Chromebook:ChromebookがiPadより優れている5つの理由とそうでない5つの理由

chromebook14c

ChromebookがiPad Proの比較

ChromebookはWindowsパソコンと最も競合しているデバイスになります。

ChromebookもWindowsパソコンの一部もノート型の他にタブレットとしても利用可能になり、タブレット部分で考えるとOS部分でChromebookの方が優れています。

Androidタブレットと比較しても、利用できる内容からChromebookを持っているとAndroidタブレットは必要ないと思います。

同じタブレットでiPadやiPad Proを考えるとChromebookが優れている部分とiPadが優れている部分があります。

実際にChromebookも利用していますが、iPadProも手放すことのできないデバイスになります。

作業に関してはChromebookを大いに支持していますが、AppleのiPadラインナップにはそれ自体のいくつかの大きな利点があると思います。

今日は、ChromebookとiPadを比較して、長所と短所を確認します。

ChromebookがiPadより優れている理由

個人的に、Chromebookを使用することがiPadよりも優れている理由について説明します。

iPadにはないChromebookのメリットがたくさんありますが、最も考えられるのは次のとおりです。

Chromebookはより手頃な価格です

HP Chromebook x360 14c

iOSとは異なり、ChromeOSはオープンソースのオペレーティングシステムです。

つまり、さまざまな企業がChromeOSを使用して、さまざまなChromebookを販売することができます。

ニーズや形態、価格に関しても様々なChromebookは販売されています。

しかも、1年間で各メーカーから新しく発売されるChromebookの数は1年に1回のモデルチェンジでiPadPro、iPad、iPad miniなど5モデル程度のiPadとは比較になりません。

価格的な優位性としては2万円台からChromebookを購入することが可能で、低価格にもかかわらず、本当に魅力的なChromebookを手に入れることができます。

その価格帯でも価格と比較して優れたパフォーマンス、入力しやすいキーボード、最大64 GBのストレージに加えて、マイクロSDカードで拡張する機能を備えています(iPadにはまだマイクロSDスロットはありません)。

最も安いiPadの価格は39,800円(税込)からでそれほど高価ではありませが、キーボードをそれに合わせたい場合は、ワイヤレスBluetoothキーボードまたは公式のAppleキーボードにさらに多くの費用を費やす必要があります。

ChromebookはiPadに比べてかなり優れた価値を提供します。多くの人にとって、それはChromebookを利用するのに十分な理由になります。

Chromebookはノート型にもタブレットにも利用可能です。

iPad Air、iPad Pro、およびベースラインの第7世代iPadを含むほとんどのiPadは、公式のAppleキーボードアクセサリと接続して、ラップトップのように使用することができます。

しかし、それはキーボードを接続したタブレットであり、ノート型パソコンの生産性にはかないません。

それは一部の人にとっては問題ではないかもしれませんが、多くのタイピングを行う場合は、ノート型パソコンを持っていることがおそらく最適になります。

ほとんどのChromebookは、従来のノートパソコンのデザインが基本になっており、その多くは2-in-1でタブレットにもなるタイプになります。

つまり、長いメールを入力する必要がある場合はノートパソコンとして使用できますが、リラックスしてゲームをプレイするときは、タッチスクリーンを利用できるちょっと厚めで少し重いChromebookタブレットになります。

さらに、完全なタブレット型を手に入れたいと思っている場合は、Lenovo Chromebook Duetなど、ChromeOSを実行する専用のタブレットがいくつかあります。

上記の価格設定と同様に、これはAppleが提供するものと比較してChromebookがより高い柔軟性を提供するもう1つの形態です。

Chromebookはマウスやタッチパットを使用して操作することができます

新しいipadは一部タッチパットが利用できる機種もありますが、専用のキーボードやタッチパットを用意する必要があり、どちらも高価です。

その点に関してChromebookは圧倒的に優位になります。

Chromebookはノートパソコンやタブレットとして利用できるため、トラックパッド/マウスを使用するか、タッチスクリーンがある場合はタッチパネルを使用して操作することができます。

この柔軟性により、Chromebookを思いどおりに使用できるだけでなく、Chrome OSで利用できるキーボードショートカットと同様に、マウスを使用する方が望ましい場合が多く、特定の作業での生産性が向上します。

iPadは、何よりもまず、100%タッチスクリーンでの操作が前提です。

iOS 13および14は、マウスのサポートを追加し、iPadでの有用性を拡張しましたが、タッチだけを中心に構築されたオペレーティングシステムなので、いまひとつ操作性が弱いと思います。

ソフトウェアアップデートとセキュリティパッチは自動的にインストールされます

ChromeOSには多くの利点がありますが、ソフトウェアの更新を処理する頻度が早くセキュリティー上安全です。

Windowsパソコン、MacBook、さらにはiPadとは異なり、Chromebookに手動でアップデートをダウンロードしてインストールする必要はありません。

代わりに、これらはバックグラウンドで自動的にダウンロードされ、次にChromebookをオンにすると、起動プロセス中にアップデートがインストールされます。

Chrome OSのアップデートがシームレスにダウンロードされ、次にコンピュータを起動したときに自動的にインストールされた後、操作することでChrome OSがアップデートされたことに気がつくほどです。

Googleは、Chromebookの優れたアフターマーケットサポートも提供しています。

すべてのChromebookには何年にもわたるアップデートが保証されているため、セキュリティの脆弱性に対する最新の機能やパッチに確実に対応することができます。

iPadには何年にもわたるアップデートが付属していますが、これらのアップデートははるかに伝統的な方法で処理されます。

アップデートをダウンロードしてインストールする必要があります。

アップデートの大きさによっては、完了するまでに時間がかかる場合があります。

WindowsやmacOSほど悪くはありませんが、iOSでのアップデートはまだ意識的に行うものでChromebookでは、それらについてまったく考える必要はありません。

Chromebookはより頑丈で耐久性があります

Chromebook Duet5

ChromebookもiPadも、どちらも持ち運ぶことが多いため、落としたりぶつけたりして破損する恐れがあります。

多くのChromebookには、ある程度の軍用グレードの落下防止、耐水性、防滴キーボードが付属しています。非常に頑丈なChromebookの代表的な例は、ASUS Chromebook FlipC214などがあります。

AppleのiPadはどれも防水を宣伝しておらず、通常のiPadとiPad Airは比較的耐久性がありますが、iPadProモデルは市場で最も壊れやすいタブレットの1つでになります。

それを防ぐためにはディスプレーにはガラスの、そして本体全体をカバーするケースが必要になります。

耐久性に関心のある人にとって、iPadはおそらく最善のデバイスではありません。

iPadがChromebookより優れている理由

ご覧のとおり、iPadよりもChromebookを購入することには多くの利点があります。

Chromebookは一般的に手頃な価格で耐久性があり、柔軟性が高く、ソフトウェアの更新が可能な限り簡単になります。

これらはすべて素晴らしいことですが、今度はChromebookではなく、iPadが勝っていると思われる重要な分野がいくつかあります。

すべてのChromebookが同じになるわけではありません

Lenovo Chromebook Flex 5

前述のように、Chromebookのメリットの1つは、さまざまな選択肢からChromebookを選択できることです。

ローエンド、ミッドエンド、ハイエンドの各層向けのChromebookがあり、その多くは様々なニーズに対応することができます。

ただし、すべてがそうであるわけではありません。

Chromebookのメリットとしてあげていた毎年の新機種発表が一般の方にはわかり肉部分があり、特に定期的にChromebookをフォローしていない場合は、把握するのが難しい場合があります。

リリースされるすべての新しいChromebookが十分なパフォーマンスを備えているわけではなく、ディスプレイの見栄えが悪いものもあります。注意しないと、3年前にリリースされたChromebookを購入して、アップデート/サポートの寿命が近づく可能性があります。

iPadに関して言えば、購入の決定はかなり簡単です。

できるだけお金をかけたくない場合はベースのiPad、小さな画面のiPadが欲しい人のためのiPad Mini、高価ですが最高の体験を提供する2つのiPad Pro、そしてiPadAirがあります。

iPadは非常にわかりやすく、価格と使用目的で簡単に選択する事ができます。

Chromebookについても同じことは言えません。

Androidアプリにはまだいくつかの問題があります

Chromebookが最初に発売されたとき、実際に使用できるのはChromeブラウザだけでした。

ただし、ここ数年以内に、GoogleはAndroidアプリをダウンロードしてインストールする機能を追加しました。

これにより、Chromebookの機能が大幅に拡張され、今までタブレットが優れていたエンターテイメント系や漫画や読書の閲覧、音楽のダウンロードなどを利用できるようになりました。

ほとんどのAndroidアプリはChromebookで適切に動作し、全画面表示または小さなウィンドウとして実行できますが、Chromebookでの使用に最適化されていない、もしくは利用できないアプリに出くわすことは珍しくありません。

iPadでは、見た目も使い心地も優れたアプリの優れたライブラリにアクセスできます。

ローエンドのiPadでも、iOS用のアプリやiPhone用のアプリが簡単に実行することができます。

iOS13はデスクトップブラウジングをiPadにもたらしました

ipad pro

何年もの間、iPadの最も大きな欠点の1つは、デスクトップクラスのWebブラウジングを提供していなかったことです。

AppleのSafariはうまく機能しますが、最近まで、iPad上のモバイルバージョンのWebサイトにしかアクセスできないように制限されていました。

iOS 13では、それがようやく変わりました。

Safariは、iOS 13以降のバージョンのiPadでは引き続きデフォルトのWebブラウザーですが、Macの場合と同じように、デスクトップブラウザーとして動作するようになりました。

Webサイトはタッチ用に正しく最適化されており、ナビゲートしやすいですが、今では通常のコンピューターと同じ操作性が得られ、モバイルバージョンは簡素化されていません。

これは非常に有益であり、仕事/学校でのiPadの使用を改善します。

アップルペンシルは比類のないです

一部のChromebookにはスタイラスが付属していますが、Apple Pencilと比較すると、機能的に比較になりません。

Apple Pencilから得られる精度と使いやすさのレベルは非常に高く、アートワークを最初から作成する場合でも、微調整する場合でも、外出先でクリエイティブになることを真剣に考えている人々にとって、最高のスタイラスになります。

Apple Pencilを使用しても、実質的に遅れを感じることはありません。

Apple Pencilで描くとき、​​またはApple Pencilを傾けて陰影を付けるときに、圧力を加えて線を太くすることができます。

また、Apple Pencilで使用できるアプリははるかに広く種類が多く、Chromebook上のAndroidアプリを利用できるのとは対照的です。

現在購入しているiPadの種類に関係なく、ApplePencilは動作します。

iOSに慣れています

最後に、iOS全体について。

AppleのiOSは基本的にiPhoneのOSと密接な関係を持ち、圧倒的なシェアを持っているiPhoneを利用している人は、iOSがどのように機能するかを知っている状態で新しく覚えることなくiPadを使用することができます。

Windows、macOS、ChromeOSなどのパソコンが主体のOSに関しては、古くて古風な感じがすることがあります。

事実、「コンピューター」的な作業をしない人や、そういった作業は別のデバイスで行う人は、iPadはChromebookよりも機能を絞ってる分使いやすいと思います。

まとめ

ChromebookとiPadは競合すると言うよりも補完する関係にあります。

もし、予算的に問題がなければ、どちらも使用することをお勧めします。

ただ、例えば海外旅行に行く場合に荷物の関係で持って行くものを絞る必要がある場合は、iPadではなくChromebookを選択すると思います。

タブレット時に重たいなどの問題はありますが、1台ですべての事に対応可能なのはChromebookになります。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です