Chromebook:ChromebookのGoogleドライブで「ファイルをダウンロードできない」問題を修正する方法

antivirus software
Workplace with clock and digital hologram on laptop screen. Protected concept

ChromebookがGoogleドライブアカウントからのファイルのダウンロードを拒否している場合は修正が必要です。

Chromebookは、すべてのタイプのユーザーにとって優れたプラットフォームです。

ChromebookはGoogleクラウドサービスと非常によく統合されているため、非常に親和性が高く、Chromebookを使う上でGoogleドライブと接続しファイルのやり取りを行うのはChromebookを使う上で前提になります。

しかし、いくつかのChromebookで、Googleドライブからファイルをダウンロードしようとすると、OSがそれを許可しないことが発生しました。

Googleアカウントに関連付けられているChromebookにログインしていたので、特に問題はないように思います。

こういったときには修正する方法があり、それほど難しいことではありません。

その方法を記載します。

 

ダウンロードファイルの問題を修正する方法

Chromebookにログインし、Chromeブラウザを開きます。アドレスバーに次のように入力します。

chrome:// settings / cookies

[常にCookieを使用できるサイト]セクションまで下にスクロールして、[追加]をクリックします。表示されるポップアップに、次のように入力します。

drive.google.com

このサイトにサードパーティのCookieを含めるためのチェックボックスを必ずオンにしてください。

ChromeOSで常にCookieを使用できるサイトとしてGoogleドライブを追加します。

[追加]をクリックすると、ChromebookでCookieを使用するためのGoogleドライブがクリアされます。

この時点で、次にGoogleドライブからファイルをダウンロードしようとすると、Chromeは要求どおりにファイルをダウンロードします。

サイトごとにCookieの使用を許可または禁止する責任をユーザーに与えることは、実際には良いことです。

ChromebookはOSベースでかなり安全なOSになりますが、ハッカーがChromeOSまたはChromebookを標的にし始めるのは時間の問題であり、ユーザーは対処すべき事項の優先する項目にセキュリティを考える必要があります。

ファイルをダウンロードしなければならない他のサイトを見つけた場合は、Googleドライブと同じ方法でそのサイトを追加します。

疑わしいドメインでそのような動作を許可したくないので、注意してください。

まとめ

今までGoogleドライブからChromebookにファイルをダウンロードできないことがあり、いろいろ調べて、この方法で解決しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です