Chromebook:Chromebookが依然としてノートパソコンの最良の選択肢である理由

Windows11がリリースされて、実際にインストールして使ってみた印象はChromeOSを意識して作られたOSになると感じました。

Windows11は本来3年前に発売されたパソコンでもサポートされない機種があり、Windows10からアップグレードをすることはできない事があります。

それ以前のパソコンに関していハードウェアをサポートしません。

Intel第6世代Skylake以前のCPUとZenAMD以外のプロセッサを搭載したマシンは、Windows11の要件を満たしません。

Microsoftによると、これらのプロセッサは「Windows11のセキュリティと信頼性および最小システム要件に関する原則」を満たしていないと言うことでWindows11にはIntel第8世代のCoffeeLakeまたはZen2CPUが必要になると発表しました。

Windows11をインストール

Windows11に関して第7世代プロセッサーは基本的に対応していません。

例えば、PanasonicのCF-SZ6やCF-RZ6、CF-XZ6などに関してはサポート外の機種になり、インストール診断を行うとCPUが対象外と表示されます。

Windows11がサポートするものとサポートしないものをめぐって混乱があります。

コンピューターが約3年前のものである場合、Windows 11を実行するには、新しいマシンを購入する必要があります。

アップグレードはできませんがUSBからWindows11をクリーンインストールすると、それ以前の機種でも動作します。

例えば同じくPanasonicのCF-RZ4の基本性能は

CPU:Intel Core M-5Y71 1.2GHz
メモリー:4GB
ストレージ:SSD256GB

CF-RZ4 Windows11

といった低スペックですが、Windows11が問題なく動作しています。

本来Windows11は非常に軽量で動作が速いため、低スペックのパソコンでもChromeOS同様に動作すると思います。

しかし、マイクロソフトはセキュリティーに対応できないからと古いパソコンにWindows11をインストールすることを認めていません。

Chromebookがお勧めな点

これは、Chromebookを通常使うモバイルデバイスと見なす絶好の機会であることを意味します。

日本に限らず世界中でWindowsを使っているユーザーは非常に多くLinuxなどの代替OSを記号も検討するようになっていますが、実際にパソコンを使う際には、ほとんどの人がオペレーティングシステムに特定の要件を必要としており、ソフトや周辺機器などの関係で他のOSに移行する事の障害となっていました。

今ではクラウドとWebブラウザー上で業務用の作業も含めて対応することが出来るようになってきたためLinuxがこれらのニーズを満たすことができると確信していますが、Chrome OSが平均的なユーザーの要件を満たし、それを超えることができると思っています。。

アメリカの調査期間の内容では、2020年第1四半期には、合計319万8千台のChromebookが出荷されました。

2021年の第1四半期には、1,1979万台が出荷されました。

これは、1年間で275%という驚異的な成長です。

世界のOS市場シェアは次のようになります。

  • Android-41.42%
  • Windows-30.86%
  • iOS-16.1%
  • macOS-6.65%
  • Linux 1.01%

アメリカ市場では次のようになります。

  • iOS-29.72%
  • Windows-29.15%
  • Android-21.28%
  • macOS-13.25%
  • Chrome OS-3.66%
  • Linux-1.13%

一見すると、ChromeOSはまったく競合していないと結論付けることができます。

しかし、これを全体として見ると、今までとは大きく異なっていることがわかります。

グローバル市場と米国市場の両方で、AndroidやiOSといったモバイルオペレーティングシステムがチャートのトップに立っています。

言い換えれば、モバイルが全体の半分以上を占めています。

Chrome OSはほとんど登録されていませんが、前に述べたようにWindows11がリリースされると、現在の多くのハードウェアがサポートされなくなります。

つまり、今までWindowsを利用していたユーザーにはいくつかの選択肢があります。

  • サポートが終了するまでWindows10を使い続ける。
  • Windows11をサポートする新しいコンピューターを購入する
  • 別の安価なオプション(Chromebookなど)に移行する

その最後の点は非常に重要です。

今、使っているパソコンがWindows11に対応していないからという理由でWindows11に対応したパソコンを新しく買い換える必要のあるユーザーがそれほどいるとは思えません。

新型コロナウィルスの感染拡大から先行きに不透明感がある状態での出費は抑えたいと考える人も多いと思います。

現状ではWindows10を使い続けるか、安価なChromebookに買い換える選択が多くなり、中古のChromebookであれば、更に安価に購入する事ができます。

Chromebookの利点はコストだけではありません

もちろん、Chromebookを購入する理由は安さだけではありません。

Windows10は2025年10月14日までサポートされています。

それはこれからの事を考えても十分に時間があります。

Chromebookをお勧めする理由は

  1. Chrome OSは、「単なるブラウザ」以上のものになりました。 

    AndroidアプリだけではなくLinuxを使ってLinuxのソフト利用することが可能で、Androidデバイスとより簡単に追加機能を楽しむことができます。

  2. インターネット接続はどこにでもあります。 

    インターネットに接続できない環境というのは今ではほとんど考えられない状況です。
    また、スマートフォンを経由したデザリングも十分な速度を維持しているので外出先でもオンラインを維持することはできます。
    しかも、ChromeOSはオフラインで動作できます。

現在、古い低スペックなChromebookとハイスペックなChromebookを2台使用しています。

それぞれでAndroidアプリとLinuxアプリの両方を実行しているため、使いやすさが向上しています。

これらのChromebookを使用すると、個人的にはビデオ編集を除いて、ほぼすべてのことができます。

コストについての一例です。

ASUSから販売されているノート型パソコンでWindowsおよびChromeOS向けの価格になります。

全体を考えるとWindowsパソコンと比較してChromebookは半額以下の価格で販売されています。

 

まとめ

Chromebookはお勧めです。

手間のかからないChromeOSは非常に高速に実行され、Windowsを悩ますマルウェアやその他の厄介な問題を回避できます。

確かにChromebookは万人向けではありません。

ただし、徐々にWebブラウザーで作業を行って完結するユーザーにとっては機能的に不足を感じることはないと思います。

非常に多くの人が、Chrome OSが最初に市場に出たときはおもちゃに過ぎないと思っていましたが、その後の機能追加や環境の変化でそうではないと証明されています。

Googleは、人々が実際に必要としているものを作成しました。

Chrome OSがGoogleのクラウドツールといかにシームレスに統合されているかを考えると、多くの人にとってChromebookに移行する事は、思っているよりも非常に簡単です。

Chromebookは、今後のパソコン購入を検討する場合に賢い選択になります。

Chromebookは安価で、説明書を見ることもなく誰にでも簡単に操作でき、パフォーマンスが高く、競合製品よりもはるかにサポート期間が内外にが特徴です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です