Chromebook:クラウドストレージ Google Oneの有料プランについて

Google One

Googleアカウントを登録すると最初に15GBのストレージ容量を無料で利用することができます。

この無料でもらえる15GBもGmailを利用しているくらいなら十分なストレージ容量になります。

カレンダーなどを併用しても足りなくなることが、それほどありません。

しかし、Chromebookを使い初めて本格的に利用し始めるとデーターを保存することが多くなりストレージ容量に不安を覚えます。

GoogleではChromebookを利用する方に向けて初めてにお人を対象とした特典を用意しています。

Chromebook を購入すると、Googleからの特典としてグラフィックアプリや画像編集アプリ、Google One の100GBクラウド ストレージなどの特典を利用することができます。

クラウドストレージ Google One

Google One

Chromebook で利用できる  を 12 か月間無料で利用できます。

期間は申し込みを行ってから1年間になります。Google ドライブ、Gmail、などGoogleで利用するサービスに関係する共用のクラウド ストレージが100 GB まで利用することができます。

申し込むと100GBの中に無料分の15GBも含まれるので容量は100GBになります。

Chromebook で Google Oneを 12 か月間無料でお試し。

Google ドライブ、Gmail、Google フォト共用の大容量 100 GB クラウド ストレージですべてのファイルを保存できます。

Googleより抜粋

 

100 GB

365 日間の試用期間
無料試用期間が終了すると、請求が開始されます。2022/05/13以降は、解約されるまで 1 か月ごとに ¥250 の請求が自動的に発生します。 解約方法の詳細
  • Google Play の [定期購入] でいつでも解約できます
  • 2022/05/13までに解約された場合は、請求は発生しません
  • 試用期間が終わる 7 日前にお知らせします
為替変動や銀行手数料によって最終請求金額が変更される場合があります。
お支払いを更新するごとにポイントが貯まります。

 

1年間無料で利用することで、実際にはどれくらいのストレージ容量が必要になるのかがわかります。

写真や音楽ファイル、そして動画をアップしていると、容量はすぐなくなります。

しかし、それらのファイルが本当にクラウド上に必要かと考えると、そうではない場合が多いの個人で利用するなら100GBで十分な容量になります。

Google Oneの特典が終わる1年後には、サービスを辞めるか有料プランに移行するか検討する必要があり、例えばこのまま継続する場合は月額250円が必要になり、容量が足りないと思ったときは200GBで月額380円のプランもあります。

ある意味、Chromebookを利用しようと思った時に、Chromebookのスペックに関わらず今ではストレージ容量も大容量を搭載したものもあり、ファイルの保存だけを考えた場合は必要ないかもしれませんが、Chromebookのバックアップや、本来の利便性のためには、そしてGoogleのサービスを利用する上で個人的には最低でも100GBは必要になると考えています。

この容量は家族で共有することもできますのでChromebookを使っていない家族でも有効的に利用することができます。

写真をクラウド上に保存することは、大事な写真をなくさないためにも必要なことになります。

そのためのGoogleフォトは2021年の6月から容量に上限が設けられることになり、そういった用途に関してもGoogle Oneを購入するニーズは増えると思います。

Google Oneの有料プランは以下のようになります。

2TB以上もありますが、ほとんどの人は必要ないと思うので省略しています。

プラン 月額 年額
15GB 無料 無料
100GB 250円 2,500円
200GB 380円 3,800円
2TB 1,300円 13,000円

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。