【クロームブック/Chromebook】Chromebookは音楽制作に最適なパソコンか?

Chromebookで音楽作成

パソコンで音楽を作成や編集をするときにChromebookは最適なパソコンかということに関する答えなら、答えはNoになります。

それでは初心者向けの音楽制作に最適なパソコンとしてのChromebookであれば、答えは変わってきます。

音楽を作成する場合に、特に始めたばかりで非常に予算が限られている中で、他の機材もそろえる中でパソコンにかける金額は大きくなります。

予算にやさしいパソコンを探している方にとって、音楽制作にWindowsやMacと比較して価格が安いChromebookを使用できるなら、少ない予算で環境を整えることが可能になります。

Chromebookで音楽作成ができるのか考えてみたいと思います。

Chromebookを音楽制作に使用できますか?

Chromebookをミュージシャンや趣味で音楽作成用として使用することは可能です。

Chromebookは、他のWindowsやMacほどスペックが強力ではないことが多く、ChromeOSを搭載したChromebookで使用できる音楽ソフトウェアは、他のコンピュータオペレーティングシステムよりもはるかに少ないため、環境的には劣ります。

音楽制作用に関して、本来はそれほど高いスペックが必要なソフトはそれほど多くなく、基本スペックの低いChromebookでもソフトと環境が整えば初めての音楽作成用にパソコンを探している初心者や、機能的にそれほどスペックを求めていない方であればChromebookは、小規模のプロジェクトを録音して処理し、簡単に始めるのに最適です。

Chromebookを使用してゼロから「本格的な音楽作成」を考えている場合は、他のWindowsやMacを探すのが最適です。

Pro Tools、Logic Pro、Ableton、さらにはGarageBandなどの人気のある業界標準のソフトウェアは、ChromeOSでは利用できません。

代わりに、Chrome OSは、オンラインDAWを含むさまざまなオンラインソフトウェアを利用することができます。

Google Playストアでは、Androidアプリなどの代替ソフトウェアを提供しています。

これらのアプリの多くは無料で、ミュージシャンや音楽作成としての最も基本的なニーズに対応する幅広い機能を提供します。

例えば

 iReal Pro すべてのミュージシャンに欠かせない楽器

iReal Pro
このアプリはすべてのアレンジのニーズに対応します。曲全体をチャート化してアレンジしたり、自動バッキングトラックジェネレーターを使用して、曲に入力した特定のコード変更を聞くこともできます。

世界で最も用途の広いバーチャルバンドで練習し、あらゆるスタイル、テンポ、キーで精力的に伴奏して、アートをマスターすることができます。

何千ものコードチャートを利用すると、いつでも次のジャムセッションに備えることができます。

 iReal Proをみる

AmazingSlow Downer 練習に最適

これは音楽をコピーするための優れたツールであるため、ミュージシャンやプロデューサーにとって便利なツールになります。

曲をコピーしたいときに同じ曲を何度も聴いて新しい曲やテクニックを学びたいが、音楽の再生速度を少し遅くしたいのなら、「Amazing Slow Downer」がお勧めです。

ピッチを変更せずに、25%(元の速度の1/4)から200%(2倍の速度)の間で速度を変更することで、音楽の任意のセクションを繰り返したり、遅くしたり、さらには速度を上げたりすることができます。

チューニングまたは音楽キーを変更する場合も「Amazing Slow Downer」は同様に処理します。

再生中に「設定」ボタンをタッチして、シームレスループを設定します。

ファイルの最初の1/4までしか再生できないように制限されている無料版もあります。

AmazingSlow Downerをみる

Walk Band マルチトラックミュージック

Walk Band

Walk Bandは、ドラム、ベース、ギター、キーボードなど、すぐに録音できる仮想楽器を提供します。

The Walk Band –マルチトラックミュージックは、Android向けに最適化されたアプリであり、ドラムキット、マシン、ベース、ピアノ、ギター、シンセサイザーマルチトラックなどの魅力的な機能を備えた仮想音楽スタジオで、非常にリアルに聞こえ、究極のエンターテインメントを提供します。

これらの基本的な機能に加えて、Walk Bandは曲を作ることができる高度にカスタマイズされたアプリでもあります。

 

Beatlab– Chrome OS互換のDAW

Beatlab

「初心者向け」のインターフェースで音楽を作成できるだけでなく、オンラインで他の人と簡単に共有することもできます。

このアプリはAndroidアプリデモ提供されていますが、chrome ウェブストアにもあります。

「Beatlab」は、音楽を作成して友達と共有する最も簡単なツールになります。

音楽理論や楽器の知識を必要としないシンプルで表現力豊かなインターフェイスを使用して音楽を作成するので、ゼロから始めることも、他の人の音楽的アイデアをリミックスすることもできます。

完成したトラックを友達とプライベートに共有したり、世界中の人と共有して聴いたりリミックスしたりできます。または、トラックをMP3ファイルにダウンロードして、iPodに入れたり、着信音にしたりすることもできます。

 

Beatlabをみる

 

Soundtrapfor Education

Soundtrap for Education

ユーザーフレンドリーなオンラインDAWで、仮想楽器やループを使用して簡単に作成でき、ライブで録音することもできます。

多くのChromeOSソフトウェアはオンラインでしか利用できないため、このソフトウェアを使用するにはインターネット接続が必要です。

ソフトウェアシンセサイザーを使用したり、ボーカルやギターなどを録音したりして、オンラインで音楽を作成します。

Soundtrapは、Windows、Mac、Chromebook、Linux、Androidスマートフォン、タブレット、iPadなどのさまざまなデバイスからブラウザで直接アクセスできるデジタルオーディオワークステーション(DAW)です。

Soundtrap for Educationをみる

 

AudioTool

オーディオツール拡張

AudioToolは、並外れた音楽プレーヤー機能を備えたグーグルクローム拡張アプリケーションです。

このGoogleChromeアプリを使用すると、組み込みのシンセサイザー、ドラムマシン、エフェクトなどを使用してオンラインで音楽を制作できます。

さらに、このツールを使用して優れた音楽を作成し、ソーシャルサイトを介して友達と共有することもできます。

基本的には、Webブラウザ上にあるオンラインDAWツールです。

Audiotoolを使用すると、組み込みのシンセサイザー、ドラムマシン、エフェクト、サンプルを使用してオンラインで音楽を制作できます。

Audiotoolは、ブラウザに搭載された強力なオンラインDAWであり、作成したものを共有するためのパブリッシングプラットフォームが組み込まれています。

デバイスをデスクトップにドラッグして配置を構築し、仮想ケーブルで接続します。

  • すべてのデバイス設定をプリセットとして保存し、コミュニティと共有して、さまざまなデバイスに50.000を超えるプリセットを作成できます。
  • 拡大を続けるコミュニティフィードクラウドベースのサンプルライブラリにある380.000を超えるサンプルから選択してください。
  • さまざまなルーティングおよびミキシングツールを使用して、複雑なシグナルチェーンを構築します。

オーディオツールの機能:

Pulverisateur –モジュラーポリフォニックシンセサイザー– 3 OSC –オーディオ入力–フィルターユニット– LFOユニット–フィルターおよびアンプモジュレーター–17000以上のユーザー生成プリセット

ハイゼンベルグ– PMシンセサイザー– 4 OSC – 49種類の波形–モジュレーションマトリックス– 3エンベロープ–ピッチエンベロープ– 2 LFO –19000以上のユーザー生成プリセット

Machiniste –サンプルプレーヤー/ドラムマシン– 9つのサンプルスロット–各スロットの個別のフィルター–各スロットの個別のエンベロープ–組み込みのマトリックスシーケンサー–8000以上のユーザー生成プリセット

Audiotool Vintage Line

Beatbox 8&9 –クラシックなサウンドとコントロールを備えたビンテージリズムコンポーザー

Bassline –クラシックなサウンドとコントロールを備えたビンテージベースラインプレーヤー

オーディオツールエフェクト

–スプリッター–マージャー– 16Chミキサー/ 2AUXチャンネル/ 3バンドEQ– 4Chミニミキサー/ 1 AUXチャンネル–クロスフェーダー–オーディオトラック

シーケンサー

–オーディオ領域–ノート領域–自動化領域–パターン領域–選択可能な領域の色–インプレースオーディオ編集– MIDIファイルのインポート– Web MIDI APIサポート–グローバルシャッフル

コンピューターが処理できる数のデバイスをデスクトップに追加して、複雑な配置を構築できます。シーケンサーのタイムラインで自動化領域を使用することで、任意のデバイスのすべてのパラメーターを自動化できるため、使用するツールに制限されることなく、想像するものを自由に構築できます。

AudioToolをみる

AudioSauna

AudioSauna

‘AudioSaunaは、使いやすく簡単なユーザーインターフェイスを備えたフル機能のオーディオワークステーションです。

いくつかの高度なポリフォニックシンセサイザー、サンプラー、ライブエフェクトをブラウザーをリアルタイムに使用できます。

AudioSaunaは、クラウドでのオーディオ合成の品質を次のレベルに引き上げる2つのサウンドのシンセサイザーを備えています。

独自のエンジンアーキテクチャとDSP設計により、AudioSaunaのCPU使用率は最小限に抑えられ、性能の低いChromebookでも快適に操作することができます。

AudioSaunaを見る

Chromebookをより安全に便利に利用したいならVPNがおすすめな理由

 

Chromebookは値段も安価で動作も快適と作業用パソコンとしては、かなり優れておりますが利用している段階で気になる点が2点ございました。

 

Chromebookの不満点

  • ファイルのダウンロードがブロックされる。
  • HTTPサイトに接続できない

 

上記2点の問題点を解説します。

 

 

ファイルのダウンロードがブロックされる

 

作業中にサイトからファイルをダウンロードする際に上記のような【不正なファイルのためファイルをブロックしました】と頻繁に表示されます。

 

これがかなり面倒で明らかに危険なファイルではないはずの

PDF資料をまとめたZIP

仕事で使用するフリーツール

なども跳ねられることも頻繁で正直ストレスがたまります・・・

 

通常のWindowsパソコンやMACであればブロックされる頻度はかなり少ないですが、後で後述する理由が原因でChromebookの場合1日に何回もこのような事態が発生します。

 

 

HTTPサイトに接続されない

 

また【HTTPサイトにアクセスしても表示されない】問題もあります。

インターネット上でWebページを閲覧するとき、URLの上部に「http」や「https」で始まっていますがデータが暗号化されていないhttp」の場合自動的にブロックされてしまいます。

 

↑上の画像のようにHTTPの場合はセキュリティ警告が表示

 

最近では「https」に移行しているサイトも増えてはいますが、まだまだ「http」サイトが多い現状で仕事上情報を集めたい際に苦労しています。

 

 

上記の2点の問題を解決する方法を調べた結果【VPN】を適応することで解決致しました!

 

 

なぜChromebookにVPNが必要なのか???

 

 

なぜ上記のような問題がVPNで解決するのか?

「実はChromebookで標準で搭載されているセキュリティが強固すぎる+セキュリティ機能をオフができないため回避するにはWEB通信時のネット回線を変更する」

必要があることが判明!!!

 

https://www.cman.jp/network/term/vpn/

通常であればセキュリティソフトなどを手動でインストールを行い、問題がある場合は一時的にオフするなどで[ブロック問題]を解決できるのだが、Chromebookはデフォルトでセキュリティソフトが搭載されているような物なので外すことが出来ない

そこで活躍するのがVPN!!!

 

 

VPNとは??

Virtual Private Network」の略。
簡単に言うと仮想の「専用回線」を使って、インターネットを利用することができます。
IPアドレスを自由に変更することができるので匿名性が向上します。

無料のサービスもありますが、回線品質が悪く速度が遅い問題があります。
そのため、回線品質が良い「NordVPN」等が人気です。

 

↑こんな感じで各国にあるサーバーをワンクリックで使用できるので匿名性は抜群!

 

VPNを使うとChromebook経由の回線ではないという扱いになるため上記のような理不尽なブロック祭りから開放されるというわけだ!!!

 

 

VPNを利用することで得られるその他のメリット!!

 

更にVPNはもともとセキュリティ強化のためのツールなので様々な利点あり。

 

VPN利用時のメリット

  • 個人情報の流出阻止の強化
  • 海外サーバに繋げて外国在住の限定の動画視聴
  • 海外のゲームを格安で購入できる
  • 通信が高速化する

 

など仕事でもプライベートでも役に立つ機能が多く、Chromebookを快適かつ安全に使用したいのであれば割と導入必須のツールといっても過言ではありません。

 

 

ChromebookにおすすめVPNはNORDVPN!

 

といってもVPN会社は日本・海外含めると何百社も存在しており、正直どのような基準でVPNを選べばいいか悩ましいと思っている方も多いのではないでしょうか??

 

個人的に色々試した結果絶対選んではいけないVPNの条件は以下の3項目

 

完全無料を謳うVPN

他社が有料で展開しているサービスが無料で提供できるはずがない。たいてい利用者の個人情報を盗み出して売買しているケースが多数(一部研究目的など例外あり)

 

日本で運営しているVPN

VPNは海外に多数のサーバーを持つことで安定性が増す。日本運営のVPNはサーバー数が非常に少なく速度が遅いなど実用性に乏しい

 

運営歴が浅すぎるVPN

運営歴が短いVPNは個人情報をハッキングされ情報流出などの危険性が高い。長年運営を行い目立った不祥事を起こしていない会社が望ましい

 

この3項目に一つでも該当するものがあるVPNは地雷確定なのでおすすめしません(立証済み)

 

 

 

以上の条件に当てはまらない中でおすすめなのが【NordVPN

 

NORDVPNの利点

ダウンロード・操作履歴が残らない

料金が安い・返金制度

 

 

ダウンロード・操作履歴が残らない

 

NordVPNは【サーバー上に利用ログ・履歴が保持されない】仕様になっている。

やましいことしていないなら保存されていても特に問題ないのでは??と思いがちですが通常のVPNはサーバー利用の履歴などが保存されるのでもし本体サーバーにハッキングされたら個人情報が流出する危険性があります。

実際にVPN会社本元のサーバーがハッキングされて個人情報が流出したことも・・・

 

ただNordVPNに関してはそもそも個人情報を残さないので仮にハッキングされたとしても警察や政府・ハッカーに個人履歴が渡ることがないです。

 

 

一月分無料お試しでどんな理由でも100%返金保証付き!!

 

また月額に掛かる料金は高品質であるにも関わらず低価格なのも嬉しいところ。

有名VPNのExpressVPNは最安で$8.32(約900円)なのに比べ、NordVPNは約495円と半値近く違うので毎月のコストが掛かりません

 

1ヶ月プラン 6ヶ月プラン 1年プラン 2年プラン
ExpressVPN 月額1500円 $月額1000円 月額900円
NordVPN 月額1434円 月額590円 月額495円

 

更に【契約期間30日なら100%保証の制度】付きなので気に入らなかったり、自分の環境ではうまく動作しないなどどのような理由でも返金保証が適応されるので安心!!

 

⇒30日間無料のNordVPNををお試ししたい方はこちらから!!

 

 

まとめ

Chromebookでの音楽制作で注意すべきポイントは、外部の楽器、マイク、コントローラーとの互換性です。

残念ながら、パソコンにソフトウェアまたはドライバーをインストールする必要のあるMIDI機器は、今のところChromeOSと互換性がありません。

USB接続ではないマイクも、Chromebookでは機能しません。

そのため、プロダクションでマイク、MIDIキーボード、またはその他の外部楽器を使用している場合は、他のドライバーやソフトウェアを必要としない直接USB接続の方法を選択する必要があります。

 

また先程紹介したNordVPNを利用することで【Chromebookの煩わしい仕様回避+セキュリティ強化】にもつながるので気になった方は導入してみてはいかがでしょうか??

金額的にもセキュリティソフトよりも安く、気に入らなければ返金保証ありといたせりつくせりの内容なのでおすすめです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。