Chromebook:Chromebookで会計ソフトは使えるのか?クラウド会計ソフト

Chromebookでも使える会計ソフト

会計ソフトというと会社で使用するソフトというイメージがありますが、個人でも確定申告(白色申告や青色申告)に利用することがあり、利用すると便利なソフトです。

もちろん会計ソフトを含めた販売管理ソフト給与計算ソフトなど会社で利用するソフトも数多く販売されています。

これらのソフトは今までパッケージソフトとして販売されていて、そのほとんどがWindowsになり、種類は少ないですが一部Macで動作する会計ソフトもあります。

Chromebookは動作が速く、非常に使いやすいOSですが、残念ながら会計ソフトや確定申告に利用できるソフトは販売されていません。

Google PlayでAndroid用の会計アプリは入手可能ですが、Android用に設計されているので、Windowsなどの会計ソフトと比較すると操作性で見劣りがします。

少し前までは会計ソフトや確定申告ソフトはパッケージソフトやダウンロードして利用するソフトが中心でしたが、クラウドの会計ソフトも増えてきました。

クラウド会計

パソコンで会計処理をする場合はソフトをインストールして使用するのが一般的で、Windowsがメインでした。

クラウド会計はOSに関係なくブラウザー上でクラウド上にある会計ソフトを、インターネットを経由してサーバーにアクセスしデータを保存する方法になります。

インターネット環境とブラウザーがあれば場所を選ばず、OSも関係ないためChromebookからもアクセスすることができます。

もともとChromebookはインターネットに接続して作業をするパソコンなので、そのまま会計ソフトを利用することができます。

確定申告と法人向け会計ソフトの違い

確定申告ソフト

副業をしている方や小規模な個人事業主向けの会計ソフトになります。

確定申告用の会計ソフトは、基本的にそれほど会計知識がなくても会計処理を行い確定申告や通常の経理が行えるようになっています。

仕分けの項目も少なく、家計簿ソフトに似た感覚で入力し、必要な形式で出力することができます。

中には銀行口座明細やクレジットカードの支払いと連携して、経費を仕訳する機能が利用できるソフトもあります。

一般法人向け会計ソフト

通常の仕分けを行う事で決算に必要な書類まで作成することができます。

厳密に言うと会計ソフトに入力したものを税理士が処理をして決算を行う事になります。

確定申告と比較して仕分けの仕入、売上げ、売り掛け、給与、書籍代、福利厚生、諸会費といった仕訳作業の入力がメインの作業になります。

会計ソフトには経営分析に必要な各種帳票を出力することができます。

クラウド型会計ソフトのメリット

クラウド型にすることによって、パッケージソフトにはないメリットがあります。

  • バージョンアップの必要がなく、いつでも最新のバージョンを使えます。
  • MacでもWindowsでもChromebookでも使えます。
  • インターネットに接続することで会社でも自宅でも、移動中でも、いつでもどこでも使えます。
  • 使用者登録をするだけでインストール不要ですぐに使い始められます。
  • クラウドなので、もしパソコンが壊れてもデータを失うことがありません。
  • 毎年ある税制・法令改正にもしっかり対応しています。

 

クラウド型会計ソフトのデメリットはあまりありませんが、唯一通信速度が遅い場所では入力しても、直ぐに次の仕訳を入力することができずにストレスがたまることですが、今の環境では通信速度も改善されているので、そういった事も少なくなっています。

ちなみに、スマートフォン経由のデザリングで接続しても通信速度に問題はありません。

お勧めの会計ソフトは

お勧めの会計ソフトに関して、紹介するのは確定申告用のソフトになります。

企業であれば、すでに前からパッケージソフトの会計ソフトを使っているか、税理士との連携もありますので選択肢がそれほどないためです。

個人事業主向け 確定申告クラウド会計ソフト

参考までに何社か確定申告用のクラウド会計ソフトを紹介します。

やよいの青色申告 オンライン

やよいの青色申告 オンライン は、簿記や会計の知識がなくても青色申告ができるクラウド会計ソフトになります。

レシートや領収書の金額に関する入力は手作業はもちろん、レシートなどをスキャンすることで自動的に仕訳してくれる便利な機能も利用できます。

セルフプランなら1年間無料で利用できますので、今年だけでも確定申告に利用することができます。

また、初めて利用する人も実際に会計ソフトを試して、来年以降に有料で利用するか試すことができますので安心です。

帳簿付けから確定申告書類の作成、提出(e-Tax)まで対応しています。

やよいの青色申告 オンラインの特徴

  • 自宅から提出できるe-Taxに対応。65万円控除
  • 有料プランは電話サポートなどがあるので安心
  • ベーシック・トータルプランは画面共有サポートサービスがあり、ソフトの操作方法が分からなくてもすぐに解決できる。

 

  1. 入力

    スマート取引取込機能
    銀行明細、クレジットカードなどの取引データ、スキャンデータを自動取込、自動仕訳するので、入力の手間が省けます。
    かんたん取引入力機能
    簿記知識がなくても、日付や金額などを入力するだけで、青色申告に必要な複式簿記帳簿が自動作成できます。

    スマートフォンからも入力ができます。

  2. 申告

    確定申告書類の作成機能
    青色申告に必要な手順が一目でわかり、画面の案内に沿って入力していくだけで、書類を作成できます。控除額も自動計算。
    消費税法改正・セルフメディケーション税制にも対応!

  3. 集計

    帳簿・レポートの集計機能
    登録した取引から、青色申告に必要な帳簿やレポートが自動で集計・作成できます。

料金プラン

【初年度無償キャンペーン中】

おすすめセルフプラン

全ての機能が1年間無料でお試し!次年度は、8,000円(税抜)/年 キャンセル可

  • 全ての機能が利用できます
    確定申告書が無料で作成できます。
  • WebFAQが利用できます

やよいの青色申告 オンライン無料申し込み手続きはこちら

ベーシックプラン

操作質問ができて1年間たったの6,000円(税抜)!次年度は、12,000円(税抜)/年 キャンセル可

  • 全ての機能が利用できます
    確定申告書が作成できます。
  • 電話・メール・チャットサポートが利用できます

やよいの青色申告 オンライン無料申し込み手続きはこちら

トータルプラン

操作質問、業務相談ができて1年間たったの10,000円(税抜)!次年度は、20,000円(税抜)/年 キャンセル可

  • 全ての機能が利用できます
    確定申告書が作成できます。
  • 電話・メール・チャットサポートが利用できます

やよいの青色申告 オンライン無料申し込み手続きはこちら

マネーフォワード クラウド確定申告



マネーフォワード クラウド確定申告 は、もともと会計簿ソフトで有名で、クレジットカードの使用内容や銀行口座の明細を一元管理できるソフトとして有名でした。

家計簿ソフトから発展していますので、利用することで自動入力・仕訳の精度が高まり、使っていくほど仕訳処理が楽になります。

会計処理の他に給与・勤怠管理やマイナンバーの登録などを行えるので、小規模でも従業員がいる場合には、他にソフトを要しなくても給与計算や年末調整などのサポートが可能です。

マネーフォワード クラウド確定申告の特徴

  • お得なのは年間払いですが、月々支払う事ができるので短期間で集中的に会計処理を行い、一旦やめる事ができる。
  • 有料プランは会計以外の上記で挙げたシステムも利用できる(パーソナルミニのみ会計・請求書のシステムに一部制限あり)。
  • 銀行・クレジットカード・電子マネー・POSレジと連携できて仕訳が楽。

特に3番目の銀行・クレジットカード・電子マネーとの連携は法人が使う会計ソフトでも対応していないソフトがあるので、非常に魅力的です。

これ1つでバックオフィス業務は効率化できます

マネーフォワード クラウドは、バックオフィス業務に必要なツールをまとめて管理できます。
スタートアップ経営者や企業の経理・人事担当など、多くの方に使っていただきたいサービスです。

Money Forward クラウドの使用方法イメージ図

料金プラン

パーソナルミニ 800円/月
パーソナル 980円/月
パーソナルプラス 2,980円/月

マネーフォワードクラウド会計

自動化で80%以上の時間削減 マネーフォワード クラウド確定申告

まとめ

Chromebookでも個人事業主向けはもちろん、企業向けの会計ソフトもクラウドなら利用することができます。

ただ、会計ソフトはファンクションキー(F1~F12キー)を使う事が多く、Chromebookのキーボードでは数字の入力も含めてちょっと戸惑うかもしれません。

会計ソフトはファンクションキーを使って項目のコピーや仕分けの内容入力、修正などを使います。

今回は青色申告のクラウド会計ソフトを紹介しましたが、アルバイトや副業などで臨時収入的に所得が増えた場合は白色申告になりますが、それに対応しているクラウド会計ソフトもあります。

また、小売業や卸などの業種に関しては販売、仕入、在庫管理も必要になりますので、会計ソフトでも同じ会社でデーターを連係できる販売用のソフトがある会社を選択した方が最初は必要ない場合でも、良将来的に楽になります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です