Chromebook:ChromebookでCapsLockを有効にする方法

chromebook1 logo

ChromebookでCapsLockを有効にする方法

Caps Lock機能を定期的に使用しているChromebookユーザーにとって、GoogleとHPなどのパートナーメーカーは、ホットキーまたはキーボードショートカットを使用して簡単にアクティブ化できるようにしています。
この場合、キーボードの組み合わせは単純で「Everything+ Alt」になります。
また、Caps Lockをオフにする場合は、同じショートカットキーの組み合わせをもう一度押します。

Chromebookで常時CapsLockを有効にする

Caps Lockキーの使用が常時必要になる可能性のある場合がいくつかあります。
CapsLock機能に常時機能するようにするためには非常に簡単に設定することができます。
  1. Chromebookのホーム画面の右下隅にある時計の表示をクリックします。
  2. 新しいウィンドウ表示で歯車の形をした設定アイコンを見つけてクリックします。
  3. 左側のサイドバーから[デバイス]タブを開きます。
  4. 再マップ可能なキーの完全なリストをロードするには、[キーボード]を選択します。
  5. Everythingボタン」を見つけて、右側のドロップダウンを開き、コマンドオプションの完全なリストを表示します。

    ChromebookでCapsLockを有効にする方法

  6. ドロップダウンからCapsLockを見つけて選択します。
  7. Googleの全機能に戻すには、キーボード設定に戻り、ドロップダウンを[すべてのボタン]オプションにリセットします。
もちろん、ChromebookでCapsLockを有効にする方法として「Everythingボタン」以外のキーに設定する事もできます。
キーボードコマンドの再マッピングは、特にWindowsやその他のオペレーティングシステムの経験が豊富な場合に、Chromebookを使い始めるのに最適な方法です。
しかし、長期的には、すべてのボタンを最大限に使用しないことで、多くの追加機能を犠牲にすることになります。
新しいChromebookに慣れたら、ぜひ戻すことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。