Chromebook:NVIDIAGeForceをChromebookでプレイ

GeForceNOW Powered by SoftBank
  • NVIDIA GeForce Nowは、PCプレーヤーがゲームをさまざまなパソコンなどのデバイスを利用してストリーミングでゲームができるようにするストリーミングサービスです。
  • このサービスは、ウェブアプリを介してChromebookで利用することができます。
  • NVIDIAは優れた基本性能を求めていますので、ローエンドのChromebookは当面サポートされていません。

 

GeForceNOW Powered by SoftBank

 

GeForce NOW Powered by SoftBankはこちら 

 

NVIDIAは、GeForceNowクラウドゲームプラットフォームがウェブアプリを介してChromebookでプレイすることが出来ます。

GeForce Nowの会員(無料会員を含む)は、専用ポページにアクセスするだけで、Chromebookを利用したプラットフォームで利用可能なPCゲームにアクセスできるようになります。

アメリカで人気のGeForceNOWはソフトバンクとアメリカのNVIDIA社が協力して提供しています。

GeForce NOW Powered by SoftBankなら、Chromebookを始めスマートフォンやタブレット、ほぼすべてのWindows PCやMACなど、どんなデバイスでもハイエンドなゲームをプレイすることができます。

 

これまでChromebookでゲームが少ないと思っている方や高性能なゲーミングPCを持っていない方にも、素晴らしい体験ができるGeForceNowはゲームのデータはクラウドを介して保存されるので、自宅でも外出先でも、場所を選ばずプレイすることも可能です。

特にゲームが少ないChromebookがこの分野でGeForce NOW Powered by SoftBank人気を集めています。

GeForce Nowは、クラウドからPC、Mac、Androidスマートフォンとタブレット、そして今ではChromebookにストリーミングされる数多くのPCゲームタイトルをプレイすることができます。

自分のアカウントをSteam、Epic、UPlayなどのストアにあるアカウントにリンクし、クラウドを介して所有しサポートされているゲームにアクセスすることができます。

GeForce NowはRTXレイトレーシングテクノロジーとDLSSを上に追加して、ゲームの外観とプレイを最高のものにします。

GeForce NOW Powered by SoftBankでは月々有料のプランの他に、1日1時間だけプレイができる無料プランも有り、実際にChromebook上でゲームがどのように動作をするのか検証することも出来ます。

GeForce NOW Powered by SoftBankがプレスタートしたのが2019年になり、その後今年になって正式にスタートしたゲームプラットフォームになりChromebookにも正式に対応しました。

Chromebookに必要な最低スペックは、第7世代Intel Core m3以上および4GBのRAMになります。

ただし、快適にプレイするためにはChromebook自体はゲームをレンダリングしていませんが、着信ストリームのデコードを行う必要があり、快適にゲームをしたいのであればCPUはCore i3以上で、メモリーはできれば8GBが望ましいと思います。

GeForce Nowを開始するには、以下のリンクをクリックしてサインアップしてください。

 

2021年6月24日より、Chromebook に正式対応しています。

「GeForce NOW Powered by SoftBank」の登録は短時間で終わります。

メールアドレスを入力して登録するとメールに本登録のリンクメールが届きます。

そのページで名前や電話番号、メールアドレス、生年月日を入力して、GeForce NOWのIDとパスワードを入力するだけです。

これで無料プレイが可能になります、

「GeForce NOW Powered by SoftBank」をプレイするためには。

Chromebook(4GB RAM 以上)の Chromeブラウザ から https://play.geforcenow.com/ に接続するだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です