Chromebook:ChromeOS用のParallelsDesktopを搭載したChromebookでExcelを実行する

Parallels Desktop for Chrome OS1

今迄ChromebookでExcelを実行していたユーザーは、ChromeOS用で利用できるAndroidアプリ版のマイクロソフトのExcelやWordを利用していました。

しかし、Android版をChromebookで利用するサポートをマイクロソフトが終了したのでChromebookでは使えなくなっています。

なので、ChromebookでマイクロソフトのOfficeを利用する場合はオンラインかPWAアプリを利用することになります。

現状ではそれらの方法でOfficeソフトを利用すると機能面などで削除されていたり、オンラインでの利用しかできなく、通信が出来ない状況ではつかえなくなりました。

では、ChromebookのユーザーはExcelを含む完全に機能するOffice365をどのように使用できるでしょうか。

ChromebookでのMicrosoftOfficeの制限

ChromebookでマイクロソフトのOfficeを利用する際の現状は

ChromebookによるOfficeAndroidアプリのサポート終了

OfficeAndroidアプリのChromebookサポートの移行が9月に開始されます。(9月1日時点ですでに終了)

Androidアプリ版Office終了

Androidの代わりに、OfficeのWeb版がでPWAアプリを使ってChromebookでMicrosoftのOfficeソフトを使用する方法になります。

今回の話はChromebookのサポートがなくなると言うことなのでAndroidアプリのOfficeはなくなることはありません。

もちろん、市場に出回っているAndroidスマートフォンやタブレットの数を考えると、それは当然でMicrosoft365の潜在的なユーザーになります。

AndroidユーザーはChromebookユーザーと同じようにMicrosoftのOfficeWeb版を使用できますが、アプリは電話の画面サイズに合わせて設計されているのでスマートフォンなどで使用するには最適化されています。

Chromebookには通常11.6〜17インチのディスプレイがあり、Android版のOfficeを使用するより、PWAアプリが実際の使用では便利で使いやすい可能性は高いと思います。

PWAアプリについては以下の記事をお読みください。

chromebook1

Chromebook:Chromebookにインストールする必要のある最高のPWAアプリ

2021年8月28日

マイクロソフトのOffice PWAアプリ。

今回のマイクロソフトのChromebookでのAndroid版Officeが使えなくなることはChromebookのユーザーにとっては不満に思う方も多いと思います。

その理由はWebベースのPWAアプリよりもインストールされているアプリケーションを好む人は多いためです。

その主な理由の1つは、元のアプリケーションとウェブ版が機能的に常に同等であるとは限らないためです。

たとえば、機能が不足している場合や、オフライン時にPWAアプリを使用できない場合があります。

実際にサポートが終了する前にAndroidアプリのOfficeがインストールされたChromebookを使用し、ブラウザでOffice365.comにもアクセスしてPWAアプリをインストールしました。

インストール自体は通常のPWAアプリのインストール方法と同じで非常に簡単でした。

すべての機能で比較をテストしたわけではありませんが、オフラインで両方のOfficeを使用できるか検証しました。

これを行った理由は、Chromebookで実際Officeを使用する際にデーター通信ができない状況で使用することがあるためです。

オフラインでもChromebookでOffice forAndroidは使用できました。これはアプリなので当然のことです。

しかし、Microsoftが2019年にOfficeアプリケーション用にPWA(プログレッシブウェブアプリ)の提供を開始したにもかかわらず、PWAアプリ版のOfficeはオフラインでは使用することができませんでした。

 

Chromebook PWA版Office

Office版PWAアプリはChromebookユーザーに適しているのか?

今の時点で、ChromebookでマイクロソフトのOfficeを使うためのPWAアプリがあり、インストールするとOfficeアプリのアイコンがChromebookのアプリリストに追加されます。

PWAアプリのOfficeをオンラインで起動すると新しいドキュメントを作成することができます。

PWAアプリのOfficeをオンラインで起動

既存のドキュメントにアクセスすると、PWAアプリではなくブラウザで、そのドキュメントが開きます。

残念ながら、これはオフラインのChromebookではまったく機能しません。

PWAアプリの中にはオフラインでも利用できるアプリもあり、オフラインでは全く機能しないPWAアプリもあります。

少なくとも今の時点ではOfficeのPWAアプリはオフラインで使用することはできませんでした。

オンラインで新規でドキュメントを作成する際にも、実際には通信を行っていますのでWebのOffice365を使用することと同じになります。

ChromeOS用ParallelsDesktopを搭載したChromebookでMicrosoftExcelを実行する利点

このように、ChromebookでOfficeソフトを利用するのは制約が多い状況になります。

Chromebookで完全に機能するMicrosoft(Office)365を使用するための方法があります。

ChromeOS用のParallelsDesktopを使用すると、Excelを含む完全な正規のOfficeソフトをChromebookで使用することができます。

これは、すべての主要なWindowsアプリケーションとともにWindowsを仮想マシンとして使用できるようにすることで実現します。

つまり、ChromebookのExcelとの機能や互換性に問題がなくなります。

実際のExcelアプリケーションをはじめOfficeソフトを使用することになるので当然です。

ワンクリックで仮想マシンをWindowsで起動し、Chromebookではこれまでこの分野では不可能だった本格的なOfficeソフトの生産性を得ることができます。(フリーソフトのOfficeソフトをLinuxで動かすことも出来ますがファイルの互換性で問題があります)

Parallelsには、必要に応じて、完全に機能するWindowsPCのようにChromebookでWindowsアプリケーションを利用することが出来ます。

これらはすべて、Chrome OSで現在行われている作業に影響を与えることなく、いつでも開始および終了できる暗号化環境の安全な状態で行われます。

ユーザーは、Windowsで通常行うのと同じように、仮想マシン内のシステムでファイルをローカルで管理することができます。

これは、ChromeOSではダウンロードフォルダーの外部では許可されていません。

さらにChromebookユーザーは社内のWindowsに環境を合わせたネットワークリソースとプリンターにアクセスでき、その逆も可能です(WindowsVMはChromeOSで利用可能なすべてのプリンターにもアクセスできます)。

Parallels Desktop for Chrome OSは、ChromebookのほとんどのハードウェアをWindows仮想マシンでの共有を提供します。

最大の利点は、Parallels Desktop for ChromeOSがChromeOSとWindowsの両方のシステムを組み合わせていることです。

そのため、ユーザーとアプリケーションはChromeOSを介してWindowsシステムファイルにアクセスすることもできます。

Parallels Desktop for Chrome OSを使用すると、ユーザーは、機能、ファイルアクセス、またはアプリケーションを犠牲にすることなく、Chromebookでの日常業務中にExcelやその他のWindowsソフトウェアを処理することができます。

仮想化マシンの場合はハードに依存することなくソフトを稼働することができるので、特定のソフトが起動しないなどの障害は少ないと思います。

また、仕事だけではなくゲームもハイスペックなChromebookなら仮想マシン上でもストレスなくプレイすることが可能になり、Chromebookの利用方法が広がります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です