えてはいますが、まだまだ「http」サイトが多い現状で仕事上情報を集めたい際に苦労しています。

 

 

上記の2点の問題を解決する方法を調べた結果【VPN】を適応することで解決致しました!

 

 

なぜChromebookにVPNが必要なのか???

 

 

なぜ上記のような問題がVPNで解決するのか?

「実はChromebookで標準で搭載されているセキュリティが強固すぎる+セキュリティ機能をオフができないため回避するにはWEB通信時のネット回線を変更する」

必要があることが判明!!!

 

https://www.cman.jp/network/term/vpn/

通常であればセキュリティソフトなどを手動でインストールを行い、問題がある場合は一時的にオフするなどで[ブロック問題]を解決できるのだが、Chromebookはデフォルトでセキュリティソフトが搭載されているような物なので外すことが出来ない

そこで活躍するのがVPN!!!

 

 

VPNとは??

Virtual Private Network」の略。
簡単に言うと仮想の「専用回線」を使って、インターネットを利用することができます。
IPアドレスを自由に変更することができるので匿名性が向上します。

無料のサービスもありますが、回線品質が悪く速度が遅い問題があります。
そのため、回線品質が良い「NordVPN」等が人気です。

 

↑こんな感じで各国にあるサーバーをワンクリックで使用できるので匿名性は抜群!

 

VPNを使うとChromebook経由の回線ではないという扱いになるため上記のような理不尽なブロック祭りから開放されるというわけだ!!!

 

 

VPNを利用することで得られるその他のメリット!!

 

更にVPNはもともとセキュリティ強化のためのツールなので様々な利点あり。

 

VPN利用時のメリット

  • 個人情報の流出阻止の強化
  • 海外サーバに繋げて外国在住の限定の動画視聴
  • 海外のゲームを格安で購入できる
  • 通信が高速化する

 

など仕事でもプライベートでも役に立つ機能が多く、Chromebookを快適かつ安全に使用したいのであれば割と導入必須のツールといっても過言ではありません。

 

 

ChromebookにおすすめVPNはNORDVPN!

 

といってもVPN会社は日本・海外含めると何百社も存在しており、正直どのような基準でVPNを選べばいいか悩ましいと思っている方も多いのではないでしょうか??

 

個人的に色々試した結果絶対選んではいけないVPNの条件は以下の3項目

 

完全無料を謳うVPN

他社が有料で展開しているサービスが無料で提供できるはずがない。たいてい利用者の個人情報を盗み出して売買しているケースが多数(一部研究目的など例外あり)

 

日本で運営しているVPN

VPNは海外に多数のサーバーを持つことで安定性が増す。日本運営のVPNはサーバー数が非常に少なく速度が遅いなど実用性に乏しい

 

運営歴が浅すぎるVPN

運営歴が短いVPNは個人情報をハッキングされ情報流出などの危険性が高い。長年運営を行い目立った不祥事を起こしていない会社が望ましい

 

この3項目に一つでも該当するものがあるVPNは地雷確定なのでおすすめしません(立証済み)

 

 

 

以上の条件に当てはまらない中でおすすめなのが【NordVPN

 

NORDVPNの利点

ダウンロード・操作履歴が残らない

料金が安い・返金制度

 

 

ダウンロード・操作履歴が残らない

 

NordVPNは【サーバー上に利用ログ・履歴が保持されない】仕様になっている。

やましいことしていないなら保存されていても特に問題ないのでは??と思いがちですが通常のVPNはサーバー利用の履歴などが保存されるのでもし本体サーバーにハッキングされたら個人情報が流出する危険性があります。

実際にVPN会社本元のサーバーがハッキングされて個人情報が流出したことも・・・

 

ただNordVPNに関してはそもそも個人情報を残さないので仮にハッキングされたとしても警察や政府・ハッカーに個人履歴が渡ることがないです。

 

 

一月分無料お試しでどんな理由でも100%返金保証付き!!

 

また月額に掛かる料金は高品質であるにも関わらず低価格なのも嬉しいところ。

有名VPNのExpressVPNは最安で$8.32(約900円)なのに比べ、NordVPNは約495円と半値近く違うので毎月のコストが掛かりません

 

1ヶ月プラン 6ヶ月プラン 1年プラン 2年プラン
ExpressVPN 月額1500円 $月額1000円 月額900円
NordVPN 月額1434円 月額590円 月額495円

 

更に【契約期間30日なら100%保証の制度】付きなので気に入らなかったり、自分の環境ではうまく動作しないなどどのような理由でも返金保証が適応されるので安心!!

 

⇒30日間無料のNordVPNををお試ししたい方はこちらから!!

 

 

まとめ

Googleクラウドプリントは、最初にリリースされたとき、画期的なサービスになりました。それはうまく機能しましたが、過去10年間の初期には、ChromeOSでの印刷も可能でした。

この記事で、Googleクラウドプリントとは何か、クラウド対応のプリンタをPC、Chromebook、さらには携帯電話などのデスクトップデバイスとどのように統合したかを記載し、一般的なプリンターの設定について記載しました。

 

 

 

また先程紹介したNordVPNを利用することで【Chromebookの煩わしい仕様回避+セキュリティ強化】にもつながるので気になった方は導入してみてはいかがでしょうか??

金額的にもセキュリティソフトよりも安く、気に入らなければ返金保証ありといたせりつくせりの内容なのでおすすめです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。