Chromebook:ChromebookにLinuxアプリをインストールする方法

Linux

ChromebookにLinuxアプリケーションをインストールする際の一般的な方法を記載します。

Googleは、Linuxアプリケーションのインストールが可能になることでChromebookの可能性を広げました

ChromebookでLinux

Linuxの導入でChromebookが、はるかに優れた柔軟性のあるパソコンになりました。

Linuxの導入の導入により、完全に機能するオフィスソフト、強力な画像処理ソフト、管理ツールなどをインストールすることができます。 

Chrome OSにLinuxアプリをインストールする際の唯一の注意点は、機能を有効にするだけでなく、その過程で役立つGUIがないことです。

ChromebookにLinuxアプリをインストールできるようにしてから、アプリをインストールする手順を説明します。

その前に、ChromebookでLinuxを使えるようにします。

ChromebookにLinuxアプリケーションをインストールするために必要なものは次のとおりです。

Linux

 

ChromeOSにLinuxソフトウェアをインストールする方法

Linuxで多くの作業を行う目的でLinuxソフトウェアをChromeOSにインストールするには、コマンドラインからインストールを行います。

コマンドはDebian / Ubuntuから直接出ており、次のようになります。

sudo apt-get install APPLICATION -y

ここで、「APPLICATION」は、インストールするアプリの名前になります。 

ただし、それを行う前に、まず次のコマンドでaptを更新する必要があります。

sudo apt-get update

アップデートが完了したら、ソフトウェアをインストールできます。たとえば、画像処理ソフトのGIMPをインストールするとします。

そのためには、次のコマンドを入力します。

sudo apt-get install gimp -y

GIMPがインストールされ、Chrome OSデスクトップメニューで実行できるようになります

LinuxアプリケーションをChromeOSにインストールするときはいつでも、ターミナルウィンドウからインストールできます。

そのターミナルアプリをChromeOSシェルフに固定することも、Linuxアプリフォルダー内からいつでもターミナルを開くこともできます。

現時点では、どのGUIにもLinuxアプリのインストールに対する組み込みのサポートがないため、LinuxのターミナルアプリはChromeOSシェルフに固定することをお勧めします。 

また、Linuxアプリケーションを削除する機会が生じた場合、コマンドは次のとおりです。

sudo apt-get remove APPLICATION -y

ここで、APPLICATIONは、削除するアプリケーションの名前です。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。