Chromebook:Android 12Lは、Chromebookのモバイルアプリを大幅に改善する可能性があります。

chrome-os

GoogleはAndroidの新しいバージョンを発表しました。

Android 12が一部のスマートフォンでで利用可能になってからわずか1週間でGoogleはAndroid12Lを発表しました

「L」は「Large」の略になるようです。

この新しいバージョンのAndroidが折りたたみ式の電話や大型ディスプレイを完全にサポートしていいる他、Chromebookで使用した際のAndroidアプリのサポートも含まれます。

実際、Android 12Lに関するブログ投稿で、ChromeOSに関する項目で次のように記載しています。
(英語の自動翻訳)

タブレット、折りたたみ式デバイス、ChromeOSデバイスでAndroidを実行している大画面デバイスは25億台を超えています。過去12か月で、1億近くの新しいAndroidタブレットのアクティベーションが見られました。これは、前年比20%の成長でしたが、現在最も急速に成長しているデスクトッププラットフォームであるChromeOSは92%成長しました。また、折りたたみ式デバイスも増加しており、前年比で265%以上の成長を遂げています。総じて、Androidを実行しているアクティブな大画面デバイスは2億5000万台を超えています。勢いを増して、ユーザーと開発者にとって、Androidをこれらのデバイスでさらに優れたOSにするための投資を続けています。

今回のAndroid12LはChromebookよりもスマートフォンやAndroidタブレットの折り畳める機種でのサポートを目的としていると思います。

それではAndroid12Lの機能の一部を次に示します。

アプリケーション、通知、および設定用の優れた2列のレイアウトが、より大きなデバイスや折りたたみ式の電話を対象に利用できるようになります。

興味深いことに、右側の列はChromebookの通知領域に非常によく似ています。

Chromebook上のAndroid12Lモバイルアプリ

Android 12Lには、分割画面マルチタスクと、このモードでのネイティブアプリのサイズ変更を支援する新しいタスクバーがあります。Googleは、Androidアプリ自体がサイズ変更されるように設計されていない場合でも、それを追加しています。

Android12L分割画面

Googleは、このマテリアルデザイン要素が携帯電話、タブレット、Chromebookなどのデスクトップでどのように機能するかを示しています。

ChromebookでAndroidアプリを使った際に利用できる機能なのか、今の所わかりません。

折りたたみ式の携帯電話の購入者は、スマートフォン市場全体に比べるとごくわずかです。

GoogleのAndroidは各メーカーがそれぞれ仕様の異なるスマートフォンやタブレットを発表しています。アプリが通常それぞれのディスプレイサイズに最適化されているiOSやiPadOSとは異なり、Googleは自由度を高くする必要があります。

ソフトの対応機種も統一されていませんので、使用したいアプリが所有しているスマートフォンやタブレット、そしてChromebookに対応しているのかは、実際にインストールして試してみる必要があります。

Googleではタブレット、折りたたみ式アプリ、ChromeOSデバイスで対象のアプリを簡単に見つけられるようにするために、GooglePlayに変更を加えて、デバイスに最適化されたアプリを強調表示しています。

Chromebook用に最適化されたAndroidアプリを使用したいので、この変更は非常に便利で使い勝手の良い変更になります。

今の所、Chromebookに対応したアプリだけを抽出することは出来ないようですが、それでも以前と比較して目的のアプリを探すことが容易になっています。

Androidのバージョンがアップされたからと言ってChromebookの使い勝手がすぐに向上することはありません。

それでも、Androidの機能が増えて、大画面のサポートや使用できるデバイスの仕様が多くなると、それに伴って、アプリの仕様もそれらに近づけて開発されますので、タイムラグはありますがChromebookでの使い勝手や対応するアプリも良くなっていきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です