Chromebook:HPが新しいChromebookx211とChromeデスクトップ

HP Chromebook x2 11
HPが新しいChromebookとChromebaseを発表

(画像はHPより)

HPは、Chrome OSラインナップへの新しいChromebookとしてChromebook x2 11とChromeBOXではなくChromebaseという名前の新しいデスクトップマシンを発表しています。

アメリカではすでに8月末から販売されているようです。

Chromebaseはわかりませんが、Chromebook x2 11は日本向けにも販売されると思います。

Chromebook x2 11は、GoogleのChromebookのひとつのカテゴリーにもなっているSurfaceやiPadに似ている形態のChromebookになります。

Chromebaseは、横向きまたは縦向きモードに回転できる21.5インチFHDタッチディスプレイを備えたかなり興味深いChromeOSを搭載したデスクトップパソコンになります。

昨年まで、Chrome OSベースのデスクトップと言えば日本ではほとんど見かけることがないChromeBOXがあります。

ChromeBOXはディスプレーのない、小型のBOX型のパソコンになり、Chromebaseのような一体型のデスクトップパソコンが発表されるとは誰も予想していなかったと思います。

2020年に新型コロナウィルスの感染が拡大して、その間にChromebookの売り上げは爆発的に増加しました。

HPは、2年近くの在宅勤務と在宅学習を行っている状況で、手頃な価格の家庭用ChromeOSを搭載したパソコンを提供した場合に一定のニーズがあると予想したと思います。

アメリカでは8月に発売されていますが、日本では2021年10月7日に発表されています。

HP Chromebase

新しいHPのChromebaseは、仕事、学校、またはゲームをはじめとした遊びなどに使用される事を想定しています。

現代のホームオフィスや自宅のリビングに置いても、大きさを除けばスタイルに合う目を引く外観を備えています。

イメージ的にはアマゾンやGoogleから発売されている回転式ディスプレイが取り付けられたスマートスピーカーに似ています。(大きさを除けば)

(画像はHPより)

HPの新しいデスクトップは、ChromeOSとGoogleWorkspaceの組み合わせでユーザーフレンドリーな優れた機能を、きちんとまとめられた省スペースな筐体で提供します。

Chromebaseには性能の異なる3グレードが販売されています。

3グレードの共通部分は

Chromebaseは21.5インチFHD 1920 x 1080、Wi-Fi6接続が可能で、IPSタッチディスプレイを搭載しています。

CPUなどは利用可能な構成の選択肢は3タイプあります。

3つのグレードはそれぞれ

Intel Pentium Gold 6405U CPU、統合Intelグラフィックス、4GBのRAM、および64GBの内部eMMCストレージ。

第10世代Intel Core i3-10110U CPU、4GBのRAM、および128GBの内部eMMCストレージ。

第10世代Intel Core i3-10110U CPUが搭載されているのは同じですが、8GBのRAMと256GBのSSDが搭載されています。

各Chromebaseは、2つのUSBType-Aポートと2つのUSB-Cポートも備えています。

HPが採用しているアメリカの老舗オーディオメーカーBang&Olufsenのデュアルスピーカーを搭載し、デュアルアレイマイクを内蔵したHPのTrue Vision5mpプライバシーカメラもあります。

各Chromebaseには、Bluetoothキーボードとマウスも付属しています。

日本ではまだ発表はされていませんがアメリカでの価格は599.99ドルからで、2021年8月にAmazonとBestBuyから購入できるようになっています。

日本で販売される場合は96,800(税込)となります。

全体として、Chromebaseは生産性を高めるのに十分な能力を備えた見栄えの良いChromeOS搭載のパソコンになります。

HP Chromebook x2 11

新しいHPChromebook x2 11は、新しいQualcomm Snapdragon 7c CPUを搭載し、Adreno618グラフィックスも搭載しています。

日本では2つのグレードが発売されるようです。(アメリカは3グレード)モデルの違いについては、

8GBのRAMと128GBのSSD、そして 4G LTEを搭載したモデル

4GBのRAMと64GBのSSD、そして 4G LTEが未搭載のモデルになります。

価格はそれぞれ

¥99,000(税込)~8GBのRAMと128GBのSSD、そして 4G LTEを搭載したモデル

¥82,500(税込)~4GBのRAMと64GBのSSD、そして 4G LTEが未搭載のモデルになります。

(画像はHPより)

共通部分は、11インチ2160 x 1440マルチタッチIPSディスプレイ、Bang&Olufsenが提供するデュアルスピーカーを備えており、最大11時間15分のバッテリー駆動時間を実現すると言われています。

新しいHPChromebook x2 11の重さは560g(本体のみ)、1.03kg(キーボード、キックスタンド含む)になります。

その他Qualcomm AtherosWi-FiとBluetooth5、およびQualcomm Snapdragon X15 LTEモデムを備えており、ユーザーに優れた接続環境を提供します。

格安SIMの普及でコストも低くなっているのでLTEを利用してChromebookにその接続方法が追加されているのはデザリングの手間や煩わしさから解放されます。

2つのモデルは、デュアルアレイマイクと背面向きの8MPシューターを備えた5MPHPワイドビジョンフロントカメラを備えています。

さらに、各モデルには取り外し可能な磁気キーボードとワイヤレスUSI充電式磁気ペンが付属しています。

HP Chromebook x2 11のアメリカでの販売価格は599.99ドルからになり、日本と比較して格安で販売されています。

 

商品説明(HPより)

Chromebase

宿題、仕事、ショッピング、音楽、映画もゲームも楽しめます。

縦にも横にも自由自在

片手でも簡単にディスプレイを縦と横に切り替えられる世界初回転式タッチディスプレイ搭載のChromebaseです。
100万以上を超えるGoogle Play Storeのアプリを迫力の21.5インチスクリーンで家族みんなで楽しめます。

「OK、Google。何か面白いこと言って」

Google Assistantに対応しています。付属のワイヤレスキーボードの「エブリシング」ボタンを押して「OK、Google」と話しかければ、Chromebase All-In-One Desktopは、知りたいことや便利なこと、世界中に溢れる好奇心への大きな窓口になるでしょう。たまに面白いことも言ってくれます。

シンプルで安全なコンピュータ

ウィルス対策ソフトは不要です

すべてのChromebaseは多自動更新、サンドボックス構造、セキュアブート、暗号化されたドライブなど、多層防御によるセキュリティにより、安全にデータにアクセス出来ます。

プライバシーにも配慮します

ディスプレイ上部にあるマイクミュートと独立したカメラキルスイッチをすれば、物理的なシャッターでカメラのレンズを塞ぎますので、もうステッカーを貼る必要もありません。

お子様の利用時間を管理できます

保護者のスマートフォンにファミリーリンクのアプリをインストールすれば、お子様のChromebaseの1日の利用時間の上限やお休み時間を保護者のスマートフォンから設定できます。

便利さの追求と社会への貢献

コーン型スタンドの秘密

耐久性のあるファブリック素材で包むことで、スタンド内蔵のスピーカーからひずみの少ない自然なオーディオ体験を提供します。
また、音量調整ボタンは右側にありますのでダンスの練習中でもかんたんに音調調整が可能です。
さらに、スタンド底部にダイキャストアルミニウム製の円盤を追加することで重量のバランス、強度、安定性を高めています。

目には見えない小さな一歩

HP Chromebase All-in-One Desktopは、ENERGYSTAR®認定およびEPEAT®Silver登録済みです。
また、コーン型スタンドに用いられたファブリック素材は、リサイクルポリエステル生地などの持続可能な社会に貢献する素材で出来ています。
目には見えませんが、これは世界160の国と地域で事業を行うHPが取り組んでいるサステナビリティの大事な一歩です。

豊富なポート類

  • 電源ボタン
  • ヘッドフォン出力 ×1
  • USB Type-C™ ×2
  • Super Speed USB Type A ×2

HP Chromebook x2 11

Chromebook x2 11はQualcomm® Snapdragon™ 7cを搭載します。
GoogleWorkspace等の生産性を高めるツールや、Microsoft Office 365等、Google Play Store対応のアプリを利用することで、どこにいても生産性を維持できます。

Made to Do

仕事はもっと効率的に。エンターテイメントはもっとリアルに。

高輝度、高解像度のタッチスクリーン

高輝度、高解像度のタッチスクリーン

一般的な学童用11インチサイズのChromebookの解像度(1280×720)の約3.3倍(2160×1440)のディスプレイを搭載。
よりリアルで自分だけのエンターテイメント空間を楽しめます。

ブラウズに便利な3:2のアスペクト比

ブラウズに便利な3:2のアスペクト比

縦スクロールの回数が少なくて済みますので、文書の作成、表計算、写真のサムネイル表示、同僚との共同作業等、様々なビジネスシーンでも重宝します。

Audio by Bang & Olufsen

Audio by Bang & Olufsen

デンマークの老舗オーディオブランド Bang&Olufsen のエンジニアと共同でチューニングされたデュアルアップファイアリングスピーカー搭載。エンターテインメントに命を吹き込みます。

指紋認証リーダー内蔵電源ボタンにより、企業や団体等が求める二要素認証ログインの運用も可能です。

指紋認証リーダー内蔵電源ボタンにより、企業や団体等が求める二要素認証ログインの運用も可能です。

マグネティックキックスタンドは最大163°まで自由に可動。ベンチや電車等で膝の上に乗せれば文字通り「ラップトップコンピュータ」として利用できます。

マグネティックキックスタンドは最大170°まで自由に可動。ベンチや電車等で膝の上に乗せれば文字通り「ラップトップコンピュータ」として利用できます。

マグネティックキーボードのキーストロークは一般的なノートPCと同じ1.3mm。また、テクスチャ―加工された素材により滑り止め効果を果たし、襟」の様に折り返すことでキーボードに絶妙な角度を付けることでタイピングし易くしますので外出先でも生産性と効率を維持します。

マグネティックキーボードのキーストロークは一般的なノートPCと同じ1.3mm。また、テクスチャ―加工された素材により滑り止め効果を果たし、襟の様に折り返すことでキーボードに絶妙な角度を付けることでタイピングし易くしますので外出先でも生産性と効率を維持します。

HP Chromebook x2 11は、ENERGYSTAR®認定およびEPEAT®Silver適合です。

HP Chromebook x2 11は、ENERGYSTAR® 認定およびEPEAT® Silver適合です。
また、製品の一部にはオーシャンバウンドプラスチック7や使用済みリサイクルプラスチック※等を採用し、持続可能な社会に貢献します。

HPの取り組みについてはこちら

HP QuickDrop

HP QuickDrop

Google One(詳しくはこちら) をご利用すれば 100GB から最大 10TBまでのアップグレードプランが利用できます。スペシャリストによるサポートなど、その他の様々な特典をご利用いただけますが、HP Quick Dropを使えば更に便利な使い方も可能です。スマートフォンやタブレットと無線LANによるファイル転送も出来ます。

詳しくはこちら

  1. micro SDカードスロット兼用
    nano-SIMカードスロット
  2. 音量調整
  3. SuperSpeed USB Type-C® 5Gbps(USB Power Delivery、DisplayPort™ 1.2) ×2

※セルラーモデルのみ、WiFiモデルはmicro SDカードスロット

1

2

3

側面左側

側面左側

もっとも原始的なインターフェースはもっと便利に。

Better Together

HP ワイヤレスリチャージャブル USI ペン(別売)

Chromebook x2 11は、ACアダプターやスマートフォンのノイズ干渉の影響を受けにくい双方向通信規格であるUSIペンを利用できます。さらにHPワイヤレスリチャージャブルUSIペンであれば、Chromebook x2 11のマグネティックペンドックに装着することでワイヤレス充電が可能になりますので、ペンのバッテリーの残量を気にすることは少ないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です