Chromebook:Acer Chromebook Spin713のレビュー

Acer Chromebook Spin 713

Acer Chromebook Spin713のレビュー

仕様
CPU: ntel Core i5-10210U
RAM:インテル UHD
ストレージ: 128GB SSD
ディスプレイ: 13.5 インチ、2256 x 1504
寸法: 23.5 x 30.1 x 1.7 cm
重量: ‎1.37 Kg
購入する理由
ほぼ半日作業ができるバッテリー駆動時間
十分な基本性能
明るくカラフルなタッチスクリーンディスプレー
スピーディーなパフォーマンス
避けるべき理由
若干窮屈なキーボード

Acer Chromebook Spin 713のバッテリー駆動時間は、ほぼ12時間(ほぼ半日)続きます。

その上、Chromebook Spin713は完成度の高いChromebookの1つになります。

Chromebook Spin 713は、バッテリー寿命が長いだけでなく、13.5インチの明るいディスプレイも認識性が高く、平均的なChromebook都比較するとChromebook Spin713の画面の明るさは2倍近く違います。

Intel Core i5-10210U CPU、8 GBのRAM、128 GBのSSDを搭載したChromebookSpin 713は、Geekbench5.0やJetstream2.0などのパフォーマンステストで、Google PixelbookGoなどの高額Chromebookよりも性能は良かった程です。

Chromebook x360 14 G1やDuetと同様に、Chromebook Spin 713は2-in-1です。

タブレットも使いたくて漫画や動画の閲覧をしたいし、キーボードを使ってブログや表計算をしたいような方には、Chromebook Spin713が理想的なノートパソコンになります。

Chromebook Spin 713は、スピーディーなパフォーマンス、明るいディスプレイ、用途の広いデザイン、長いバッテリー寿命を備えたある意味、実用的なChromebookになります。

安価でポータブルで耐久性のあるラップトップを探している高校生や大学生などの学生にとって、Acer Chromebook Spin 713 は、日常の使用として選択できる最高の Chromebooks の 1 つです。

ただ、問題があるとすると9万円に近い本体価格になります。

アメリカでは7万円程度で新品が購入する事ができますが、日本ではやはり高価です。

中古であれば3万前後で購入できるので、中古品が気にならなければお得になります。

2021年になって優れたChromebookの新製品が発売されていますがChromebook Spin713は人気商品になります。


Chromebook Spin713はリモートワークに最適

この1年間、Chromebookの需要は高くなっています。

特に新型コロナウィルスの感染拡大でリモートによる教育とリモートワークで多くの人々が自宅で仕事をしているため、手軽に使えるパソコンのニーズは高まっています。

また、家の中でも移動して作業を行うことも多く携帯性は必須です。

これらのケースに基づいて、主要な要件をどのように満たすかがパソコンを選ぶときの判断になることが多くなりました。

Acer Chromebook Spin713レビューChromebook Spin 713は、モバイルコンピュータに必要なすべてのものを提供するように設計されています。

Windows専用のソフトウェアを実行する必要がない限り、すべての項目でニーズを満たせると思います。

搭載されている720pWebカメラ、統合マイク、ステレオスピーカー、および高速Wi-Fi6ワイヤレス接続でZoomまたはお好みのビデオ会議を使用することができます。バッテリーの駆動時間は実際に使用すると最大約10時間(バッテリーの節約に何もせずに平均約8.5時間程度)となっています。

Spin713の重量は1.37kgです。

そのため、どこででも作業することができます。フルサイズ(1つだけある小さいSHIFTキーを除く)バックライト付きキーボード、スムーズな操作のために大きなトラックパッドがあります。

Acer Chromebook Spin713レビュー2Kタッチスクリーンディスプレイは、目を見張るような色で、くっきりと明るくなっています。

今回のレビュー対象の第10世代IntelCore i5プロセッサは、8GBのRAMと128GBの超高速PCIeNVMEソリッドステートストレージと組み合わせて、十分な性能を提供します。拡張では新旧両方の幅広いポートと、360度に展開でタブレットモードまで利用するシーンに合わせて変形することができます。

アルミニウムの筐体も高級感があります。  

Acer Chromebook Spin 713の仕様(テスト済み):

  • 13.5インチVertiViewIPSタッチスクリーンディスプレイ
  • 3:2アスペクト比、2K解像度(2256 x 1504ピクセル)
  • 360度ヒンジ
  • IntelUHDグラフィックスを搭載した第10世代クアッドコアIntelCore i5(i5-10210U)プロセッサー
  • 8GB DDR4 RAM
  • 128GBのPCIeNVMEソリッドステートストレージ
  • HDMI、USB 3.0 Type-A、2 x USB-C(USB 3.2 Gen 1)、microSDスロット、3.5mmオーディオジャック
  • Wi-Fi 6、Bluetooth 5.0
  • 720pウェブカメラ、マイク、ステレオスピーカー
  • フルサイズのバックライト付きキーボード+ GorillaGlass付きトラックパッド
  • 定格バッテリー寿命は最大10時間
  • 45WUSB-C電源アダプターが含まれています
  • MIL-STD-810Gミリタリーグレードの耐久性基準に適合
  • 30.0 x 23.5 x 1.7 cm、重さ1.37 kg

Acer Chromebook Spin 713のVertiViewディスプレイの利点

他のノートパソコンに対するChromebook Spin 713のアドバンテージの1つは、AcerがVertiViewディスプレイと呼んでいるものです。

近年、多くのノートパソコンやChromebookが16:9のアスペクト比のディスプレイを採用していいます。

この背後にあるのは、通常16:9形式のストリーミングビデオを視聴することを考えてのことになります。

多くの人がパソコンでビデオや映画をストリーミングしており、ビデオを画面全体に表示して視聴すると思います。

また、16:9形式のディスプレイを使用することは、それ以外の比率を持つパソコンと比較して同じインチ数でも小さくなる可能性があることも理由のひとつになると思います。

Acer Chromebook Spin713レビュー

 

ただし、実際にパソコンを使用して作業を行う場合は、16:9のアスペクト比はあまり理想的ではありません。表示が縦に「短く」なるため、スクロールせずに画面に表示できるテキストの行数やスプレッドシート、またはWebページの表示を減らすことになります。

Chromebook Spin 713のVertiViewディスプレイは、4:3のアスペクト比になります。16:9ディスプレイよりも垂直方向のスペースが広くなっています。

つまり、コンテンツの行が増え、スクロールを少なく操作することができます。欠点として、このChromebookで多くの動画を視聴する場合は、ディスプレイの上部と下部にある黒いバーになるスペースができることです。

下の写真からわかるように、解像度と明るい色により、黒いバーに関係なく、ビデオを見るのに非常に満足のいくパソコンになっています。

Acer Chromebook Spin713レビュー

Acer Chromebook Spin 713 2-in-1の柔軟性

360度回転するヒンジにより、このChromebookは非常に柔軟に使用することができます。

もちろん、メインになるのは通常のノート型になりますがとしては、ヒンジを回転すると、必要に応じてディスプレイの形状を変えることができます。

たとえば、テントモードでは、キーボードを見なくてもストリーミングビデオを視聴するための安定した方法になり、Chromebookをタブレットとして使用してAndroidアプリを実行したり、書籍を読んだりWebページを見やすい形で閲覧することができます。

ディスプレイを完全に反転させてもヒンジは強度があり、しっかりしているので安定しています。

Acer Chromebook Spin 713は少し重いですが、耐久性はあります

Acerは、Chromebook Spin 713を実際よりも薄く見えるようなデザインを提供していますが、実際には、このクラスの他のChromebookよりも少し重量があります。

大きな差ではありませんが(1.37 kgになりますので、若干重い程度)、他社のスリムで軽量な一部の競合Chromebookと比較して目立ちます。

その理由には、アスペクト比が3:2であるために表示領域が大きくなることや、金属製のシャーシとGorillaGlassがディスプレイを保護する強化されたデザインの為です。

その結果、 Chromebook Spin713は耐久性に優れた頑丈なノートパソコンになります。

Acerは、独立した研究機関のテストで、軍用グレードの耐久性に関するUSMIL-STD-810G規格を満たしていると述べています。

耐久性の向上と引き換えに少しだけ重量が増えることは、おそらくそれだけの価値があると思います。

 

まとめ:仕事をこなすための優れたChromebook

Acer Chromebook Spin713

Acer Chromebook Spin 713は、仕事をこなすための手頃な価格のモバイルパソコンが必要な場合に最適です。

その2K( ‎2256 x 1504 )VertiViewディスプレイは、ExcelやWord、そしてGoogleドキュメントの操作に最適であり、ビデオや映画の視聴にも使用しても上下の黒い幅はありますが、ディスプレの発色や明るさは非常に見栄えがします。

パフォーマンスを重視し、複数のビデオ出力方法を含む必要なすべてのポートを提供し、可能な限り最速のワイヤレス接続を実現するWi-Fi6を提供します。

これらすべてに加えて、2-in-1設計の柔軟性、および軍用グレードの耐久性基準を満たす頑丈な筐体などを考えると、これは非常に魅力的なChromebookになります。

これらの機能はすべてコストがかかりますが、WindowsラップトップやMacBookと比較するとまだリーズナブルです。

また、第10世代Intel Corei3プロセッサと4GBのRAMを搭載したSpin713を選択することで、価格を下げることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です