Chromebook:Windows11を新規にインストールする

10月5日に正式リリースされたWinodws11。

ChromebookにWinodws11をインストールすることもできます。

Windows11

今回は、その準備というか検証するためにWindows11を手元にあったWindowsパソコンにインストールをしてみました。

Winodws11はWindows10のアップデートでインストールされることが前提になります。

その前に今持っているパソコンがWinodws11にアップグレードできるかチェックして、スペック的に問題なければ順次Windows Updateでインストールすることになります。

個々で問題なのはWinodws11に必要なスペックが高スペックを求めていることです。

Windows11に必要なスペック

Windows11に必要なパソコンのスペックは次のようになります。

CPU 1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
メモリ 4 ギガバイト (GB)。
ストレージ 64 GB 以上の記憶装置 注: 詳細は下記の「Windows 11 を最新状態に維持するために必要な空き領域についての詳細情報」をご覧ください。
システム ファームウェア UEFI、セキュア ブート対応。お使いの PC がこの要件を満たすようにする方法については、こちらをご覧ください。
TPM トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0。お使いの PC がこの要件を満たすようにする方法については、こちらをご覧ください。
グラフィックス カード DirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー) に対応。
ディスプレイ 対角サイズ 9 インチ以上で 8 ビット カラーの高解像度 (720p) ディスプレイ。

 

Windows11が要求するスペックでCPUの部分だけ考えてもCore iシリーズの第8世代以降になり、第7世代以下は対象外になります。

販売時期で考えると2018年以降に発売されたパソコンになります。

このスペックに関してはChromebookでもクリアできるのは一部のハイスペックなChromebookだけになります。

Windowsパソコンにしても、このスペックをクリアできるのは少数派になります。

Windows11を対象外のパソコンにインストールしてみる

ただし、上記のスペックはWindows Updateを使ってWindows11にアップグレードする場合に必要なスペックになります。

もし、初期化して新しくインストールする場合は、上記のスペックをクリアしていなくてもWindows11をインストールすることが可能になります。

今回、実際に試してみたのはPanasonicのCF-SZ6になります。

CF-SZ6のスペックは

【製品スペック】

型式
品名 Let’snote CF-SZ6
【製品スペック】
CPU Core i5-7300U
クロック数 2.6GHz
メモリ 8GB
HDD SSD
容量 SSD256GB

 

になります。

もし、CF-SZ6をWindows11にアップグレードしようとしてもCPUが対象外ということでWindows11を導入することが出来ません。

Windows11のインストール準備

CF-SZ6にWindows11をインストールする場合にUSBフラッシュメモリが必要になります。

最低で8GBとなっていますが、余裕を持って16GBを用意しました。

必要なものはそれくらいで、あとはWinodws11のISOファイルのダウンロードとフラッシュメモリーからWindows11のインストーラーが起動できるようにするためのユーティリティを用意します。

此の2つは同じページで用意することが出来ます。

Winodws11のISOダウンロードはこちらから

Winodws11のISOを

このページの中にWindows 11 のインストール メディアを作成する項目があります。

Windows 11 のインストール メディアを作成する

このユーティリティはWindows 11 の再インストールまたはクリーン インストールを実行するために用意されています。

メディア作成ツールをWindowsが動作するパソコン(今回はWindows10が動作するパソコンを用意)でダウンロードし、ブート可能な USBフラッシュメモリを作成します。

Winodws11のインストールUSBフラッシュメモリを作成する作業は非常に簡単で、難しいことはありません。

ただし、作業が終了するまでは時間がかかり、パソコンにもよりますが30分くらいかかりました。

Winodws11のインストールUSBフラッシュメモリが作成することが出来たら準備は完了です。

パソコンにインストールしてみる

インストールするパソコンはWindows10などがインストールされていても問題ありませんが、今回用意したCF-SZ6はフォーマットされた状態でインストールを行います。

作成したWinodws11のインストールUSBフラッシュメモリをパソコンに挿入してパソコンを起動します。

特にBiosの設定などをすることなくWinodws11のインストーラーが起動します。

インストーラーはWindows10のインストーラーとほとんど同じで、設定する部分も同じです。

指示に従ってクリックしていくだけでWinodws11のインストールは問題なく出来ます。

インストールに時間はWindows10と比較すると非常に短く、10分程度で終了します。

インストール終了後に再起動して、Windoows11の設定画面が立ち上がります。

ここの作業も問題なく、Windows10の初期設定をしたことの有る方なら混乱することなく完了することが出来ます。

CF-SZ6でWindows11が立ち上がってからデバイスマネージャーを確認すると10個ほどデバイスが使えないものがあり、ほとんどおが不明なデバイスと表示されています。

他の項目を見ると主要なデバイスに関しては、問題なく動作しているようなので不明なものの殆どはInrelのチップに関するデバイスになっています。

PanasonicのホームページからCF-SZ6のデバイスをダウンロードしてインストールすることで、これらの不明デバイスはなくなりました。

この作業はちょっとめんどくさいですがWindows8.1用をインストールすることで問題なく対応したようです。

違う機種なら、もっとスムーズかもしれません。

まとめ

Windows11のインストールはユーティリティのダウンロードから始まって、デバイスの設定まで1時間くらいで終了しました。

そのうち、30分くらいはただダウンロードを待っていただけなので実質30分くらいで作業は終了します。

今回はWindowsパソコンにインストールしましたが、Chromebookでも問題なくインストールすることは可能になるともいます。

ただ、今インストールするかとなると、疑問です。

その、理由は今の所Androidアプリが使えないことです。

マイクロソフトによると年内に提供を考えているということですが、実際には半年程度かかるのではと言われています。

ただ、Androidアプリが使えることも主要な機能の一つをインフォメーションしていたので、その機能がまだ使えないということは他の機能に関しても、まだ、利用できないものが多いということです。

リリースされたばかりなので、まだ未完成のOSになると思われ、使っていないパソコンが有る場合は慣れるためにWindows11を導入してもいいと思いますが、メインで利用しているパソコンでは様子を見たいと思います。

ただ、使ってみた感想は非常に軽いOSになっていると思います。

このOSなら低スペックのWindowsパソコンもアップグレードの対象としても問題はなさそうです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です