Chromebook:Chromebookでウィンドウを2番目の画面に移動する方法

LG 24UD58-B 4K UHD

Chromebookの画面がどれほど優れていても、ディスプレーの大きさはせいぜい15.6インチしかなく(一部17インチのChromebookもアメリカにはありますが)、自宅や職場で仕事をしているときはそのモニターだけでは十分ではありません。

お金をかけずにChromebookの優れたモニターを手に入れるのは簡単です。

また、Chromebookに2つ目の画面を追加すると、すべてのウィンドウを広げて作業領域を広げることで、生産効率が上がり、より多くのことを実行することができます。

作業効率だけではなく、2つ目の画面があると、ビデオやYoutube、そしてテレビ番組などを1つの画面に、作業をもう1つの画面で行うことができます。

ウィンドウを画面間に適切に配置するためのサポートが必要な場合は、デュアルスクリーニングが正しく行われていることを確認する方法を次に示します。

モニターの配置と設定を確認してください

Windowsパソコンとモニターがどのような順序で設定されているかはわかっていますが、Chromebookはそうではありません。

そのため、Chromebookの左側にモニターを設定している場合は、ChromeOSのディスプレイ設定でそれらを再配置する必要があります。

Chromebookを外部モニター用に接続して最適化する方法について記事をまだ読んでいない場合は、そちらをご覧ください。

ChromeOSで画面間でウィンドウを移動する方法

モニターがどのように設定されているかがわかり実際に接続した後は、モニター間でウィンドウを移動するときには、ドラッグアンドドロップするだけです。

もちろん、Chromebookでトラックパッドを長期間使用したことがある人なら誰でも、1回の動きでその到達距離がどれほど短いかを経験したことが有ると思いますので、Chromebook用で使えるマウスを用意して、ウィンドウをドラッグしやすくすることことで、簡単にドラッグアンドドロップをより長い距離で行うことが出来ます。

Chromebookとモニターのデスクトップ間でのドラッグアンドドロップがやりづらい場合は、キーボードの[スイッチウィンドウ]キーを使用することを検討してください。

[スイッチウィンドウ]キーはキーボード上段の左から6番目、スクリーンショットの際に使用するキーになります。

[スイッチウィンドウ]モード(すべてのウィンドウがタイルに変わり、開いているものをすべて確認できるモード)でウィンドウをある画面から別の画面にドラッグすると、移動した画面にウィンドウが表示されます。

すべてのウィンドウのサイズを変更する手間をかけずに概要モード。[スイッチウィンドウ]ビューで複数のアプリを分割画面に表示するのも非常に簡単です。

ウィンドウを各画面の端にある強調表示されたセクションにドラッグして、2つの画面で4つのウィンドウをすばやく分割します。

プライマリ画面とセカンダリ画面の間でコンテンツをすばやく交換する方法

ほとんどの場合、外部モニターを接続してChromebookを使用している場合でも、Chromebookをメイン画面にする必要があります。

Chromebookの場合でも外部モニターの表示領域や画面の綺麗さ、目の細かさなどでChromebookの画面よりも優れている可能性があります。

そのため、Chrome OSには、接続時に外部モニターをメイン画面として指定できる設定があります。

有効にすることができますAlt +フルスクリーンキー([スイッチウィンドウ]キーの左)、またはChrome OSの機能キーのない外部キーボードを使用している場合はAlt + F4を押すだけで、[設定]を開かなくても実行することができます。

実行するとChromebookの画面と外部モニターの画面がコンテンツを含めて交換されます。

大画面で必要な作業の処理が完了したら、またAlt +フルスクリーンキーを使用して、画面を以前の状態に戻すことができます。

まとめ

画面の表示領域が大きいと作業効率が大幅に向上することが出来ます。

Chromebookの内蔵モニターでも解像度の高いものがありますが、小さな画面で解像度を上げると文字などが見えづらくなり、逆に作業効率が下がることもあります。

外部モニターなら画面のサイズも20インチから32インチくらいまであり、解像度も4Kや5Kのものまで、それほど高い価格でもなく販売されています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です