Chromebook:Chromebookを初期化するには?

chromebook1

Chromebookのシステムがおかしくなって動作が遅くなったり、フリーズした場合に再起動が必要になります。

再起動しても治らない場合は初期化することになります。

Chromebookの初期化は非常に簡単で、初期化した後に再設定をして、初期化前と同じ環境にする時間は非常に短く短時間で作業に戻ることができます。

とりあえず、フリーズした場合に強制的にリセットする方法と、Chromebookの初期化「Powerwash」の方法を記載します。

「Powerwash」の方法は設定から行う場合とキーボードのショートカットで行うものがあります。

まずはフリーズしたときのリセット方法からになります。

Chromebookでハードリセットを実行します

今までチェックした内容で起動しない場合にChromebook内に原因であることを確認したら、ハードリセットを実行する必要があります。

これにより、トラックパッドやキーボードなど、Chromebookのコア内部コンポーネントのいくつかが再起動し、Chromebookに蓄積されている必要のある一時データやプログラムがクリアされます。

ChromeOSでハードリセットしてもデータは消去されません。

カーソルをまったく動作できず、Chromebookが完全にフリーズしている場合は、ハードリセットを実行する必要があります。

キーボード上段のF4の代わりに円形の矢印のように見えるボタンと電源ボタンを同時に押すことによって、Chromebookは強制的に再起動されます。

これは、Chromebookを強制的に再起動させる方法になります。

どうしてもおかしい場合は、パワーウォッシュを実行

いろいろ試してみても特定のソフトが動かいないだけではなく、システム全体の動作がおかしいときには最後の手段として、Chrome OSには「Powerwash」と呼ばれる独自の機能があり、システムを完全に消去して、ローカルに存在するすべてのデータやソフト、アプリを消去します。

Windowsの回復やMacのシステムインストールになります。

データー以外に関してはChromebookを初期化しても、再セットアップ時にGmailアカウントでログインすると設定やアプリ、その他の設定など重要なものがすべて同期されるため、WindowsやMacの初期化とは違って、それほど問題になることはありません。

パワーウォッシュを実行すると、すべてのアプリケーションが削除され、最初に購入したときと同じようにChromebookのセットアップを行うことになります。

「Powerwash」の方法を二通りの方法で行えるので、状況によって使い分けることになります。

キーボードのショートカットで初期化

キーボードのショートカットを使用して初期化を行うことができます。

まず、Chromebookからログアウトします。

その次にログアウトした画面でCtrl+Alt+Shift+Rキーを長押しします。

すると再起動を訪ねてくるので「再起動」します。

表示されるメニューで「Powerwash」を選択して次へを押します。

初期化後は表示に従って、Googleアカウントでログインを行います。

設定から初期化

これを続行するには、[設定]に移動し、詳細設定の一番下[設定のリセット」をクリックします。

[設定のリセット」で、「Powerwash」の設定があり、リセットボタンを押すことで初期化が始まります。

 

Powerwash

パワーウォッシュの実行

Chrome OSタブレットでは、音量大ボタンと電源ボタンを少なくとも10秒間押してから、離す必要があります。Chrome OSオールインワンコンピュータとミニPCの場合は、電源ケーブルを取り外し、数秒後に再度接続します。

 

まとめ

「Powerwash」で初期化を行い、再設定しても同じシステムでAndroidアプリを含めて復元することができます。

ただし、ローカルに保存していたデーターはなくなります。

その前に可能であれば初期化する前にデーターはGoogleドライブに退避する事をお勧めします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です