Chromebook:ChromebookでMuseScoreを使って作曲や楽譜作成

MuseScore1

Chromebookで楽譜の作成や作曲の作業をすることができます。

Chromebookに導入したLinuxを使ってMuseScoreを利用することができます。

MuseScore

楽譜を無料で作成、再生、印刷することができるMuseScore。

MuseScoreは、Windowsを始め、MacOSやLinuxでも利用することができるソフトで、多言語、オープンソースの楽譜作成ソフトウェアです。

使いやすいWYSIWYGエディターとオーディオスコアの再生機能を備えており、見た目も美しく楽譜を作成したり、演奏することもできます。

それぞれ最大4つのボイス、ダイナミクス、アーティキュレーション、歌詞、コード、リードシート表記、MIDIとMusicXMLのインポート/エクスポート、PDFとWAVへのエクスポート、およびオンラインスコア共有を備えた譜表をサポートします。

 

MuseScore1

MuseScoreのインストール

MuseScoreは、ChromebookのLinuxコンテナ内で実行されます。

インストール方法はビデオでも確認することができます。

Chromebook用のMuseScoreインストーラーをダウンロードする

(注:これは1回だけ実行する必要があります)
  1. 以下のリンクをクリックして、インストーラーをダウンロードします
    install-musescoreをダウンロードします。
  2. ダウンロードがすぐに開始されない場合は、[ダウンロード]ボタンをクリックします。
  3. 表示されるファイルダイアログで、「Linuxファイル」フォルダーに移動します。
  4. 「保存」をクリックします。

MuseScoreをインストールまたは更新する

  1. 実行するようにAppImageを構成します。chmod +xAppImageファイルに設定
  2. ./Musescoreパッケージファイル名を続けてAppImageを実行します
  3. 必要に応じて必要なライブラリをインストールする
  4. 毎回Linuxコマンドラインから実行されないようにAppImageをインストールします

 

Linux on Chromebookのおかげで、再生は正常に機能し、デジタル音楽の作曲のニーズに対応できるようになりました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。