Chromebook:ChromeでHSTSサイトの障害のため見られないサイトを解決する方法

antivirus software
Workplace with clock and digital hologram on laptop screen. Protected concept

ChromeOSやChromebookというよりChromブラウザーやFirefoxなどのブラウザーの問題になるのですが、危険ではないサイトもブラウザーが危険と判断してエラーメッセージが表示されサイトを見るとが出来ない場合があります。

海外の怪しいサイトを見ようとするなら、此のような機能は助かります。

しかし、明らかに問題のないサイトでもエラーメッセージが表示されて閲覧できないことがあります。

ブラウザは、安全でないと見なしたサイトにアクセスできないようにする厳格なセキュリティ対策を導入しており、GoogleChromeとHSTSエラーメッセージでそのような問題の1つを解決する方法記載します。

HSTSエラー(HTTP Strict-Transport-Security)

このエラーは、ブラウザーが安全ではないと思われるサイト(例えばWebサイトになりすまそうとし、偽のWebサイトを設定した可能性があるなど)を閲覧しようとしたときに表示され、そのメッセージが表示された場合は閲覧することが出来ません。

今はhttp:// と https:// が混在しているので、https:// に統一する過程なので、問題のいないサイトでも表示されることがあります。

問題は、ブラウザーではなくWebサイトがHTTP Strict TransportSecurityであるHSTSを使用しているというステートメントです。

ブラウザがサイトのURLの変更を検出するなど(証明書が更新された場合や問題がある場合など)、の理由によりエラーが表示される可能性があり、Chromeを含むブラウザーは、好むと好まざるとにかかわらず、すべてのアクセスをブロックすることにより、ユーザーを不正なサイトから保護しようとしています。

エラーが発生した時の対象方法

これが発生した場合、特にサイトが安全であることがわかっている場合は、非常に煩わしいです。

エラーメッセージが表示された時点で行き止まりになっています。

こういったときには別のブラウザを使用する(同じくエラーが表示されることもありますが)以外にも、対応することが出来ます。

修正について説明する前に、サイトが安全であると100%確信している場合にのみ適用する必要があることなので、初めてアクセスするサイト、特に公開されているWebサイトでこのエラーが発生する場合は、注意が必要です。

セキュリティを危険にさらす「修正」になります。 

アクセスしようとしているサイトは、本当に安全なのか?

信頼できるサイトの場合は、そのWebサイトを見るように設定します。

Webサイトの閲覧アクセスにのみ使用し、個人情報や機密情報を共有することはさけて続行するのが適切です。

Chromeでは、HSTS 状態を確認する場合には次のURLにアクセスします。

chrome://net-internals/#hsts

次のような画面が表示されます。

クリップボード-2.jpg

 

 

これは、ChromeがHSTSおよび関連サイトとどのように作用するかを構成するためのページです。

この場合、エラーが発生したサイトに関連するドメインセキュリティポリシーに問題があります。

おそらくWebサイトに変更があり、Chrome構成の変更、Update、またはそれはここで発生した単なる一般的なバグである可能性がありますが、障害をクリアしてターゲットURLを入力することで続行できます

一番下の「Delete domain security policies」の下の「Domain:」フィールドに対象のドメインを入力し。 [Delete]をクリックして、もう一度サイトにアクセスします。

そうすることでアクセスできなかったWebサイトにアクセスして閲覧することが可能になります。

まとめ

実際に、今迄閲覧していたWebサイトにアクセスして突エラーメッセージが表示され、見れなくなることがありました。

この方法を試さずに何日か後にアクセスすると問題なく閲覧できたことがあり、殆どは緊急を要しないことであれば、今掲載した方法を取らず、時間をあけてアクセスすることが最も正しい対処法になると思います。

それでもだめなときには、この方法も試してみてください。

セキュリティー的には危険な行為なので、この操作は自己責任になります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です