Chromebook:アプリをすばやく起動します。

chrome-os

Chromebookでアプリを起動する場合にアプリ一覧から選択する方法が一般的です。

しかし、よく使うアプリやサービスは画面下にあるシェルフに登録して起動しています。

シェルフに登録

画面下のアプリアイコンが一列に並んでいるシェルフに登録する方法も簡単でアプリ一覧から登録したいアプリを選択してマウスの右クリック、もしくは指で長押しすることでメニューが表示され、そのメニューからシェルフに固定を選択する方法になります。

もしくは起動している状態でシェルフに一時的に表示されているアプリアイコンをマウスの右クリック、もしくは指で長押しすることでメニューが表示され、そのメニューから固定を選択する方法になります。

キーボードのショートカットでアプリ起動

シェルフにアプリを固定することによって、キーボードのショートカットで特定のアプリやサービスを素早く起動することができます。

上記の方法でChromebookのシェルフにアプリを固定することで、アプリを閉じてもアイコンがショートカットとして残ります。

この方法で起動できるのはシェルフの向かって左から9番目までのアプリやサービスになります。

シェルフに固定することで左端のアイコンから数字の1から9のキーが割り当てられます。

アプリやサービスを起動するには

Altキーともにアプリに割り当てられている番号を押して、これらのアプリをすばやく起動することができます。

たとえば、シェルフの2番めにGMailのアイコンがあるとします。

Altキーを押しながら2キーを押すと、シェルフに固定した2番目のGmailがChromeブラウザーで立ち上がります。

シェルフの6番めにAMAZONのKindleアプリが固定されている場合は

Altキーを押しながら6キーを押すと、シェルフに固定した6番目のAMAZONのKindleのアプリが立ち上がります。

これで最大9つのアプリをキーボードのショートカットで起動することができるので、アプリを頻繁に利用する場合は、時間を節約できます。

アプリの特定の機能やコンテンツを再生

アプリを立ち上げてから操作するのではなく、直接目的の機能やコンテンツを再生することができます。

この方法はアプリ一覧やシェルフに登録されているアプリアイコンを選択して、マウスの右クリック、もしくは指で長押しすることでメニューが表示されます。

そのメニューから、そのアプリで使う機能やコンテンツを選択することで機能などを選択する方法になります。

メニューは削除や登録などの一部のシステム設定に加えて、アプリにオプションがある場合は、クリックして使用できます。

例えばAMAZONプライムビデオの場合

AMAZONプライムビデオの場合

このようにメニューが表示されます。

ダウンロードを選択するとAMAZONプライムビデオのダウンロードに直接移動した状態でアプリは起動します。

これらのオプションを備えたAndroidアプリはたくさんあります。

メッセンジャーのようなものを使用する場合は、非常に便利です。

まとめ

細かいことかもしれませんが、こういった操作を知ることで使い勝手が向上します。

よく使うアプリやサービスは人によって違いますので、シェルフのアプリアイコンを移動することで頻繁に利用するアプリを簡単に起動することができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です