Chromebook:ChromebookにGoogleドキュメントをインストールする方法とその理由

Googleドキュメント

Chromebookをご利用の場合は、ChromebookがGoogleのクラウドサービスのインターフェースになり、特定の作業をする際にはウェブブラウザ上で行うことになります。

したがって、Googleドキュメントを使用する必要がある場合は、Chromeを開き、docs.google.comまたはdrive.google.comにアクセスして、作業を行うことになります。

しかし、ユーザーの中にはWebブラウザーとアプリを分離してブラウザー上での作業を減らしたいと考える人もいると思います。

これは、GMailなどのWebメールクライアントと実際の電子メールソフトの違いのようなものです。

Gmaiをブラウザーで確認せずに、例えばフリーソフトのThunderbirdにアカウント設定して、メールはThunderbirdで一括して管理する方法になります。

専用のアプリケーションを使用する場合のメリットも多く、デスクトップのような感覚を与えるだけでなく、Webブラウザのタブが多くなり乱雑になるのを防ぎます。

ブラウザがタブでいっぱいになるのを防ぐためにできることは何でもプラスです。

Chromebookには初期状態では実際に何もインストールしていません。

LinuxおよびAndroidアプリ以外では、ブラウザーでの作業に制限されています。

しかし、それはグーグルドキュメントのための疑似専用アプリを手に入れることができないという意味ではありません。

その方法を記載します。

グーグルドキュメントのための疑似専用アプリに必要なもの

グーグルドキュメントのための疑似専用アプリを機能させるには、Googleアカウントに関連付けられているChromebookのみが必要です。

ChromeOS 94.0.4606開発ビルドでデモンストレーションを行いますが、どのチャネルのどのリリースでもこれを実行できるはずです。

Googleドキュメントのインストール方法

これから行うことは、Googleドキュメントを専用のウィンドウで開くことができるようにすることです。

グーグルドキュメントのための疑似専用アプリの設定方法はとてもシンプルです。

ChromebookでChromeを開き、docs.google.comに移動します。

ブラウザウィンドウの右上隅にあるChromeメニューボタンをクリックします。[ショートカットの作成]をクリックし、プロンプトが表示されたら、ショートカットに名前を付けて、[ウィンドウとして開く]のチェックボックスをクリックします(図A)。

Googleドキュメント

図A

Googleドキュメント

[作成]をクリックすると、ショートカットの準備が整います。Googleドキュメントが新しいウィンドウで自動的に開き、そこで作業を開始できます(図B)。

図B

docsappe.jpg

独自のアプリウィンドウでのGoogleドキュメント。

次に行うべきことは、新しいショートカットをパネルに固定することです。これを行うには、Googleドキュメントを開いたままにし、2本の指でパネルのアイコンをタップします。ピン(図C)を選択すると、ショートカットはパネルに残ります。

図C

Googleドキュメント

GoogleドキュメントをChromebookにダウンロードする必要がある理由

すでに述べたように、独自のウィンドウでGoogleドキュメントを実行すると、Webブラウザの煩雑さを軽減するのに役立ちます。

また、グーグルドキュメントのための疑似専用アプリを使ってドキュメントを操作するのが好きなもう1つの理由があります。

ドキュメントを制作する場合やファイルを編集したいときにブラウザーから立ち上げるとブックマークなどに登録していたとしても時間を費やしていることを考えると、アプリケーションにすばやく簡単にアクセスできる必要があります。

そのため、Chromeを開いてブックマークをクリックするか、URLを入力する代わりに、そのドキュメントランチャーをクリックするだけで、準備が整います。

これは、外出先やクラウドで作業するときにも必要な効率の良い方法になります。 

このようにGoogleドキュメントを使用すると、Chromebookの生産性が向上することになります。

 

まとめ

Chromebookの機能は4週間のアップデートによって次々に改善されています。

組み込まれる機能も多く、昨日まで出来なかったことがアップデートをすることによってできるようになっていきます。

ただし、それを別な味方をするとOSとしてはまだ見完全で改善する余地が多いということでもあります。

今回のグーグルドキュメントのための疑似専用アプリ化をするなど、細かい設定を数多く行うことで生産性や使い勝手などが向上していきます。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です