【クロームブック/Chromebook】ASUS Chromebook FlipCM5レビュー

ASUS Chromebook Flip CM5

のレビュー

この記事では、Asus Chromebook Flip CM5を確認し、その主な長所と短所について説明します。

HDMIポートを備えたChromebookは多くないため、外部モニターを接続するためにUSB-C DisplayPortやハブを使用する必要があります。

AsusChromebook Flip CM5にはHDMIポートがあります。

また、Windowsで便利なHome、End、Page Up、Page Downキーを備えたChromebookはほとんどありません。

メニューとAltキーをカーソルの矢印と組み合わせる必要がありますが、FlipCM5のバックライト付きキーボードにはそれらが含まれています。

ASUS Chromebook FlipCM5の仕様

 

ASUS Chromebook FlipCM5の詳細なレビュー

ASUS Chromebook Flip CM5

ASUS Chromebook Flip CM5

1.デザイン

ASUS Chromebook Flip CM5のデザインは非常に良いと思います。

Flip CM5は、アルミニウム製上部とプラスチックの下部からなっており、Asusがミネラルグレーと呼んでいるほぼ黒の色調でスタイリングされています。

サイズ24.4 x 35.8 x 1.8 cm、重さは2.88 kgで、15.6インチChromebookコンバーチブル、2019年5月に製造中止になったLenovo Yoga ChromebookC630とほぼ同じサイズになります。

「ミネラルグレー」の鮮やかなダークグレーとオレンジの配色を備えた、特殊なメタリックデザインで、見た目に関してFlip CM5は、魅力的なChromebookになります。

底部がプラスチック製のアルミニウム合金製の金属製のシャーシは、耐久性と携帯性のバランスを実現し、CM5を非常に用途の広いChromebookにします。

CM5に与えられたすべての余分なスペースのために、モバイル性は損なわれます。

CM5はまた、かなり丈夫なChromebookで複数の耐久性試験に合格しており、ASUSには過酷な使用に耐える機械を製造してきた歴史があります。

Flip CM5には、彩色、優れた視野角、および全体的に豊かな視聴体験を楽しめる15.6インチFHD(1920 x 1080)LCDIPSレベルディスプレイが搭載されています。

サイドベゼルは薄く作られているので、15.6インチから考えるとコンパクトな印象を、そのデザインや色合いからも受けることになります。

さらに、このChromebook Flip CM5のディスプレイはタッチパネルになっているので、特定のAndroidおよびLinuxゲームをプレイしたり、ユーザー操作性を向上させたり、デバイスの機能を向上させたりすることができます。

タッチパネルは流動的で応答性が高く、期待するとおりに機能します。

CM5乃ベゼルは、360°まで回転しタブレットモードまで利用できるため、さまざまな場面にすばやく適応できます。

テントモードでは、複数の人と映画やプレゼンに利用することが可能です。

2-in-1ラップトップが提供するすべてのものについても同じことが言えます。

CX5の唯一の大きな不満は、250ニットの画面の明るさで、残念ながら同じASUSのCM5でも同じことがいえるのですが屋内での使用には問題ありません。しかし、屋外の晴れた日には光度が足りないと感じます。

キーボードについて言えば、非常に使いやすくよくできていると思います。

プラスチック製であるにもかかわらず、キーボードの質感はハイエンドであり、Google PixelbookGoとほぼ同じくらい優れたタイピング体験になると思います。

また、LEDで照らされているため、薄暗い環境でもバックライトを使用でき、高品質のクリックメカニズムを備えています。

ASUSによると、ストロークは約1.4mmで、キーボードデッキの右側には専用のテンキーもあります。

製造元は、このChromebookでゲームをするときに利用するカラーブロックされたWASDキーも導入しました。

ただし、この機能は単なる見た目の目的であり、それ以上の機能などはありません。

また、キーボードの右側に専用のテンキーがあるので、表計算やゲームの時にそのままでも問題なく入力することができます。

トラックパッドは、非常に使いやすい、幅広でガラス製の高品質なトラックパッドになります。

クリック音は心地よくタイトに感じられ、全体的な動きはトラックパッドによってすばやく操作することができます。

これまでのところ、ASUSはCX5で経験したのと同じように、CM5でほぼすべてを正しく処理しています。

Chromebook Flip CM5の拡張性はChromebookの中でも上位になる部分です。

左側には、USB 3.2 Type-Cポート、USB 3.2 Type-Aポート、オーディオジャック、ボリュームロッカー、電源ボタンがあります。

右側には、別のUSB-Cポート、HDMIポート、およびmicroSDカードスロットがあります。

コンパクトな電源アダプタは、どちらのUSB-Cポートにも接続できます。

2.パフォーマンス

内部コンポーネントは、ASUS Chromebook FlipCM5が最も近い機種であるCX5と大きく異なるところです。

CM5はすばらしいパフォーマンスを提供し続けます。

これは、実際にはRyzen 5 2.1 GHzプロセッサを使用しているためです。

残りの仕様に関しては、メモリーは8GBのRAM(16GBまで増設可能)と256GBのeMMCフラッシュストレージになります。

標準のメモリーでも十分な処理が可能で、SSDに関してはChromeOS、Androidアプリ、Linux、そしてWindowsを導入しても十分余裕のある容量になります。

Flip CM5には、WiFi6およびASUSWiFiスタビライザーテクノロジーも搭載されており、接続を最高の状態に保つのに役立ちます。

3.バッテリー駆動時間

ASUS Chromebook Flip CM5のバッテリー寿命は、11〜12時間と非常に優れています。

フル充電でオフィスや学校に持っていくことができ、デバイスが丸一日持ちこたえられないことを心配する必要はありません。

バッテリー駆動時間からは充電することなく本体だけを持ち運んで作業ができるので、その点では本体重量のディメリットが少しだけ軽減されるともいます。

ASUSは、この大きなChromebookの中に57Wh、3S1P、3セルのリチウムイオン電池を搭載することに成功しました。50%になるまで約35分、完全に充電されるまで約70分ほどで完了します。

これは、より高速な充電時間を提供することが知られているUSB-Cポートのおかげです。

まとめ

すべての15.6インチのChromebookを含めたパソコンと同様に、AsusChromebook Flip CM5は2.88 kgの重量があり、重すぎてタブレットモードで快適に使う事はできません。

タブレットモードも机の上に置いて作業したり閲覧する分には重さも感じることはなく、ディスプレーの大きさからオンラインでの作業でGoogleWorkspaceをはじめビジネスや画像や動画の編集などの生産性を高めるためのChromebookで考えるとお得な価格になります。

タブレットモードでは重くて扱いにくいため、15.6インチのコンバーチブルについてはChromebookとして本来の使い方を考えると持ち運びには適していませんが、Asus Chromebook Flip CF5は、優れたパフォーマンスと内蔵ストレージ、フルキーボードを備えた頑丈なフルサイズのラップトップです。

画面の見やすさの代償に大型になる筐体や、ウェブカメラが弱いことを除けば、これは最も優れたChromebookの1つであり、印象的な価値があります。

 

Chromebookをより安全に便利に利用したいならVPNがおすすめな理由

 

Chromebookは値段も安価で動作も快適と作業用パソコンとしては、かなり優れておりますが利用している段階で気になる点が2点ございました。

 

Chromebookの不満点

  • ファイルのダウンロードがブロックされる。
  • HTTPサイトに接続できない

 

上記2点の問題点を解説します。

 

 

ファイルのダウンロードがブロックされる

 

作業中にサイトからファイルをダウンロードする際に上記のような【不正なファイルのためファイルをブロックしました】と頻繁に表示されます。

 

これがかなり面倒で明らかに危険なファイルではないはずの

PDF資料をまとめたZIP

仕事で使用するフリーツール

なども跳ねられることも頻繁で正直ストレスがたまります・・・

 

通常のWindowsパソコンやMACであればブロックされる頻度はかなり少ないですが、後で後述する理由が原因でChromebookの場合1日に何回もこのような事態が発生します。

 

 

HTTPサイトに接続されない

 

また【HTTPサイトにアクセスしても表示されない】問題もあります。

インターネット上でWebページを閲覧するとき、URLの上部に「http」や「https」で始まっていますがデータが暗号化されていないhttp」の場合自動的にブロックされてしまいます。

 

↑上の画像のようにHTTPの場合はセキュリティ警告が表示

 

最近では「https」に移行しているサイトも増えてはいますが、まだまだ「http」サイトが多い現状で仕事上情報を集めたい際に苦労しています。

 

 

上記の2点の問題を解決する方法を調べた結果【VPN】を適応することで解決致しました!

 

 

なぜChromebookにVPNが必要なのか???

 

 

なぜ上記のような問題がVPNで解決するのか?

「実はChromebookで標準で搭載されているセキュリティが強固すぎる+セキュリティ機能をオフができないため回避するにはWEB通信時のネット回線を変更する」

必要があることが判明!!!

 

https://www.cman.jp/network/term/vpn/

通常であればセキュリティソフトなどを手動でインストールを行い、問題がある場合は一時的にオフするなどで[ブロック問題]を解決できるのだが、Chromebookはデフォルトでセキュリティソフトが搭載されているような物なので外すことが出来ない

そこで活躍するのがVPN!!!

 

 

VPNとは??

Virtual Private Network」の略。
簡単に言うと仮想の「専用回線」を使って、インターネットを利用することができます。
IPアドレスを自由に変更することができるので匿名性が向上します。

無料のサービスもありますが、回線品質が悪く速度が遅い問題があります。
そのため、回線品質が良い「NordVPN」等が人気です。

 

↑こんな感じで各国にあるサーバーをワンクリックで使用できるので匿名性は抜群!

 

VPNを使うとChromebook経由の回線ではないという扱いになるため上記のような理不尽なブロック祭りから開放されるというわけだ!!!

 

 

VPNを利用することで得られるその他のメリット!!

 

更にVPNはもともとセキュリティ強化のためのツールなので様々な利点あり。

 

VPN利用時のメリット

  • 個人情報の流出阻止の強化
  • 海外サーバに繋げて外国在住の限定の動画視聴
  • 海外のゲームを格安で購入できる
  • 通信が高速化する

 

など仕事でもプライベートでも役に立つ機能が多く、Chromebookを快適かつ安全に使用したいのであれば割と導入必須のツールといっても過言ではありません。

 

 

ChromebookにおすすめVPNはNORDVPN!

 

といってもVPN会社は日本・海外含めると何百社も存在しており、正直どのような基準でVPNを選べばいいか悩ましいと思っている方も多いのではないでしょうか??

 

個人的に色々試した結果絶対選んではいけないVPNの条件は以下の3項目

 

完全無料を謳うVPN

他社が有料で展開しているサービスが無料で提供できるはずがない。たいてい利用者の個人情報を盗み出して売買しているケースが多数(一部研究目的など例外あり)

 

日本で運営しているVPN

VPNは海外に多数のサーバーを持つことで安定性が増す。日本運営のVPNはサーバー数が非常に少なく速度が遅いなど実用性に乏しい

 

運営歴が浅すぎるVPN

運営歴が短いVPNは個人情報をハッキングされ情報流出などの危険性が高い。長年運営を行い目立った不祥事を起こしていない会社が望ましい

 

この3項目に一つでも該当するものがあるVPNは地雷確定なのでおすすめしません(立証済み)

 

 

 

以上の条件に当てはまらない中でおすすめなのが【NordVPN

 

NORDVPNの利点

ダウンロード・操作履歴が残らない

料金が安い・返金制度

 

 

ダウンロード・操作履歴が残らない

 

NordVPNは【サーバー上に利用ログ・履歴が保持されない】仕様になっている。

やましいことしていないなら保存されていても特に問題ないのでは??と思いがちですが通常のVPNはサーバー利用の履歴などが保存されるのでもし本体サーバーにハッキングされたら個人情報が流出する危険性があります。

実際にVPN会社本元のサーバーがハッキングされて個人情報が流出したことも・・・

 

ただNordVPNに関してはそもそも個人情報を残さないので仮にハッキングされたとしても警察や政府・ハッカーに個人履歴が渡ることがないです。

 

 

一月分無料お試しでどんな理由でも100%返金保証付き!!

 

また月額に掛かる料金は高品質であるにも関わらず低価格なのも嬉しいところ。

有名VPNのExpressVPNは最安で$8.32(約900円)なのに比べ、NordVPNは約495円と半値近く違うので毎月のコストが掛かりません

 

1ヶ月プラン 6ヶ月プラン 1年プラン 2年プラン
ExpressVPN 月額1500円 $月額1000円 月額900円
NordVPN 月額1434円 月額590円 月額495円

 

更に【契約期間30日なら100%保証の制度】付きなので気に入らなかったり、自分の環境ではうまく動作しないなどどのような理由でも返金保証が適応されるので安心!!

 

⇒30日間無料のNordVPNををお試ししたい方はこちらから!!

 

 

メーカーより

最上段 プレミアム完全画像[1464-600]KV_CM5_A (2)
AMD Ryzen 5搭載のChromebookが新登場

AMD Ryzen 5搭載のChromebookが新登場

Radeon グラフィックス内蔵のAMD Ryzen 5 3500Cプロセッサー、8GBのメモリ、256GBの大容量 SSDを搭載しています。 高速起動、シームレスなマルチタスキング、ゲームをプレイしたり、お気に入りの番組を外部ディスプレイ出力で最大4Kでストリーミングしたり、ちょっとした時間をより楽しく過ごすことができます。

また、1回の充電で最大約11.1時間使用できるロングライフバッテリーを備え、1日中どこででも、充電の心配なく使用することができます。

※ 画像はイメージです。実際の製品とは異なる場合があります。

360°ヒンジ

360°回転可能な液晶と打ちやすいキーボード

液晶が360°回転するので、いろいろな場面に応じたさまざまな使い方ができます。

また、液晶を開くと本体の後部が持ち上がる独自のエルゴリフトヒンジを使用しており、タイピング時にキーボードが最大で3度傾斜するようになっています。この適度な傾斜がキー入力時の疲労を軽減し、より快適なタイピングが可能です。さらに、本体の下にできる隙間を利用して、本体からの熱を効率よく逃がし、安定動作を実現しています。

※ 画像はイメージです。実際の製品とは異なる場合があります。

画像・音響

どこでも動画視聴・音楽鑑賞・ゲームプレイ

15.6型フルHD液晶ディスプレイで、広い視野角と鮮やかでリアルな映像表現が可能です。また、最大4K(3,840×2,160ドット)の外部ディスプレイ出力ができるため、お気に入りの番組を高画質で楽しめます。 家でも、外でも、大画面で動画視聴・音楽鑑賞・ゲームプレイ体験をお楽しみください。

※ 画像はイメージです。実際の製品とは異なる場合があります。

タッチ&ペン

4,096段階の筆圧検知を行えるUSI規格のASUS USI Pen(別売)に対応

最新のUSI規格のスタイラスペンに対応しており、驚くほど自然な描き心地でペン入力を行うことができます。4,096段階の筆圧検知に対応しているので、ペン先の微妙な強弱も正確に反映可能です。手軽にメモを取ったり、絵を描いたり、便利に使用することができます。

※ 画像はイメージです。実際の製品とは異なる場合があります。

Google Play

必要なアプリはGoogle Playからすぐにインストール

ビジネスや学習、ゲームプレイなど様々なAndroid のアプリを、Google Play ストアからダウンロードして使用することができます。

また、クラウドに対応しているので、保存したデータには他の端末からでもアクセスすることが可能です。

あんしん保証

部品代の80%をASUSが負担

ASUSあんしん保証は、対象製品をご購入して頂いた方であればどなたでもご加入いただけます。故障原因は一切不問の、シンプルで幅広い保証です。 お客様には交換した部品代金の20%のみをご負担いただきます。 つまり、通常修理にかかる検証費、作業費や、交換した部品代代金の80%は全てASUSが負担させて頂きます。

ASUS

 

また先程紹介したNordVPNを利用することで【Chromebookの煩わしい仕様回避+セキュリティ強化】にもつながるので気になった方は導入してみてはいかがでしょうか??

金額的にもセキュリティソフトよりも安く、気に入らなければ返金保証ありといたせりつくせりの内容なのでおすすめです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。