Chromebook:ChromebookにCollaboraOfficeをインストールする方法

Collabora Office

ChromebookでインストールしてOfficeソフトを利用したいときは、CollaboraOfficeがお勧めです。

Chromebookで動作するOfficeソフトはオフラインでも動作するようにGoogleドキュメントやLinux上でのLibreOfficeやAndroidアプリではMS-Officeの代替としてOnlyOfficeや今回紹介するCollaboraOfficeなどがあります。

Googleドキュメント
onlyoffice-chromebook

CollaboraOfficeはAndroidアプリになりますが、Androidアプリには他にもOfficeソフトがあります。

その中でCollaboraOfficeを紹介するのは、LinuxのLibreOfficeと互換性が高く連携性が非常によく、LibreOfficeのホームページでも紹介されています。

Collabora Office Suiteのおかげで、Chromebookユーザーは、オフラインでも機能するOfficeソフトを使用することができます。

ChromebookにCollaboraをインストールする方法について説明します。

ChromebookにCollaboraOfficeをインストールするために必要なもの

Collabora Officeをインストールするために必要なのは、GooglePlayストアからのアプリケーションのインストールをサポートするChromebookだけです。

数年前にAndroidアプリのサポートがChromeOSに追加されたことを考えると、現在動作しているChromebookの大部分がサポートしている可能性はかなり高いです。

CollaboraOfficeのインストール方法

Google Playストアを起動して、検索をクリックして、Collaboraと入力します。

ChromebookにCollaboraOfficeをインストールする方法

Collabora Officeエントリが表示されたら、[インストール]をクリックします。

インストールが完了するまで待ってから、[開く]をクリックしてCollabora Officeを開くか、GooglePlayストアを閉じてChromebookアプリメニューから[collabora]と入力して表示されるエントリをクリックしてCollaboraOfficeを開きます。

Collabora Officeを初めて開くときは、写真、メディア、およびファイルにアクセスするためのアクセス許可を付与する必要があります。

 

CollaboraOfficeの使用方法

Collabora Officeを開くと、何もないウィンドウのように見えます(図A)。

図A

CollaboraOfficeの使用方法

一見するとドキュメント作成ボタンがありません。

中央下の[+]ボタンが表示されていますので、それをクリックします。

ドキュメント作成ボタンをクリックしてから、[新規表計算ドキュメント]、[新規プレゼンテーション]、または[新規文書ドキュメント]のいずれかを選択します(図B)。

図B

CollaboraOfficeの使用方法

 

CollaboraOfficeについて

 「Collabora Office」

「Collabora Office」は、「LibreOffice」をベースに開発されたモバイル向けのオフィスアプリになり、「LibreOffice」との互換性は非常に高いのが特徴になります。

Androidアプリなので動作も早く、全画面にも対応するようになったのでChromebookでの使いやすさも非常に良くなっています。

ただし、動作の安定さや日本語への対応では問題があり、現状日本語での入力ができません。

日本語の表示自体は文字バケも起こさずに、表示できるのと数字の編集などは問題なく出来ますが、今後に日本語の対応を待つことになります。

現状では「LibreOffice」のビューワーとしての使い方や、簡単な編集などの用途が多くなると思います。

「Collabora Office」自体がAndroidアプリをリリースしたのは、其れほど前のことではありませんので、もう少し時間がかかると思います。

もちろん外出先でMicrosoft Office、Google DocsなどLibreOfficeのドキュメント以外のファイルも編集、閲覧することが出来ます。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。