Chromebook:Chromebook、MacBook、Windowsラップトップノートパソコンの比較

HP Chromebook x360 14c

今は学校でも仕事でも、パソコンは一人に一台のパソコンを使用している状態です

その主流はノート型のパソコンになり、キーボードがあり、ディスプレイが内蔵されてバッテリーもあり、使うときも使っていないときに収納するときにもコンパクトなので、教室で簡単に使用したり、自宅の部屋を移動したり、出先で仕事をするときなどに非常に便利に利用することが出来ます。

バッテリー駆動時間も長くなり、1日の作業時間を考えると充電するACアダプターを持ち運ぶ必要もありません。

しかし、どのパソコンを選択するかは、難しいところです。

周りの環境や使い方によって、まずはOS(Windowsラップトップ、MacBook、Chromebook)を選択することから考えなければいけません。

各OSには長所と短所があります。

Chromebook、MacBook、またはWindowsノートパソコン一番新しいChromeOSに関しても10年、MacOSとWindowsに関しては、いつから対象にするかで変わりますがChromeOSの倍以上の期間を学校や職場で不可欠なコラボレーションサポートの面で長い道のりを歩んできました。

そして、必要不可欠のワープロ機能と表計算、そして学校ではよく利用するプレゼンテーションに関しても、Microsoft 365 とGoogleのオンラインアプリケーションスイートで、現在はGoogleWorkspaceとして知られているソフトを提供しています。

Microsoft365とGoogleWorkspace for Educationの間で、選択したパソコンのOSに関係なく、リモートでクラス内で課題を共同編集ができます。

ほとんどのノートパソコンには、Webカメラとマイクも装備されているため、リモート学習やビデオ会議にも最適です。

従来のWindowsノートパソコン、MacBook、Chromebookのいずれかを学校、自宅や仕事で選択するために、知っておくべきことは次のとおりです。

Windowsパソコン

 

MacBook、Chromebook、またはWindowsラップトップ

Windowsパソコンはある意味、安全な選択になります。

Windowsは、最も広く使用されているコンピューターのオペレーティングシステムになり、職場や個人、そして多くの学校がMicrosoftのOfficeアプリケーションを使用しています。

互換性と最も多様な対応するソフトウェアを実行する機能を探している場合は、Windowsがパソコンの選択で間違いないように思います。

また、PCゲームに適したプラットフォームでもあり、学生の間でも人気があります。

Windowsは、多様性の点でも明らかに勝者です環境が整っている面から考えても他の2つのOSよりも優れています。

HP、Acer、ASUS、Dell、Lenovo、さらにはMicrosoft自体などの信頼できるメーカーを含め、Windowsパソコンを製造している主要なPCメーカーは数十社あります。

これは、従来のノーろ型パソコンだけでなく、2-in1およびコンバーチブルパソコンがあり、サイズ、機能、および価格帯のほぼ圧倒的な選択肢があります。

わずか数万円の価格で購入できるウルトラポータブルWindowsラップトップから、17インチ以上のディスプレイとデスクトップPCを搭載するパワーを備えた高性能ゲーミングラップトップまであります。

Windowsラップトップは、最新のIntelCoreおよびAMDRyzenプロセッサを搭載しています。

最新のWindowsラップトップの多くは、タッチスクリーンサポートも提供しており、スタイラスを使用してメモを取り、ファイルを簡単に編集できる学生にとって特に便利な機能です)。

Windows11が正式にリリースされて、周辺機器を含めてソフトの対応などは。まだ未知数な部分もあります。

しかし、使っていて最も無難んなOSであり、全体で占めるシェアも圧倒的な多数になります。

 

AppleのMacBook

 

Windowsラップトップ、Chromebook、またはmacBook

MacBookはファンが存在しますが、そのデザイン性の高さから常に若い人から注目をされているパソコンになります。

その大部分はスタイル(デザインはアップルの強いセールスポイントです)とプレミアム品質の評判です。

実用面でも歴史的に、MacOSはマルウェアによる攻撃を受ける可能性も低くなっています。

Appleは「安価な」ノートパソコンを製造していないため、MacBookはノート型パソコンの市場でエントリーパソコンと競合することはありません。

Macのノート型パソコンは現在2種類が販売されています。

Appleも最近のMacBookの価格を下げており、最も手頃なモデルである13インチMacBook Airは、何年もの間、Macでは一番の人気パソコンでした。

軽量(1.3kg前後)で、薄くて頑丈で、象徴的なアルミニウムデザインも注目されていました。

また、実用面でも最大18時間のバッテリー駆動時間を提供します。

MacBook Airの上位機種に当たる、MacBook Proモデルは、写真やビデオの編集を含むプログラムによって選ばれることがよくあります。

MacBookは、基本性能の高さと美しいディスプレイの組み合わせで一定の支持があります。

また、iPhoneやipadなどを利用する方にとってはシームレスな操作が可能なのも特徴になります。

MacBookの欠点は?

MacBookには一定の価格以上の商品になりエントリーモデルで競合するモデルがないという事実に加えて、主な欠点はWindowsよりもソフトウェアが少ないことです。

ただし、最も人気のあるソフトは入手可能です。

タッチパネルのモデルは現在の所存在せず、そういった使い方はiPadがあります。

Appleも拡張端子をUSB-Cに統一しているため、USB Type-A接続が必要な場合は、アダプタまたはドックに投資する必要があります。

Appleが独自のM1プロセッサに移行した利点には、高性能と非常に長いバッテリー駆動時間があります。

現状では一部のMacBookにはM1 CPUが搭載され、一部にはIntelプロセッサが搭載されています。

たとえば、2020 MacBook AirはM1のみ、202013インチMacBookProはプロセッサを選択して利用でき、16インチMacBookProはIntelのみです。

 

Chromebook

Chromebook、MacBook、またはWindowsノートパソコン

最後に、この頃ますます人気が高まっている比較的新しいOSを搭載している:Chromebook

Chromebookは、GoogleのChromeオペレーティングシステムで動作します。

これには、多くの利点があります。

クラウドで実行されるアプリをメインの作業で行うため、処理能力の必要性を軽減し性能の低いパソコンでも他のOSと比較すると軽快に動作します。

その結果、Chromebookは比較的安価なCPUと最小限のストレージを使用できるため、非常に手頃な価格になります。

Chromebookの利点の一つにスマートフォン並みの起動スピードがあります。

必要なときにChromebookをほぼ瞬時に起動できることができます。

Chromebookのもう1つの重要なセールスポイントは、セキュリティです。

それらは自動的に更新され、ほとんどのアプリはローカルではなくクラウドで実行し、メールやダウンロードファイルに関しては事前にチェックされます。

このChromeOSでは、マルウェアは事実上前例のないものです。

Chromebookを選択することの1つの欠点は、以前はソフトウェアが不足していたことです。

ユーザーは主にGoogleの用意したアプリケーションとWebブラウザ上でできる作業がほとんどできることの全てでした。

その後、ChromebookはGoogle PlayからのAndroidアプリの実行をサポートするようになり、そしてLinuxも導入したことでアプリケーションとゲームの数は飛躍的に多くなりました。

Chromebookは発売された当初は低電力のノートパソコンでしたが、その後、ChromeOSの機能が追加になり、できることが多くなるに連れてChromebookの高スペックとプレミアムな機種が登場しています。

Chromebookは、より優れたディスプレイ、より高速なCPU(IntelCoreとAMDRyzenの両方を備えたシリーズもあります)、より多くのRAM、および大容量化したストレージを提供します。

多くはタッチ入力をサポートし、タブレットモードで使用するための変換可能な形態を提供するものもあります。

今秋にレビューしたASUS Flip 436のようなChromebookがあり、プレミアムデザインとハイエンドスペック(16GBのRAM、PCIe NVMe M.2ストレージ、Wi-Fi 6、14インチNanoEdgeディスプレイを含む)を提供しています。

Asus Chromebook FlipC436FA

Asus Chromebook Flip C436FAのレビュー 高性能なChromebook

2021年7月29日

最高のWindowsノートパソコンやMacBookと比べても遜色はありません。

Chromebookで注意すべきことの1つは、オペレーティングシステムが非常に合理化されている理由のひとつは、ドライバと一部のアクセサリのサポートが不足していることです。

ChromebookがBluetoothをサポートしている場合は、マウス、キーボード、ヘッドフォンなどのほとんどのワイヤレスアクセサリ互換性があるはずです。

USBハードドライブとサムドライブも、適切にフォーマットされている限り問題ありません。

ChromebookはWi-Fiプリンターにも印刷できる必要があります。

ただし、これらのChromebook専用ではないWindowsように発売されている周辺機器を購入する前に、もう少し調査する必要があります。

たとえば、グラフィックタブレットなどの製品は互換性がない場合があります。

まとめ

最近、より強力なChromebookが登場し、NetflixやAmzonprimeなどのストリーミングサービスが普及するにつれて、Chromebookの利用価値は向上しているように思います。

ブログや簡単なレポートを書いたり、ビデオを見たり、メッセージを送ったり、メールをチェックしたりするだけでよい場合、Chromebookは少ない費用で、場合によってはWindowsよりも優れた使い方ができます。

低価格ではるかに高速に動作し、ドライバーなどの問題に直面する事もありません。しかし、それ以上のことは、ChromeOSで完全にWindowsを置き換えることはできません。

モバイルやテレワークの使い方では問題はありませんが、Chromebookにもう少しストレージ容量があり、PhotoshopなどのAdobe Creative Cloudサービスをサポートしてホームページまで作れるようになると状況も変わるのですが。

ChromebookでWindowsやMacと同じように利用したと考えると、それなりの知識が必要になります。

とりあえず、ほとんどの作業はChromebookで対応可能なので、メインのパソコンはWindowsやMacで行っている方も多いと思いますが、Chromebookも十分メインのパソコンとして利用できる環境は整ってきています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です