Chromebook:Photoshopは、ついにWeb版をChromebookで利用できるようになる可能性があります。

Chromebookで画像を編集するために利用できる最高のソフト

Adobe MAX 2021で、AdobeはGoogleとのパートナーシップを通じて、PhotoshopとIllustratorをWeb版として公開することを発表しました。

より多くのAdobeCreative CloudがWebに登場するにつれて、より高性能なバージョンのPhotoshopが、ベータ版とともにブラウザーで使用できるアプリとして登場します。

これらのサービスを使用するには、Adobe CreativeCloudアカウントとサブスクリプションが必要になります。

Photoshopは、ついにWeb版をChromebookで利用できます。

 

今は、持ち運びの際に携帯していくパソコンはほとんどChromebookになっています。

しかし、一部の機能やソフトがなく、作業するために自宅ではWindowsやMacを使っています。

Chromebookが不得意とする部分にグラフィック関係の作業があります。

例えばChromebookでも画像処理を行うことは可能です。

Chromebookで画像を編集するために利用できる最高のソフト

上記の記事で記載したように、Chromebookでも写真の画像処理は可能です。

WindowsからChromebookに移行するときに今まで使っていて、それがないために困るプログラムの一つはPhotoshopでした。

確かに簡素化されたPhotoshopExpressアプリがGooglePlayから入手できますが、レベルの調整や写真への基本的なフィルターの追加以外に、それほど便利なものはありませんでした。

フルのPhotoshopは数年前にiPadに登場し、現在も定期的に更新されていますが、学校向けにPhotoshopをChromebookに導入する初期の試みにもかかわらず、PhotoshopをChromeOSおよびWindows / Apple以外のマシンに導入することについては実際の進展はありませんでした。

アドビが今回のAdobeMAX 2021で発表したように、これからはその環境が変わりそうです。

アドビのクリエイティブスイートの多くがついにWeb版として登場します。

PhotoshopとIllustratorは、Adobe CreativeCloudユーザー向けに本日から新しいWebクライアントベータ版の展開を開始しています。

ベータ版は「短期間で公開」されるため、現在のサブスクリプションをお持ちの場合は、ベータ版にアクセスするのにそれほど時間はかからないと思います。

Web版にアクセスするには、Creative Cloudファイルに移動する必要があります。

その後は

  1. [クラウドドキュメント]タブで、作成済みのPhotoshopファイルをクリックします
  2. ファイルビューアの上部にあるヘッダーバーで、Webベータ版のPhotoshopで開く]をクリックします。
  3. ドキュメントはhttp://photoshop.adobe.com/で開き、Webエディターをロードする必要があります。まだベータ版にアクセスできない場合は、1〜3日後にもう一度お試しください。

 

Photoshopは、ついにWeb版をChromebookで利用できるようになる可能性があります。

Adobe Photoshopのベータ版Webクライアントは、機能面ではインストールしたデスクトップ版のPhotoshopと完全には一致していませんが、これはまだベータ版であり、完成品ではありません。

ベータ版のため既存のファイルは編集可能ですがいずれは新しいPhotoshopプロジェクトをWebクライアントで直接作成する機能を追加すると思います。

Photoshop for Webを実際に試す機会はまだありませんが、マイクロソフトやGoogleで考えても、本格的なディスクトップ版のソフトと、昨日は限定されていますがパソコンや場所、環境を選ばず、オンライの状態ならどこでもブラウザー上で利用できる簡易的なソフトを提供することは、今後のユーザーを獲得する上でも重要な戦略になります。

Adobeもそういった意味ではWeb版のPhotoshop に関する提供は、それほど時間をかけずに提供すると思います。

Photoshop、Illustrator、InDesign、Premiere Pro、Acrobat Proなど、20以上あらゆるCreative Cloudアプリ利用することができるCreative Cloudコンプリートプランは6,248 /月 (税込)が必要ですが、Office365などを考えると、Web版のPhotoshop は無料で提供される可能性は高いと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です