Chromebook:ChromebookでWiiUゲームをプレイする方法 エミュレーター

エミュレータ

ChromeOSはゲームをプレイする事を考えたときに最良の選択ではありません。

今後のChromeOSは、まもなく公式のSteamサポートを開始する予定です。

Linuxコンテナを使用すると、Chromebookでゲームをプレイできます。

その他にChrome OSのゲームに関する現在の状況に関しては、Google Playストアに、Android向けのモバイルゲームをChromeOSで利用できるものもあります。

最後になりましたが、Androidアプリや組み込みのLinux機能により、Chromebookでゲームを楽しみたい場合はエミュレーターを使うことも考える必要があります。

ChromeOSユーザーはニンテンドーDSやPSP、PS1などのゲームを試すことができます。

エミュレータ

ChromebookでニンテンドーWiiUゲームをプレイすることもできます。

コンソールには、マリオカート8、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド、スーパーマリオ3Dワールドなど、定番のタイトルがあります。

したがって、この記事では、Chrome OSにWiiUのエミュレーターであるCemuをインストールし、それを介してニンテンドーWiiUゲームをプレイする方法について説明します。

 

ChromeOSでWiiUゲームをプレイする

信頼できるChromebookでWiiUゲームをプレイするには、専用のエミュレータをインストールする必要があります。

さまざまなプラットフォームでオンラインで利用できるさまざまな種類のエミュレーターがあります。今回はニンテンドーWiiUエミュレーターであるCemuについて検討します。 

Cemuをセットアップして、WiiUゲームをプレイできるようにします。

ChromebookにCemuエミュレータをインストールする方法

Cemuは、Windows 10PCにインストールするために一般的に利用可能なWiiUエミュレーターです。ただし、Linuxにもインストールが可能であり、その為Chromebookにも同様にインストールすることができます。

ChromebookでLinuxが動作するようになっている場合は次の作業を。

もし、設定していない場合はこちらを参照してください。

Linux

Linuxが動作する前提で、Cemuを起動可能にするには、かなりの数の手順を実行する必要があります。

次の手順は、ここから実行します。 

ChromebookでLinuxターミナルを起動します。

起動したらCemuをインストールするためのコマンドの入力を開始します。入力する必要のある最初のコマンドを以下に示します。正確なコマンドラインをコピーして貼り付け、ターミナルの「Enter」キーを押して開始します。 

 

sudo dpkg --add-architecture i386
Linuxターミナルでのコマンドラインの入力

Linuxターミナルでのコマンドラインの入力

最初のコマンドを入力しても、進行中のプロセスは表示されません。ユーザー名は、次の行と同じように返されます。次のコマンドを入力する必要があります。ここからWineHQのインストールが始まります。これは、Linuxターミナルを介してWindowsアプリケーションをインストールできる高性能ソフトウェアです。コンテナで次のコマンドを使用し、「Enter」キーを押して先に進みます。 

wget -nc https://dl.winehq.org/wine-builds/winehq.key
Linuxを介したWineHQのインストール

Linuxを介したWineHQのインストール

最後のステップで、WineHQセキュリティキーをダウンロードします。次に、そのセキュリティキーをシステムに追加する必要があります。次のコマンドを使用してこれを行います。 

sudo apt-key add winehq.key
WineHQセキュリティキーの追加

WineHQセキュリティキーの追加

ここで、WineHQリポジトリをLinuxシステムに移動する必要があります。次のコマンドとその後のコマンドでこれを実行できます。 

echo "deb https://dl.winehq.org/wine-builds/debian/ buster main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/wine.list
WineHQリポジトリの追加

WineHQリポジトリの追加

次のコマンドを挿入して、プロセスを続行します。完了したら「Enter」キーを押して、リポジトリの追加を完了します。 

echo "deb https://download.opensuse.org/repositories/Emulators:/Wine:/Debian/Debian_10 ./" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/wine.list
Wineリポジトリの追加

Wineリポジトリの追加

次のステップは、別のセキュリティキーを追加します。これは、WineHQアプリのもう1つの要件であり、必要があります。これを解決するには、次のコマンドを使用します。 

sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys DFA175A75104960E
別のセキュリティキーを追加する

別のセキュリティキーを追加する

Linuxコンテナに差し迫った更新がないか確認する必要があります。次のコマンドを使用して、Linuxコンテナーを更新できます。

sudo apt update
Linuxターミナルの更新

Linuxターミナルの更新

更新されたLinuxコンテナができたので、ChromebookにWineHQをインストールするプロセスに取り掛かりましょう。次のコマンドを使用してインストールを行います。インストール中に、確認する必要がありターミナルで「Y」と入力して「Enter」キーを押ます。

sudo apt install --install-recommends winehq-stable
WineHQのインストール

WineHQのインストール

 WineHQが完全にインストールされたら、次のステップは、この作業で必要なCemuの必要なパッケージをダウンロードすることです。次のコマンドを使用して、それを実行します。インストールの確認など、ターミナルから何かを行うように求められた場合は、画面の指示に従う必要があります。したがって、このステップではそのことに注意してください。 

winecfg
必要なパッケージをダウンロードする

必要なパッケージをダウンロードする

Cemu WiiUエミュレーターのインストールになります。Linuxターミナルで次のコマンドを使用して、インストールを開始します。コマンドラインを挿入したら「Enter」キーを押してダウンロードを開始します。 

 wget http://cemu.info/releases/cemu_1.21.1.zip
Cemuエミュレーターのインストール

Cemuエミュレーターのインストール

インストールが完了したら、次の作業はCemuエミュレーターを抽出することです。それを実現するためのコマンドがあります。ターミナルで以下を使用して進めます。 

unzip cemu_1.21.1.zip   
Cemuエミュレーターの抽出

Cemuエミュレーターの抽出

これでWiiUエミュレーターを起動することができます。

これを行うには、次のコマンドを使用する必要があります。ただし、これには1つの問題があります。ニンテンドーWiiUゲームをプレイするたびに、同じコマンドを使用してこのアプリケーションを起動する必要があります。これは、「Linuxアプリ」フォルダに存在するこのソフトウェア専用のアプリアイコンがないためです。おそらく、Linuxがようやくベータ段階から抜け出し、大規模な更新を受け取り始めると、この点で改善があるかもしれません。 

wine cemu_1.21.1 / Cemu.exe
Cemuエミュレーターの起動

Cemuエミュレーターの起動

Cemuエミュレーターのインストールについては以上です。

プレイするにはいくつかのタイトルを手に入れる必要があります。

ニンテンドーWiiUゲームをChromebookでプレイする

ChromebookでWiiUゲームをプレイする方法 エミュレーター

エミュレーターは、インターネットから簡単にダウンロードできる海賊版ゲームを実行できることで有名ですが、その方法を使用することはお勧めしません。任天堂WiiUゲームを所有し、エミュレーターを介してそれらをプレイする完全に合法的な方法があります。

主な前提条件は、ニンテンドーWiiUコンソールを持っていることです。次に、改造と呼ばれる作業を実行する必要があります。これにより、ニンテンドーが当初意図したもの以外のソフトウェアをコンソールで実行できるようになります。 

つまり、任天堂Wii Uからエミュレーターを作成することになります。それが完了したら、次の仕事は任天堂Wii U DVDをリッピングすることです。

Wii Uの吸い出しにはゲーム機本体の他にWindowsが動作するパソコンも必要になります。

その方法については後日掲載します。

そして、用意できたのが

  • ゼノブレイドクロスX 
  • マリオカート8
  • スーパーマリオ3Dワールド
  • ニンテンドーWiiU用スーパースマッシュブラザーズ

などになります。

Cemuエミュレーターを使用してニンテンドーWiiUゲームをプレイする

ChromebookでニンテンドーWiiUゲームをプレイするために必要なものを用意できたら次のステップは、Cemuエミュレーターの設定を行いプレイできるようにします。

次のコマンドを使用して、ChromebookにインストールされているCemuエミュレーターを起動することから始めます。 

wine cemu_1.21.1 / Cemu.exe

そうすることで、Chromebookでエミュレータが起動するはずです。

起動すると、インターフェースが非常に複雑であることがわかります。ただし、ここで心配する必要はありません。やがてCemuエミュレーターに慣れるとおもいます。 

Chromebookでアプリケーションを初めて起動すると、ウェルカムプロンプトが表示されます。これにより、Cemuでどのように機能するか、エミュレーターを使い始めるために何をすべきかを知ることができます。まず最初に、CemuでのニンテンドーWiiUゲーム体験を強化するのに役立ついくつかの作業を行います。ソフトウェアにより、「コミュニティグラフィックパック」をダウンロードするように求められます。 

これにより、スムーズで安定した操作性が保証され、エミュレーターは最大のパフォーマンスでゲームをプレイできます。

最適化されたグラフィックスは、エミュレーターを使用してレトロなタイトルを再生することの多くの利点の1つです。「コミュニティグラフィックパック」をクリックすると、ダウンロードを選択して続行するように求められます。この手順全体は長くはかかりません。

コミュニティグラフィックパックのダウンロード

コミュニティグラフィックパックのダウンロード

次のステップは、持っているニンテンドーWii U ROMをロードし、最終的にそれを再生することです。ゲームを開始する前、コントロールをカスタマイズすることも必要になります。

やはりコントローラーがある方が操作性に優れています。

ダウンロードしたすべてのROMは、Cemuエミュレーターに自動的に表示されます。それでも、たとえば、タイトルがインターフェース内に表示されない場合は、[参照]をクリックし、Chromebookのローカルストレージに移動してWiiUタイトルを選択できます。完了すると、ゲームの読み込みとプレイがまもなく開始されます。 

ニンテンドーWiiUROMをCemuエミュレーターにロードする

ニンテンドーWiiUROMをCemuエミュレーターにロードする

最初にコントロールを微調整する場合は、エミュレータの上部のツールバーを参照して、[コントロール]をクリックします。次に、画面上の設定に従って、好みに合ったものを選択できます。 

 

まとめ

任天堂WiiUは、タイトル数も多く、多くの人がその製品をたまにプレイしたくなることがあると思います。

ChromebookのユーザーはLinuxを介してChrome OSにインストールして任天堂WiiUゲームをプレイできるCemuと呼ばれるエミュレーターがあります。 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。