Chromebook:Chrome OS、Linux、macOS、またはWindows:ノートパソコンに対する各OSのメリット8

Chromebook:Windows11とChromeOS:類似点、相違点、メインになるOSは?1

持ち運びができるノートパソコンで実行するオペレーティングシステム(OS)は何種類かあります。

一昔前はWindowsかMacOSが選択肢の殆どを締めていたと思います。

今はLinuxやChromeOSも増えて選択肢が増えています。

今回は利用可能な選択肢のいくつかの重要なメリットを記載します。

 

ノートパソコンは、携帯性や場所を選ばすに使用することができるため、デスクトップよりもはるかに柔軟な使い方ができます。

特にモバイルノートパソコンを使用すると、家でもオフィスでも、学校でも旅行先でも同じ環境で作業することができます。

仕事柄、海外出張が新型コロナウイルスの感染が拡大するまでは多かったので、モバイルパソコンの用途は主に出張先での利用になり、自宅ではデスクトップパソコンを理想しますが、その他ではモバイルパソコンの利用が多くなっています。

2年ほど前まではWinodwsかMacOSのモバイルパソコンを出張に持っていくことが多かったのですが、今後の出張ではその他の選択をする可能性が高いと思います。

そこで出張などに最適なオペレーティングシステムについて考えてみたいと思います。

オープンソースを少し支持しているので、「Linux!」と言いたいのですが、熟考すればするほど、すべてのオペレーティングシステムにノートパソコン用の長所があることに気づきます。

重要な要素は、どのOSがニーズに最も適しているかです。

そのために、モバイルパソコンの用途で使用するための各オペレーティングシステムの利点を考えてみたいと思います。

ノートパソコンでChromeOSを使用するメリット

Lenovo Duet 5

世界中に展開されている何百万ものChromebookに供給しているGoogleのオペレーティングシステムから考えます。

このオペレーティングシステムがもつ最大の利点の1つは、そのシンプルさです。

Chrome OSは、非常にわかりやすく単純なOSになります。

これは仕様によるもので、デザインはかなりシンプルです。

誰でもChromeOSをほとんど労力をかけずに利用することが可能です。

しかし、ChromeOSのメリットはシンプルさだけではありません。

このOSは、起動も非常に高速です。開始からログインまで、ラップトップ用のより高速なオペレーティングシステムは見つかりません。

そして、速度は起動プロセスで終わらない。Chrome OSは、ウェブページをすばやくレンダリングし、ウェブアプリを瞬時に開き、AndroidアプリとLinuxアプリをほぼ問題のない速度で実行します。

海外出張で考えたときでも、バッテリーの駆動時間の長さは非常にメリットを感じます。

12時間位のフライトでも、空港で満充電にしていると着陸まで十分に使用することができます。

もう一つ重要な点は出張先でシステムがおかしくなったときでもChromeOSは簡単に初期化が可能で、元の使用環境に戻ることが可能なことです。

オンラインでのリカバリーが可能なMacOSなど他のOSでもソフトなどは別にインストールする必要があり、パッケージソフトなどはインストールすることができず、元の状態に戻すにはバックアップを利用しても手間がかかります。

また回線速度などの問題もあり、高速ならいいのですが場所によっては非常に低速な通信環境もあります。

そういったときにオンラインでもインストールはむずかしいと思います。

あとはノート型パソコン、タブレットとして利用できるので、それぞれのデバイスを携帯する必要がなく荷物がすっきりする利点もあります。

主な利点:

  • スピード
  • シンプルさ
  • バッテリーの駆動時間

ノートパソコンでLinuxを使用するメリット

Ubuntu Linux

Linuxの最大の利点の1つは、柔軟性にあります。

Linuxを使用するには、ある程度の知識が必要となりますが、環境を構築することで希望どおりに作業できるようになります。

インターフェイスが気に入らない場合は別のものに変更することも可能です。

GNOMEやKDE、Ubuntuなど何百もの利用可能なディストリビューションのいずれかを使用することができます。

Linuxは手間はかかりますが、自由度は非常に高く縛られることはありません。

ラップトップでLinuxを使用する利点は、柔軟性だけではありません。

他のオペレーティングシステムとは異なり、Linuxは、最先端ではないハードウェアで非常に優れたパフォーマンスを発揮します。

Linuxはもちろん最新のハードウェアでも非常にうまく動作しますが、古いノートパソコンでも同じように動作します。

言い換えれば、Windows 11の対象とはならないスペックのパソコンを、Linuxなら快適にスムーズに利用することができます。

その柔軟性に加えて、Linuxは信頼性があります。

Linuxは安定して動作します。利用していてもWindowsのように遅くなることも少なく、アップグレードによって動かなくなったり、貴重なデーターが失われたりすることはありません。

Linuxオペレーティングシステムで問題が発生することはめったにありません。

ラップトップ上のLinuxのもう1つの利点は、無料であるということです。

オペレーティングシステムを使用するためにライセンスを支払う必要はありません。また、選択したディストリビューションに含まれているアプリストアからインストールできる無料のアプリが何千もあります。

最後に出張などの旅行に関してのLinuxに関する利点として、Linuxは他のオペレーションシステムよりもはるかに安全です。

また、旅行しているときに、セキュリティが疑わしいワイヤレスネットワークに接続する場合(空港やホテル、公共のネットなど)、安全なオペレーティングシステムを使用すると、データを保護して、流出を防ぐことができます。

主な利点:

  • 柔軟性
  • 信頼性
  • 費用対効果
  • 安全

ノートパソコンでmacOSを使用するメリット

Macbook Pro

ノートパソコンでのmacOSの最大の利点は、それがiPhoneやiPadと密接に機能することです。

macOSの相互運用性は、他のオペレーションシステムと比較しても最高のものです。

macOSだけで考えても、ハードウェア/ソフトウェアの統合はすべてが機能するだけでなく、すべてのものが期待どおりに機能することを体験することができます。

ラップトップ上のMacOSは、これまでに使用したことのない最も洗練されたオペレーティングシステムの1つでもあります。

インターフェイスのすべての要素は適切に設計されており、作成されていますのでMacOSのこのシームレスさは、信じられないほどの信頼性をもたらします。

Linuxと同様に、macOSは非常に安全です。

Linuxと同じレベルにはしませんが、確かにWindowsとChrome OSを上回っています(Chrome OSの唯一の欠点はChromeブラウザーです)。

MacOSは信頼性においてもLinuxに匹敵します。MacOSは彼らが来るのと同じくらい堅実です。

出張に関する事を考えてもMacBook ProでもMacBook Airでも、そして今は販売されていませんがMacBookの12インチモデルにしてもバッテリー駆動時間や携帯性を考えても全く問題なく利用することができます。

主な利点:

  • シームレスな相互運用性/統合
  • 優雅
  • 信頼性
  • 安全

ノートパソコンでWindowsを使用するメリット

Windowsの最大の利点は最大の市場シェアになります。

Windowsは普及しているので、ほとんどのノートパソコンで動作を保証されています。

これはまた、利用可能なソフトウェアがたくさんあることでもあります。

パッケージソフトやフリーソフトも種類が多く、必要に応じてWindowsには最適なアプリがあります。

同じように、周辺機器(Bluetoothヘッドフォン、プリンター、スキャナー、マイクなど)を購入した場合は、Windowsで動作する物がほとんどです。  

Windowsは最もなれているOSという方も多いと思います。

ほとんどの人は、Windowsを使用したことがあります。

出張などに関して、Windowsのノートパソコンは他のOSを搭載しているMacやChromebookと比較してバッテリー駆動時間の短い機種が多いように感じます。

USB-C端子ではなく、専用のACアダプターを使用する機種も多く、充電などに関してモバイルバッテリーから充電するようなことは難しいと思います。

旅先でシステムがおかしくなった時に初期化することを考えてもリカバリー領域がSSDやHDDにあれば楽ですが、そうでない場合には他のパソコンがないとシステムをインストールすることもできません。

Steamなどでゲームをすることを考えたときにはWindows対応が多いので、OSはWindowsになると思います。

主な利点:

  • 使いやすさ
  • よくサポートされています
  • どこでも周辺機器やアクセサリが販売されています。

まとめ

もちろん、どのOSが最もいいのかは人によります。

Linux、macOS、およびWindowsはすべて、適切に設計されたアプリストアのおかげで、ソフトウェアのインストールを非常に簡単にすることができます。

Chrome OSでも、ChromeウェブストアやGooglePlayからアプリをインストールすることができます。

結局、これらのオペレーティングシステムに関しては、どのOSが最適かは、ニーズに対する最適なメリットの組み合わせによって決定されます。

今の現状で、海外出張の際に荷物を減らしたいと考えているなら、Chromebookは最も有力な候補になると思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。