Chromebook:Lenovo Duet 5 Chromebookの第一印象:堅牢な2-in-1 ChromeOSデバイス

Lenovo Duet 5

アメリカで先行販売されていた、Lenovo Duet 5Chromebookが日本でも販売されました。

タブレットベースのChromebookは数種類販売されていますが、ディスプレーサイズが10インチ前後と小さく、今回のLenovo Duet 5はディスプレーサイズが大きく、Webの閲覧や雑誌や書籍を見るには最適な大きさになっています。

LenovoDuet 5 Chromebook

 

アメリカでの価格は最低スペックで499ドルからになります

日本では8万円後半で販売されているようです。

Lenovo Duet 5には、最大400ニットの明るさの13.3インチ1920 x 1080OLEDタッチディスプレイが搭載されています。

内部には、8GBのメモリと256GBのeMMCを搭載しています。

優れたアクセサリを備えた頑丈でしっかりしたハードウェア

ディスプレイは、DCI-P3の色域を100%レンダリングでき、見た目も素晴らしく、OLEDパネルのおかげで、黒を表すピクセルが点灯しないため、コントラスト比が優れています。

YouTubeで1080p60HDRビデオをいくつか見ましたが、この画面はHDR対応ではありませんが、明るさ、色域、および高コントラスト比により、ビデオはHDRのように見えます。

ディスプレーは16:9アスペクト比となり、個人的にはその比率はあまり好きではありません。

タブレットの場合はコンテンツを読むために垂直方向にスクロールする必要があり、Webページの側面に無駄なスペースがあることがよくあります。

同じWebページのリーダーモードで同じフォントサイズを使用して比較した、4:3 iPadProと比較すると無駄なスペースがあります。

タブレットモードでは、このワイドスクリーン形式には利点があります。

Lenovo Duet 5 Chromebookを縦に持っていると、スクロールせずに大量のWebコンテンツが表示されます。

また、Lenovoの最近のChromebookのほとんどは、同じ16:9の比率を使用しています

アクセサリーに関して取り外し可能なキーボードはキーの移動が良好で、トラックパッドは応答性が高いと思います。

さらに、キーボード入力時に、HP Chromebook X211のように誤ったマウスクリックが発生することはありません。

キーボードアタッチメントは、金属製のPOGOピンの近くの磁石を介して本体に接続し、ディスプレイの下部ベゼルの使用はかなり安定しています。

Lenovoは、頑丈で硬い生地で「ヒンジ」を補強しています。

同じ生地は、キーボードの背面とキックスタンドのアタッチメントに使用されています。

キックスタンドを使用すると、Lenovo Duet 5Chromebookの表示角度を約100度からほぼフラットまで調整できます。

USBType-Cポートのペアを両側に1つずつ提供する場合も同じことが言えます。左または右のポートを使用して、内部の42Whrバッテリーを充電することができます。

LenovoDuet 5Chromebookのパフォーマンス

性能的にこのLenovoDuet 5Chromebook内の次世代のCPUとGPUにはあまり期待していませんでした。

基本的に、これは第1世代と同じですが、クロック速度がわずかに速くなった仕様になります。

それでも、動作自体は滑らかに動きます。

たとえば、HP Chromebook X2 11と比較して、ウェブページ全体を下にスクロールしたときにテキストが途切れたり開始したりするインスタンスは少なくなります。

そのLenovoDuet 5Chromebookは第1世代の7cチップセットを使用します。

これはCeleronまたはPentiumと同じく、多くのChrome OSユーザーがウェブを閲覧したり、ウェブアプリや一部のAndroidアプリを使用したりするのに問題ありません。

今のところLenovoDuet 5ChromebookでChromeOSソフトウェアのバグは発生していません。

現在の安定したチャンネルであるChromeOS94を実行しています。

また、8 GBのメモリを使用しているため、約10個のタブを開いていても、速度が低下することはありません。

音量機能の回転に関しては、ChromeOSがクアッドスピーカーをサポートしていましたが、Lenovo Duet 5Chromebookは確かにそのボードを使用しています。

したがって、ディスプレイの向きを回転させると、音量ボタンはその向きに基づいて上下のレベルに調整されます。

スピーカー自体はChromebookとしては平均的な仕様です。

まとめ

全体として、Lenovo Duet 5Chromebookの第一印象は非常に良いと思います。

コンテンツの視聴や、ゲームのストリーミング、仕事での作業など、さまざまな目的で使用できることがわかりました。

Lenovoは最大15時間のバッテリー寿命を主張していますが、これは疑わしいと思います。

ただし、1回の充電で10〜11時間の使用量が確実に得られれば、それで十分だと思います。

また、急速充電機能をテストして、1時間でバッテリーを0〜80パーセントにできるかどうかを確認しました。

 

特長(メーカーより)

高速で安全、快適に使える

Qualcomm® Snapdragon™ 7c Gen2のプロセッサーにChrome OSを搭載し、いつでもオンラインでマルチタスクを高速かつ安全に実行できます。キーボードを脱着できるため、動画やモバイルゲームを楽しむときはタブレットとして、仕事をするときはノートPCとして生産性を高めることができます。Googleアカウントでログインするだけで、Google Driveのすべてのドキュメント、ファイル、Chromeの環境設定にすぐにアクセスできます。

鮮やかな画面表示のOLED

13.3型 FHD OLED(有機ELディスプレイ)は、100% DCI-P3でリアルな色彩と完全な黒を再現し、鮮やかな画面表示を実現します。また、TUV(テュフ)による低ブルーライト認定を受けた液晶パネルはブルーライトを70%削減し、従来よりも目の疲労を大幅に軽減しています。

クリアなオーディオ

スマートアンプ付きの4つのスピーカーでクリスタルクリアな映画のようなオーディオを体験できます。2つの高感度マイクに向かって話せば、友人や家族はまるであなたの生の声を聞いているように身近に感じるでしょう。

さまざまなスタイルで使える2-in-1 PC

取り外し可能なフォリオキーボード、USI方式のペンを同梱。超軽量でスリムな筐体により、2-in-1の多様性とポータブル性を実現しています。お気に入りの映画を楽しむときはタブレットモードで、教室で勉強するときやソファで仕事をするときは、フォリオキーボードをスナップして、生産性の高いノートPCに変身させることができます。バッテリーは最大約15.5時間の長時間駆動に対応しています。

FHDカメラで撮影&ストリーミング

前面と背面のカメラで、テレビ会議で顔や周りの映像をより詳細に映し出します。 800万画素のアウトカメラで高解像度の画像や動画の撮影、500万画素のインカメラにより、鮮明な映像でストリーミングやビデオ通話ができます。

Google Playで豊富なアプリケーションライブラリにアクセス

Chromebookから、豊富なアプリ、ゲーム、エンターテイメントのライブラリにどこからでもアクセスできます。Google Docs、Google Meetも利用可能で、どこにいても同僚と協力して仕事をしたり、友人とつながったりすることができます。

製品仕様

インターフェース

IdeaPad Duet 560 Chromebook ports

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です