Chromebook:ChromebookでAndroidメッセンジャーを使用する方法

Chromebookの使い方 スマートフォンとの連携

Androidのスマートフォンを使用していて、SMSメッセージにChromebookキーボードを使用できるようにしたい場合は、その方法を説明します。

スマートフォンやその前の形態に慣れている方はパソコンよりもスマートフォンで文字入力したほうが早くて正確に入力できる方も多いと思います。

しかし、パソコンのキーボードで入力することに慣れている方の中には、スマートフォンでの入力を嫌っている、または非常に遅く不正確な方もいます。

そのような方はスマートフォンでの入力を極力省き、パソコンでキーボードを使った入力をメインに考えたいと考えています。

そういったときにChromebookを使っていると簡単に実行することが出来ます。

スマートフォンから別のデバイスにタスクを移行する方法はたくさんあります。

比較的頻繁に使用するタスクの1つは、SMSアプリであるAndroidメッセージです。

ちょっと前まで実現するには、ChromebookにAndroidメッセージアプリをインストールする必要がありました。

Messages For Webを利用することによって、そういった手順も必要なくなります。

Chromebookでは、Webブラウザを介してMessages ForWebを常に使用しています。

Chromebookでは単なるWebアプリですが、実際にプリインストールされているアプリを利用できます。 

それがどのように行われるかを記載します。

 

Chromebookをメッセージに接続する方法

Chromebookにログインし、Androidデバイスのロックが解除されていることを確認します。

デスクトップメニューボタンをクリックするか、[キーボードの検索]ボタンをクリックして、メッセージを入力します。結果にメッセージアプリが表示されます(図A)。

図A

Chromebook:ChromebookでAndroidメッセンジャーを使用する方法

 

ChromeOSの検索結果に表示されるメッセージアプリ。

メッセージアプリが開くとすぐに、QRコードが表示されます(図B)。

図B

Chromebook:ChromebookでAndroidメッセンジャーを使用する方法

 

QRコード(ぼかし部分)を使用すると、モバイルメッセージをChromebookに接続できます。

携帯電話でメッセージを開き、右上隅のメニューボタン(縦に3つ並んだ点)をタップして、[ウェブのメッセージ]をタップします。表示されたウィンドウで、QRコードスキャナーをタップします(図C)。

図C

メッセージ-chromeos-c.jpg

Androidアプリの[Webセットアップのメッセージ]ウィンドウ。

 

Androidアプリの[Webセットアップのメッセージ]ウィンドウ。

QRコードリーダーアプリが開いたら、メッセージアプリによって提示されたQRコードに合わせます。リーダーがコードを認識するとすぐにメッセージが接続され、Chromebookでアプリの使用を開始できます。

とても簡単です。

これで、スマートフォンではなく、通常のChromebookキーボードを使用してこれらのSMSメッセージをすべて入力できます。

まとめ

簡単なメッセージのやり取りであれば、スマートフォンで入力したり、音声で入力することで対応できます。

しかし、長文のメッセージを入力する際には、やはりキーボードが必要になります。

Chromebookなら簡単な操作でキーボードの入力が可能になり、スマートフォンにBluetoothでキーボードを接続するより簡単に素早く行うことが出来ます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です