Chromebook:ChromebookでChromeリモートデスクトップを設定する方法

chromebook1

ChromebookはChromeブラウザとChromeOSの機能が柔軟で使いやすいところが気に入っています。

無数の拡張機能やウェブアプリから、AndroidスマートフォンやChromebookなどの便利さまで、ChromeOSには多数の機能が搭載されるようになりました。

その中でも利用価値の高いChromeが提供するツールの1つは、Chromeリモートデスクトップになります。

Chromeリモートデスクトップを使用すると、AndroidやiOSのスマートフォン、またはChromeを実行している別のコンピューターやタブレットを使用して、世界中のどこからでもコンピューター(Mac、PC、Linux)にアクセスすることができます。

Chromebookやその他のマシンでChromeリモートデスクトップを設定して、離れた場所から自分のファイルやソフトにアクセスしたり、リモートテクニカルサポートを提供したり、リモートテクニカルサポートを受けたりできるようにする方法を紹介します。

今ではスマートフォンなどのデザリングでも十分な速度で接続して利用できるようになっていますので、ますます利用価値は上がっています。

特に家やオフィスのパソコンは電源を入れっぱなしにする必要はありますが、外出先からだけではなく海外からもアクセスすることができます。

Mac、PC、またはLinuxコンピューターでChromeリモートデスクトップをセットアップする方法

Chromebookから別のパソコンにアクセスする場合は、まずアクセスするパソコンにChromeリモートデスクトップを設定する必要があります。

設定方法は非常に簡単で

  1. リモートでアクセスするコンピューターでChromeブラウザーを開きます。
  2. remotedesktop.google.com/accessと入力します
  3. リモートデスクトップサイトから、[リモートアクセス]というタブをクリックします。
  4. [リモートアクセスの設定]というボックスの下にある青い矢印をクリックして、Chromeリモートアクセスをダウンロードします。

    リモート アクセスの設定

  5. Chromeリモートアクセスをダウンロードするときは、Chrome拡張機能が表示されますので、青いChromeに追加]クリックしてください。

    Chrome Remote Desktop

  6. 指示に従い、Chromeリモートデスクトップをセットアップしてインストールするために必要な権限を付与します。

    Chrome Remote Desktopのインストール

  7. ホストコンピュータに名前を付けます。(名前はなんでもいいと思います)

    Chrome Remote Desktopのインストール2

  8. このコンピューターにアクセスするためのPIN(6桁の数字)を設定して、別のデバイスからリモートでアクセスできるようにします。

  9. 画面を別のパソコンと共有する準備ができたら、ChromeツールバーからChromeリモートデスクトップ拡張機能をクリックします。

Chromeリモートデスクトップ拡張機能を使ってコンピューターを操作したり、コンピューターのセキュリティ権限を変更したりすることができます。

ChromebookからChromeリモートデスクトップを使用する方法

  1. リモートでアクセスするコンピューターでChromeブラウザーを開きます。
  2. remotedesktop.google.com/accessと入力します。
  3. [リモートアクセス]をクリックして、アクセスするコンピューターを選択します。

    ChromebookからChromeリモートデスクトップを使用する

  4. アクセス先がオンラインになっているのを確認してダブルクリックをします。
  5. 他のコンピューターでChromeリモートデスクトップをセットアップするときに作成したPINを入力します。
  6. 矢印をクリックして接続します。
  7. 切断する場合はリモート画面の向かって右端にメニューが隠れているので、それを表示して、「切断」をクリックします。

まとめ

Chromeリモートデスクトップは、オフィスのパソコンや自宅のデスクトップパソコンにアクセスするための便利なツールであるだけでなく、パソコンに不慣れな人や友人、家族に技術的なサポートを提供するため(またはその逆)の優れた方法にもなります。

Chromeリモートデスクトップには常時接続されるパソコンからのアクセスに関してはPINコードを省略することも可能で、その場合には相手先をクリックするだけでリモートアクセスをすることができます。

また、パソコンを他の人と共有したり、誰かがあなたと共有したりする場合には1回限りのアクセスコードが作成されるため、1度アクセスを認めた人でも引き続き自分のパソコンにアクセスできることを心配する必要はありません。

共有しているユーザーは、いつでも[共有の停止]をクリックするだけで、自分のパソコンにアクセスすることはできなくなります。

Chromebookではできない作業やソフトをChromeリモートデスクトップを利用することで利用可能になります。

リモート画面でもコピーやペーストなどの基本操作はリモート先とChromebookで行うことが可能です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です