Chromebook:Chromebookが起動しないときにUSBドライブが必要なくなりそうです。

chrome-os

通常、Chromebookを初期化したいときは、設定から「Powerwash」を行って、スマートフォンやタブレットと同じように初期化します。

これを行うには、[設定]に移動し、詳細設定の一番下[設定のリセット」をクリックします。

[設定のリセット」で、「Powerwash」の設定があり、リセットボタンを押すことで初期化が始まります。

Chromebookが起動できているなら、この方法で初期化できますが、Chromebookの電源が付いてもChromeOSが立ち上がらない場合は、外付けの復旧用USBメモリーを作成して、リカバリを行う必要があります。

このUSBメモリーを用意する事なく、リカバリ領域からリカバリを実行できるようになりそうです。

今までの方法は

Chromebookを復元し、ChromeOSを再インストールします

これらの方法でうまくいかない場合は、ChromebookにChromeOSを再インストールする方法があります。

これは前の項目で行った「Powerwash」と同じ事と思われますが、「Powerwash」でうまく初期化できない場合に、この方法で復旧を試すことになります。

この作業を行う前に、事前に使用しているChromebookのリカバリーメディアを作成しておくことが必要になります。

そして、Chromebookがリカバリモードに入ることができるかどうかを確認してください。

手順1)開始するには、Chromebookをリカバリモードで起動する必要があります。

まずはChromebookをシャットダウンすることから始めます。

手順2)EscキーRefreshキーを押したまま、電源ボタンを押します。

更新キーは通常、Chromebookのキーボードの左上にある3番目か4番目にあるキーになります。戻るに似たマークなのですぐわかると思います。

リカバリモードで起動する

リカバリモードで起動する

手順3)リカバリモードでは、「リカバリUSBスティックを挿入してください」という表示が表示されます。

 

リカバリモード

リカバリモード

画面にメッセージが表示されたら、キーを離して次の手順に進みます。

残念ながら、リカバリモードに入ることができなかったChromebookの場合はハードウェアの故障が考えられますので、製造元に連絡する以外に選択肢はありません。

これにより、基本的にChromebookが工場出荷時の設定にリセットされ、パソコンにローカルに保存されている可能性のあるデータがすべて削除されることになります。

もしリカバリーメディアを作成していない状態で、この事態になったときにはWindowsパソコンまたはMacとUSBメモリーでリカバリーメディアを作成することができます。

パソコンでGoogleChromeを開き、リカバリ拡張機能をインストールします。

拡張機能を起動し、画面の指示に従ってChromeOSリカバリメディアを作成します。

ChromebookのリカバリモードのときにUSBメモリーをChromebookに挿入し、セットアップウィザードを続行して、ChromebookにChromeOSを再インストールします。

これにより、Chromebookの起動時の問題が修正されるはずです。

Chromebookリカバリソフトウェアが含まれている場合があり、USBは必要ありません

これはまだ進行中であるため、この機能がChromeOSに搭載されるかどうかはわかりません。

次に、このChromebookリカバリソフトウェアを使用してChromebookのファームウェアを復元するには、ネットワーク接続が必要です。

最後に、ローカルデータが保存されることはなく初期化されるようです。

海外のChromebookに関する説明と基礎となるコードの動作を読んでいると、以下のように記載がありました。

翻訳ソフトを使って翻訳しています。

ホットキーCtrl + Rでアクティブ化された、手動リカバリモード内の新しいブートパスを追加します。このブートパスでは、miniOSリカバリカーネルが内部ディスクに配置されており、このカーネルを検証してブートしようとします。リカバリは、ネットワーク経由でリカバリイメージをダウンロードすることにより、miniOSカーネル内から進行します。このプロセスではUSBディスクは使用されません。

以上から

基本的に、Chromium開発者は、Chromebookリカバリソフトウェアを追加することにより、USBドライブの作成を削除しようとしています。

Chromebookで「ChromeOSが見つからないか破損しています」というメッセージが表示された場合は、外付けUSBメモリーの用意と別のパソコンが必要になります。

USBメモリーを作成すること自体は簡単にできますが、Windowsなど他のパソコンを誰もが持っているわけではなく、Chromebookで事前に作成しておくと問題はありませんが、これも事前に必ずしも用意しているわけではないので、リカバリ領域から初期化ができるのは非常に利便性が上がります。

実際にChromebookを利用していてシステムが起動しないような状態になったことはなく、安定していますが万が一の時のために、その機能が追加になると良いと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です