Chromebook:WindowsのPCアクセサリをChromebookで使用できますか?

USB-Cハブ

実際にChromebookを利用する前に、ChromebookのOSに関する使い方と、今まで使用していたWinodws用の周辺機器が利用できるかが不安でした。

今回は、PCアクセサリをChromebookで使用できるのかと言う点を記載したいと思います。

多くの方はWindowsPCまたはMac用に購入したアクセサリと周辺機器の使用しています。

Chromebookはそれらと比較すると新しいOSになり、それまで使っていた周辺機器が使えるのか?。

また、利用できるとしても簡単に接続ができるのか?。

異なるオペレーティングシステムと互換性があるかどうか疑問に思うのは当然なことです。

いくつかの「例外」がありますが、ほとんどの場合、これらのPCアクセサリを引き続き使用できます。

Chromebookでどのように機能するか、いくつかの例を記載します。

Bluetoothキーボードとマウス

パソコンの生産性を高めるための最も一般的なアクセサリの1つは、キーボードとマウスです。

有線のUSBで接続するキーボードとマウスはもちろん、BluetoothキーボードとWi-FiまたはBluetoothで接続できるマウスをChromebookで使用できます。

ChromebookとペアリングのBluetooth設定を確認するだけです。

これには注意点が1つあります。

これは今では豊富にあるMac用の周辺機器が少なかったときにはMacユーザーが体験したことになった事でもありますが、ChromebookではキーボードのマッピングがWinodwsとは少し違います(Windowsキーを使用してもWindowsのスタート画面に移動しないことなど)、キーボード/マウスがWindowsやMacで設定可能なプログラムでボタン設定などをする場合は、そのソフトウェアはChromeOSで利用できない可能性が高いと思います。


実際にちょっと特殊なHHKB Professional HYBRID Type-Sでも日本語の切り替えやファンクションキー、キー配列など接続するだけで利用することができます。

マウスに関しても、複数のボタンが付いている場合は、その機能をすべて利用することはできませんが、基本的な2つのボタンやスクロールは利用することができます。


なので、どちらも基本的には問題はないはずです。

外部モニター

LG 24UD58-B 4K UHD

ほとんどのPCモニターはChromebookで動作し、セカンドディスプレイまたはミラーディスプレイとして構成できます。(他のラップトップと同様に)必要なのは適切なケーブルだけです。

Chromebookのビデオ出力と、モニターで使用可能な入力を一致させる必要があります。

それはHDMIかUSB-Cになります。

ケーブルが接続されると、Chromebookはモニターが接続されていることを自動的に認識します。

USBメモリーや外付けドライブなど

USBメモリーはデーターの移動や保存に欠かせない周辺機器であり、外付けドライブ(ハードディスクまたはSSD)は、デジタルの写真や映画などの動画ファイル、また大量の書籍ファイルを保存するための最良の方法です。

これらの一般的なストレージドライブはChromebookで使用できますが、注意すべき点がいくつかあります。

まず、ポートの形状が一致している必要があるため、ChromebookがすべてUSB-Cポートである場合は、旧式のUSBType-Aサムドライブまたは外付けドライブを接続するためのアダプターまたはハブが必要になります。

次に、ドライブは互換性のあるフォーマット形式を使用する必要があります。

Chromebookは、FAT16、FAT32、exFAT、NTFSファイルシステムの読み取りと書き込みを行うことができます。

基本的に、Windows PCがドライブの読み取りと書き込みを実行できる場合、Chromebookも同様に実行できるはずです。

Macの場合は、少し複雑でフォーマットをChromebook側で行う必要があります。

プリンター

Wi-Fiネットワークにワイヤレスプリンターがある場合は、WindowsラップトップやMacbookと同じように印刷できます。

ドライバーは必要ありません。

必要なのは、任意のドキュメントから「印刷」オプションを選択することだけです。

お使いのプリンターは、宛先プリンターのドロップダウンリストに表示されます。プリンタを選択すれば問題ありません。

chromebook1

タブレットやその他の周辺機器

グラフィックを書いたりするときに便利なペンタブレットもChromebookで利用できるものが増えてきています。

One by Wacom

スキャナーやドキュメントスキャナーも利用することができました。

chromebook1

その他にゲームで利用するコントローラーも認識して利用することができました。

まとめ

アクセサリや周辺機器がChromebookと完全に互換性があることを100%確認したい場合は対応OSで「ChromeOS」にチェックするだけで確認できるサイトが増えています。

これらの製品は、GoogleのChromebook互換性標準に準拠するようにテストおよび認定されています。

今まで基本的に周辺機器を利用する場合は、問題なく使えています。

Chromebookを使い始める前に考えていた以上に、スムーズに周辺機器が使えることがわかり、今まで利用していた周辺機器が無駄にならずにすんでいます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です