Chromebook:ChromebookでPDFファイルを操作する方法

chromebook1 logo

ツールを使用してChromebookのPDFからテキストを作成、注釈付け、抽出する方法を記載します。

Chromebookを使っている場合に、PDFを見たり、作製する機会は多いと思います。

Chromebookを使用してPDFからテキストを作成、注釈付け、抽出するには、以下の手順で行う事ができます。

すべて無料のGoogleアプリとツールを使用します。

追加のPDF編集機能が必要な場合は、以下で説明するサードパーティのアプリを調べることもできます。

Chromebookで保存または印刷を使用してPDFを作成する方法

Googleドキュメント、スプレッドシート、スライド、または図面内で編集する場合は、[ファイル]、[ダウンロード]の順に選択します。

ダウンロード| PDFドキュメント(.pdf)を選択(図A)。

図A

ChromebookでPDFファイルを操作する方法

ファイルを使用して多くのGoogleアプリからPDFを作成する| ダウンロード| PDFドキュメントメニュー。

または、Googleドキュメント、スプレッドシート、スライド、または図面ファイルからPDFを作成することもできます。ファイル|メニューから印刷| 次に、送信先の項目を[PDFに保存]を選択します。

図B)。WebページからCtrl + Pを押すと、このオプションも表示されます。ファイル| 印刷方法では、PDFファイルを保存する場所を選択できます。

図B

ChromebookでPDFファイルを操作する方法.png

ファイル|を使用してWebページまたはGoogleアプリからPDFを作成します。印刷設定。

これにより、PDFファイルを保存する場所も選択できます。

これらのことはWindowsを使用していても、同じような内容なので非常に簡単です。

 

ファイルアプリからPDFを開いて注釈を付ける方法

ファイルアプリからChromebookのPDFに注釈を付けることができます(図C)。

Chromebookに標準搭載されているファイルアプリを起動します。

ファイルアプリの左側のメニューから、マイファイル(デバイスに保存されているアイテム)またはGoogleドライブファイル(Googleドライブに保存されているアイテム)を参照できます。

編集するPDFに移動し、クリックまたはタップして選択します。

[開く](ファイルのリストの上)を選択し、[表示(デフォルト)]を選択します(図D)。これにより、PDFが新しいブラウザタブで開いて表示されます。

図D

ファイルアプリからPDFを開いて注釈を付ける方法

ChromebookのファイルアプリからPDFを選択し、[表示]を選択します。これにより、PDFに対して注釈を含む編集をするためにPDFが開きます。

表示モードから注釈モードに切り替えるには、右上隅にあるペンアイコンを選択します(図E)。

これにより、ペン、蛍光ペン、消しゴム、元に戻すボタン、やり直しボタンの5つのアイコンが付いたメニューが表示されます。

ペンと蛍光ペンのオプションを使用すると、色と線幅を調整できます。

オフラインでアクセスできるすべてのファイルに対して、ファイルアプリから上記のPDF注釈ツールを使用することもできます。

図E

ファイルアプリからPDFを開いて注釈を付ける方法

PDF注釈ツールにアクセスするには、右上のペンアイコンを選択します。

テキストにアクセスするためにGoogleドキュメントでPDFを開く方法

Googleドライブに保存されているPDFをGoogleドキュメントで開くと、システムはPDFをGoogleドキュメントの画像とテキストに変換します。

  1. Chromeで、drive.google.comにアクセスします。
  2. マイドライブまたは共有ドライブのいずれかでアクセスするPDFファイルに移動します。
  3. ファイルを1回クリックまたはタップして選択し、3つの縦ドットメニューを選択していくつかのオプションを表示します。または、ファイルを右クリックします。
  4. [プログラムから開く]を選択してから、[Googleドキュメント]を選択します。システムはGoogleドキュメントでPDFを開きます。

PDFに複雑な画像やレイアウトが含まれている場合、必ずしも正確に表示されない場合があります。ただし、記事や本など、主にテキストであるPDFファイルは、含まれているテキストへの修正や注釈が可能になります。

その他のChromebookPDF編集オプション

KamiやAdobeAcrobatなどのサードパーティ製アプリは、Chromebookを使用するユーザーにさらに強力なPDF編集機能を提供します。

より高度なPDF編集については、Kami(WebおよびChromeアプリ)またはAdobe Acrobat(Androidアプリ)のいずれかがお勧めです。

KamiとAcrobatの両方のサポートはオフラインで機能します。

オフライン(およびオンライン)で作業する必要がある人は、PDFの分割およびマージ機能に加えて、マークアップ、コメント、テキスト、数式、およびシェイプツールを含むKamiがあります。

Kamiは無料の基本プラン、プロフェッショナルプランなどの法曹でよく使用される機能を含むプランを提供しています 。

AndroidアプリをサポートするChromebookを使用している人は、Adobe Acrobat アプリを検討でき ます。

アップグレード(月額有料プラン)で編集機能が追加されますが、多くの機能が無料で利用できます。

Acrobatは、AdobeのCreativeCloud サブスクリプションサービスの一部としても利用することができます 。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。