Chromebook:Chromeのバージョンを確認して更新する方法

chromebook1

Chromeのバージョンを確認して更新する方法

 

ChromeOSで動作するChromebookは比較的ユーザーフレンドリーで簡単に操作できるOSになります。

しかし、初めてChromebookを利用する方は初心者ユーザーは、ChromeOSバージョンの確認と更新がわからないかもしれません。

Chromeのバージョンを確認して更新する最も簡単な方法を紹介します。

GoogleChromeOSのバージョンを確認する

ますはChromeOSのバージョンを確認する方法です。

ChromeOSのバージョンを確認する方法は非常に簡単に確認することができます。

簡単ですが、Chromeブラウザーの「ヘルプ」メニューにあるため、探すのに苦労する人もいるのは当然です。

ChromeOSのバージョンを確認することはあまり意味ががないので、重要ではないと思いますが

Chromeのバージョンをすばやく確認する方法を見てみましょう。

まず、Chromeブラウザの右上にある3つの縦のドットボタンをクリックし、メニューを表示します。

メニューが表示されたら下の方に[ヘルプ]がありますので、それにカーソルを合わせます。

そうすると更に階層下のメニューが表示され、その中に「GoogleChromeについて」がありますので、それをクリックするだけです。

 

GoogleChromeのバージョンを確認する

「GoogleChromeについて」を押すと、システムにインストールされているGoogleChromeOSのバージョンを示す新しいページが開きます。

 

GoogleChromeのバージョンを確認する

 

GoogleChromeOSの更新

ChromeOSは通常自動的に更新されますが、手動で更新を正常にインストール事もできます。

ChromeOSの更新は設定にあります。

ChromeOSの更新

ChromeOSの更新は設定の中にあります。

そのまま設定を起動する方法もありますが、上記の方法でChromeOSのバージョンを確認しましたので、それから説明します。

[Chromeについて]ページが開くと、ブラウザが最新であるかどうかがわかります。

「デバイスが最新の状態かどうか確認するには、Chrome OS の設定をご覧ください」という文字がありますので、その中の青字がリンクになっていますので、それをクリックします。

そうすると設定の中の

Chrome OS について

が表示され、最新のChromeOSの場合は

「お使いの Chromebook は最新です」と表記されています。

最新のChromeOSではない場合は、更新をダウンロードしていることを確認します。

 

GoogleChromeの更新

更新が終わると再起動を確認してきますので、再起動すると最新のChromeOSになります。

すぐに再起動するか、現在重要なことをして再起動できない場合は後で手動で再起動することができます。

Chromebookが再起動すると、最新の状態になります。

ただし、上記の手順に従ってChromeのバージョンも再確認し、更新中に問題が発生していないことを確認することをお勧めします。

まとめ

ChromeOSは自動的に更新され、更新が終わると再起動を確認してきます。

しかし、何度か手動でChromeOSの更新をしたことがあります。

どういったときに手動での更新になるかわかりませんが、過去にChromebookにLinuxを導入しようと思ったときに、最新のOSに更新してくださいと表示され導入できず、Chrome OSについてで確認したところ、更新ボタンが表示されいたので更新したことがあります。

その後、問題なくLinuxは導入することができました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です