Chromebook:Chromebookを外部モニター用を利用する理由と最適化する方法

Chromebookも自宅で使用できる優れたChromebookアクセサリはたくさんありますが、外部モニターを使用すると使い勝手が格段に変わります。

14インチや15インチなどの優れた画面を備えたChromebookもありますが、27インチの画面でChromebookを利用すると、すべてのアプリの使いかっては格段に向上します。

また、大画面で見るビデオや映画は迫力のあるものに変わります。

Chromebookで外部モニターを使用していない方でアップグレードすることを検討している場合、Chromebookで2台目のモニターがある場合にメリットとChromebookでの設定の仕方を説明します。

高解像度の画面

低価格の小さなChromebookには10インチや11,6インチを搭載しているChromebookが多く、外出先は持ち運びを重視して使用していても自宅で使用しているときに外部モニターを追加して大きな画面と高解像度の表示領域で作業をすると生産性は格段に向上します。

全てではありませんが、10インチや11,6インチを搭載しているChromebookの解像度は1366 x768ピクセルが多く、それ以上の大きさになる12.5インチ以上になるとフルHDの1920×1080ピクセルを利用できる機種も多くなります。

Chromebookの13インチや14インチなどの機種の解像度もフルHDの1920×1080ピクセルになります。

同じフルHDの1920×1080ピクセルの解像度の外付けモニターでもインチ数が大きいと認識力も上がり、目の負担も軽減されます。

さらに解像度の高い外部モニターでChromebookを使用すると、ディスプレイサイズの設定を使用して、画像や文字を鮮明で見栄えの良いものにしながら、より大きく見せることもできます。

また、高品質のモニターを追加すると、YouTubeやTwitchを視聴するときのクオリティが大幅に向上すると同時に、他のモニターで動画再生している間Chromebookで作業を続けることができます。

より良い姿勢—はい、本当に

Dell S2421H 23.8インチ モニター

Dell S2421H 23.8インチ モニター

アマゾンで見る

ノート型のChromebookは小さくて持ち運びに便利ですが、作業中の姿勢は気をつけていないと背中は丸まって肩は巻き込み非常に姿勢が悪くなります。

外付けのモニターを利用した場合に、備え付けのスタンドではなく、今流行りのモニタースタンドを利用すると、ちょうど目線の高さに持ちたーを設置することができます。

そうすると姿勢も良くなり肩こりの緩和になります。

モニターを使用すると、頭をより直立させ、背骨をより適切に揃えることができます。

 

ディスプレーが壊れたChromebookの再利用

こういった状態は好ましい状況ではありませんが、Chromebookを落としたりしてディスプレーが壊れてしまった場合にChromebookを外部モニターを使用することができます。

Chromebookの不外部モニターに接続した場合のデフォルトの設定が内部画面をミラーリングするようになっています。

画面を壊してしまった人は、修理のためにメーカに送る前に、Chromebookを起動して、ローカルに保存されているデータをバックアップすることができます。

また、モニターに接続して、メーカーにディスプレーを交換する時間やお金がかかるときに、引き続き使用することができます。

ちなみに、マウスとフルサイズのキーボードを接続、またはペアリングすると、Chromebookを蓋を閉じた状態で実行するように設定し、他のChromeboxと同じように扱うことができます。

ほとんどのChromebookの画面は世代を重ねるごとに改善され続けていますが、それでも、すべてのウィンドウとアプリを複数のモニターに分散させることは作業効率を良くして使い勝手と生産性を向上させます。

Chromebookに接続できる外部モニターはたくさんありますが、4Kでも1080pでも、HDMI(USB-Cハブ経由)でもUSB-Cで接続するモニターでも、微調整できる設定がいくつかあります。次は外部モニターに接続した場合の設定についてです。

ChromeOSでモニターの位置と解像度を調整する方法

  1. 設定を開きます。アプリアイコン化もしくは画面の右下隅にある時間をクリックします。
  2. 設定タップします。(ギアのアイコン)
  3. [デバイス]で、[ディスプレイ]をタップします。
  4. ミラー内蔵ディスプレイをタップしてオフに切り替えます。
  5. アレンジメントセクションのモニタープレビューを、実際のアレンジメントと一致するまでドラッグします。
  6. 外部モニターの名前をタップします。
  7. 外部モニターの要素が適切なサイズになるまで、[表示サイズ]スライダーを右または左にドラッグします。
  8. 画面の下部を見てください。下部のドックにいずれかの側で切り取られたアイコンがある場合は、[オーバースキャン]をタップします。
  9. 矢印ボタンとShiftキーを使用して、外部モニターの画像サイズ調整します。

ディスプレイサイズと解像度との違い

WindowsパソコンやMacのOSは、画面の実際の解像度を変更してシステム上のアイコンや文字のサイズを変更する必要がありますが、Chromebookの動作はそれらとは異なります。

Chrome OSでディスプレイサイズをどのサイズに設定しても、Chromebookに含まれている画面はネイティブ解像度で出力されます。

つまり、1920 x 1080ピクセルが最大解像度で、実際には文字が小さいので解像度を1536x 864ピクセルに設定していても、外部モニターは1920 x 1080ピクセルを出力し、すべてのコンテンツとスクリーンショットもその解像度になっています。

外部モニターを使用している場合は、ディスプレイサイズと解像度を別々に設定できますが、解像度はネイティブ解像度または1080pのままにしておくことをお勧めします。

 

 

ボリューム0%

VPNディール:生涯ライセンスは16ドル、月額プランは1ドル以上

ディスプレイサイズと解像度との違い

他のオペレーティングシステムでは、画面の実際の解像度を変更してシステム上のアイテムのサイズを変更する必要がありますが、それはChromebookの動作とは異なります。Chrome OSでディスプレイサイズをどのサイズに設定しても、Chromebookに含まれている画面はネイティブ解像度で出力されます。つまり、Lenovo ThinkPad C13 YogaChromebookでディスプレイサイズを1536x 864ピクセルに設定していても、画面は1920 x 1080ピクセルを出力し、すべてのコンテンツとスクリーンショットもその解像度になっています。

外部モニターを使用している場合は、ディスプレイサイズと解像度を別々に設定できますが、解像度はネイティブ解像度または1080pのままにしておくことをお勧めします。代わりに、内部画面から外部画面に変更したときに、その4K画面の要素が非常に小さくならないように表示サイズを調整してください。表示サイズは、画面の実際の大きさではなく、画面上のすべてのものがどのくらいの大きさに見えるかにのみ影響します。心配しないでください。YouTubeやその他のHDRコンテンツをフル解像度で引き続き視聴できます。ディスプレイサイズによって、周囲のすべての外観の大きさや小ささが変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です