Chromebook:アマゾンのブラックフライデーセール 

Lenovo Duet 5
7日間の限定セール。毎日ビッグサプライズセール登場。最大10,000ポイントまで還元。人気商品がブラックフライデーでお買い得。人気商品がお買い得。
ブラックフライデーセールやサイバーマンデーセールはアメリカで行われているセールで11月の第4木曜日に「感謝祭」と呼ばれる祝日があり、その翌日の金曜日からクリスマスセールが開催されます。
アメリカでも最も大きなセールで販売店などが黒字になることからブラックフライデーと言わるようになったと言うことです。

アメリカのブラックフライデーでBEST BUYの様子

2年ほど前になりますが、たまたまアメリに行っている期間にブラックフライデーになりましたので、家電量販店のBEST BUYに行ってきました。
アメリカで唯一の家電量販店としていまだ健在なBEST BUYは普段いつ行っても店内は閑散としていて来客人数より店員が多く、話しかけられなければ落ち着いて商品を見ることができます。
しかし、ブラックフライデーになると、まるで日本の家電量販店にいるような感覚になります。
このときは深夜便で帰国のため、フライトまで時間が余りブラックフライデーなので様子を見に行きました。
夜の8時くらいなのに駐車場には空きがなく、駐車する場所が空くのを待っている車もいるほどです。
店舗の入り口の前にはパトカーが駐車していて、出入り口には警備員ではなく拳銃を持った警官が2人いて、営業が終わるまでそこにいるようです。
入り口近くの駐車スペースではBEST BUYの従業員ではないような人が、大量のソーセージや肉のバーベキューをしていて、販売するでもなく、ただ焼いていました。
s_IMG_20181122_183505.jpg
店内の通路部分は普段は商品を陳列していませんが、この日は所狭しと陳列されて店の混雑に拍車をかけています。
s_IMG_20181122_183542.jpg
店内の導線から考えると、最も良い場所に箱済みされているのがChromebookになります。
価格は$99ドルで、見ていると次から次へと箱を持ってカートに入れていきます。
その他にも$129ドルや$149ドルの商品が山積みにされて、昔のパソコン専門店のようです。

ブラックフライデーの目玉になるのはChromebookが多く、今年のブラックフライデーセールをWebで確認しても、格安でChromebookが販売されているようです。

もともと、アメリカと日本ではChromebookの価格差がかなりあり、普段でも割安感がありますが、ブラックフライデーセールやサイバーマンデーセールの時に日本では考えられない価格で販売しています。

これが見た感じですが数量限定などではなく、次々に補充されていきます。

 

s_IMG_20181122_183559.jpg
s_IMG_20181122_183706.jpg
Windowsの本体もセール対象商品になります。
特価品ではありませんが展示されている 7月11日、マイクロソフトの発表会でお披露目された「Surface Go」は、通常の金額よりも$50ドルが値引きされて
s_IMG_20181122_184126.jpg
Officeは入っていないようですが日本円にして約38,000円程度。
その他にも様々なパソコンがセール商品として販売されていて
s_IMG_20181122_183927.jpg
などと、性能と比較しても格安で販売されています。
ただ、ブラックフライデーの商品の中で注目の商品はパソコンなどよりもテレビに注目が集まっていました。
来店される方の多くは店を出るときには大きなテレビの箱をカートに載せて駐車している車まで持っていきます。
テレビの価格はメーカーと大きさによって違いますが
s_IMG_20181122_184433.jpg
安いテレビでは43インチ以上で日本で約30,000円程度から
s_IMG_20181122_184447.jpg
60インチを超えるテレビでも日本円で60,000円くらいから販売しています。
ほとんどの人がテレビを持っていないのかと思うほどの勢いで売れていきます。
この状態は9時になっても衰えることなく続いていきます。
出発の時間がありますので、最後まで見ることなく空港に出発しました。
日本と同じように、セール商品がeBayなどに出品されるかはわかりませんがアメリカ最大のセールは価格も魅力的でした。
今回は家電量販店だけでしたが、来年に新型コロナウィルスの関係で渡航のハードルが下がったら違う販売店にも行ってみようかと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です