Chromebook:ChromebookでWindows11を実行する方法

Windows11

Chromebookは、単なるWebブラウザーを基本にしたOSにすぎないと見なされることがよくありますが、その概念はアップデートを繰り返すことで認識が変わってきました。

Chrome OSは効率的なオペレーティングシステムであり、Google Chromeは単純で簡単なOSとの認識から、時間をかけてこの次々に更新されるオペレーティングシステムがどのように機能するかを学ぶ場合は、多くのことを実行できることがわかります。

Google PlayストアおよびLinuxとの統合により、Chromebookはさまざまなアプリケーションと強力なデスクトップで利用できるソフトウェアを使えるようになりました。

現在、WordPressのインストール、Officeの実行、ニンテンドーDSSonyのPSPなどのゲームのプレイ、ビデオ編集ソフトウェアの使用、さらにはさまざまなプログラミング言語を使用したコードの記述も可能です。

Chromebookのもう1つの魅力的な機能は、Chromebookで他のオペレーティングシステムを実行できることです。

先日、ChromebookでWindows 10を実行する方法について説明しました。

今後、Windows11が一般にも公開されるようにあります。

そのWindows11をChromebookにインストールすることが可能なのか検証したいと思います。

そのため、この記事では、Windows11の初期ビルドをChromebookで動作させる方法を紹介します。

ChromebookへのWindows11のインストール

Windows11をChromebookにインストールする手順を説明します。

前提としてChromebookでLinuxが動作できるようになっていることが前提になります。

現在のWindows11について

Windows 11をインストールするには、Linuxターミナルサポートが組み込まれたChromebookが必要になります。

これは現代のほとんどのChromebookで簡単に利用できる機能であるため、まだ設定していない方はこの設定を行う必要があります。

ChromebookでLinuxを有効にする方法がわからない場合、または有効にするのに問題がある場合は、ChromeOSでLinuxを有効にする記事を参照してください。

Linux

基本を説明したので、インストールに移ります。

この方法では、最初にChrome OSで仮想マシンを取得してから、その上で最新のWindowsを実行します。

この方法で行う理由は、Windows11が実際にはまだリリースされていないためです。

マイクロソフトは2021年の秋以降にリリースを行うことを発表しています。

次期WindowsOSの「Windows 11」は10月5日より提供を開始する予定です。

その日から既存のWindows 10パソコンを対象にWindows 11への無償アップグレードが始まりまります。

その前にWindowsパソコンで今すぐWindows11を利用する唯一の方法は、Windows InsiderPreviewプログラムに登録して初期ビルドをインストールすることです。

それらはWindowsユーザー専用ですが、今回はChromebookでインストールするため、今のところ、Windows11のISOを使う必要があります。

オペレーティングシステムが今年の年末にかけて一般に公開されたあとは、ChromeOSでより良いバージョンのWindows11を入手できると思いますが、現状ではこの方法になります。

ChromeOSにWindows11をインストールする方法を説明します。

ChromeOSでWindows11を入手する

次の手順は、ここから実行します。

1)  ChromeOSでWindows11を入手するための最初の作業は、オペレーティングシステム用のISOファイルをダウンロードすることです。

残念ながら、Windows11のダウンロード関連はWindowsパソコンでしかできませんので、この作業はWindowsで行います。

まず、Windowsが起動しているパソコンでこのページに移動します。

英語ページになりますが日本語に変更することもできます。変更するには上部にあるメニューから言語を選択します。

ChromeOSでWindows11を入手する [ 最新のDev チャネル]の横にある[x64]ボタンをクリックします。

Windows11ビルドバージョンの選択

2) 次に、ISOのすべての更新が表示されるページに移動します。表示されるのは1つだけになるので、それをクリックして次のステップに進みます。

Windows11ビルドバージョンの選択

ISOダウンロード画面になります。

ISOダウンロード画面になります。

3) その後は、設定することは少なく言語に関しては、最初のページで日本語を選択しているとダウンロードできる言語も日本語になっています。

もし、英語などを希望の場合はこの画面で英語を選択します。

そのまま、[次へ]ボタンをクリックする。

完了したら、選択するWindowsのバージョンを決定する必要があります。今後の問題を回避するために、Windows 11HomeとWindows11Proのチェックボックスをオンにすることをお勧めします。「次へ」をクリックします。

Windows11バージョンの選択

エディションを選択

4) 表示される次のページにはHomeとPro2つのチェックがあります。

初期設定では両方がチェックされているので、次にをクリックします。

インストーラーパッケージのダウンロード

インストーラーパッケージのダウンロード

5)この画面になったら、下にあるダウンロードパッケージを作成ボタンを押すだけです。

その後ダウンロードが始まります。

6) ダウンロードが終わったら、ChromebookでLinuxターミナルを起動します。

Linuxターミナルを開く

7) ターミナルを開いた後、Chrome OSにKVMをインストールするに、次のコマンドを入力します。

カーネルベースの仮想マシンの略で、KVMはChromebookで利用できる最も効率的な仮想化ソフトの1つになります。

このアプリケーションでは、ISOファイルを使用して仮想マシンを作成することができるのでWindows 11を実行するための準備になります。

KVMをインストールするには、以下のコマンドを使用します。

sudo apt install qemu-kvm libvirt-clients libvirt-daemon-system bridge-utils virtinst libvirt-daemon virt-manager -y
ChromeOSへのKVMのインストール

ChromeOSへのKVMのインストール

8) アプリケーションはChromebookにインストールされます。ターミナルに展開とインストールが終わりユーザー名に戻ったら、「Linuxアプリ」フォルダを確認してください。

Virtual MachineManagerがインストールされています

Virtual MachineManagerがインストールされています。

9) 残りはそれほど難しくありません。これで、アプリケーションにISOファイルをロードするだけで、インストールを簡単に実行できます。まず、[File]から[New Virtual Machine]の順にクリックして、仮想化を開始します。

新しい仮想マシンの作成

新しい仮想マシンの作成

10) 仮想化マシンのインストールを案内する内部ウィンドウポップアップが表示されます。

Windows11の仮想化を継続する

11) セットアッププロセスが完了すると、KVMはWindows 11のインストールの処理を開始します。この作業には時間がかかります

Windows11のインストール

Windows11のインストール

12) 順調に終了すると、仮想化マシン上でWindows11セットアップ画面を表示します。

あとは、指示に従ってインストールを続けるだけになります。

ChromebookにWindows11をインストールする方法は以上です。

この方法はそれほど知識がなくても手順通り行うことで、問題なくできるはずです。

ChromebookでWindows11を実行する際の注意事項

表面的には、ChromeOSにWindows11をインストールするのはかなり難しく感じるかもしれません。

今の所、ChromebookでWindows11を動かす唯一の方法は、仮想化マシンとISOファイルを使用することになります。

そのため、ChromebookでWindows 11を使用する際には、バグ、不具合、パフォーマンスの低下が頻繁に発生する可能性があります。

高性能なChromebookを利用している場合でも、全体的に速度が低下します。

Windows 11が今年後半に公式に公開されると、違う方法(ChromebookにWindows10をインストールする方法など)を使えるようになりますので動作に関しては改善されると思います。

まとめ

Chromebookは様々な作業や使い方に対応可能なパソコンになります。

インターネットでブラウジングをするだけでなく、多種多様な作業を処理するのに十分な環境が整っています。

さらに、年間を通じて頻繁にアップデートを行い機能がそのたびに追加され、Linuxも使えるため、Chromebookを有効的に使用することができます。

当然のことながら、Windows11をこの方法で利用することは実験的な側面が多く、実際の作業に利用するには安定性にかけている面があります。

記事の前半で述べたように、この仮想化を使ってISOからWindows11インストールする方法は満足のいく環境を得るつもりはありません。

ただし、Chromebookで試してみたら問題なく動作します。

正式なWindows11がリリースされたときには使い方の一つとして考える助けにはなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です