Chromebook:アメリカでLenovo Duet 5 Chromebookの発売が本日10月28日から

LenovoDuet 5 Chromebook

Google Chromebook Lenovo ノートパソコン Ideapad Duet 10.1インチの上位機種として取り外し可能なキーボードを備えた最大のChromeOSタブレットがアメリカで販売されます。

13.3インチのLenovoDuet 5 Chromebookの注文は、先行予約がアメリカのBest Buyサイトで開始され、 10月28日に店舗での受け取りが可能になります。

LenovoDuet 5 Chromebookはいずれ日本でも販売されると思います。

 

Lenovo Chromebook Duet 5

 

第2世代のQualcomm Snapdragonチップセットを搭載した、このChromebookの価格はアメリカでは499.99ドルです。

 Ideapad Duet 10.1インチの上位機種になり、日本での販売台数の多さから、その上位機種も注目されています。

セパレートタイプのChromebookはそれほど多くなく、販売された時期的には画面の大きさが違いますがLenovoDuet 5 Chromebookと画面の小さいのHP Chromebook X2 11を比較した場合、どちらのタブレットにも8GBのメモリがあり、128GBのオンボードストレージがあります。

それとは別に、OLEDパネルを使用するより大きなディスプレイが最大の違いになりますが、1920 x1080の解像度はChromebookX2 11に搭載しているディスプレー解像度よりも低くなります。

価格的にはLenovo Duet 5Chromebookの価格は100ドル安くなります。

Lenovo Duet 5 Chromebook

 

性能的にはそれと言って特徴のない機種ですが、このChrome OSタブレットは、そのOLEDディスプレイのおかげでそれ自体が興味深い機種であり、ChromeOSタブレットでは初になります。

実際に目にしていませんので他のChromebookとの違いはわかりません。

Lenovo Duet 5Chromebookは第2世代のSnapdragonを内蔵した最初の製品でもあります。

第1世代と第2世代のSnapdragonの主な違いは、最大クロック速度がわずかに高いことです。

基本的に、両方とも同じチップセットになります。

最近のほとんどのタブレットと同様に、キーボードなどのアクセサリ付きのChromebookとして使用することができます。

取り外し可能なキックスタンドも装着時に違和感はなく、材質的にも似ており、ほぼすべての位置に保持できるヒンジが付いています。

残念ながら、より安定したタイピングのために、磁気キーボードはディスプレイの下部に取り付けられていないようです。

これらのアクセサリの両方と、キックスタンド部分に磁気的に取り付けられるスタイラスが含まれています。

Lenovo Duet 5 Chromebook

 

まとめ

LenovoはDuet5 Chromebookが469.99ドルで発売されると発表があり、その価格でRAM4GB、ストレージ64GBとのことでしたが、基本モデルが提供するものよりも価格が30ドル高いですが、このChromebookに興味がある場合はメモリーが8GBでストレージが128GBの機種がおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です